ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2024年01月12日 12時42分 公開

「地面が約4m隆起した」──能登半島地震の地殻変動、産総研が調査結果発表

産業技術総合研究所は、2024年能登半島地震に伴う海岸の地殻変動の調査結果を発表した。

[松浦立樹ITmedia]

 産業技術総合研究所(産総研)は1月11日、2024年能登半島地震に伴う海岸の地殻変動の調査結果を発表した。調査した場所は、石川県輪島市門前町鹿磯周辺。国土地理院の観測データによると、この場所では最大4mの隆起の報告が上がっており、実地調査をしたところほぼ報告通りの隆起を確認できたという。

調査した場所

 産総研が鹿磯漁港を調べたところ、防潮堤壁面に付いたカキなどの生物が隆起によって水面から離れている様子が見られた。壁面に付いた生物の高度から地震前のおおよその海面を予測できるため、これと地震後の海面を比較。複数地点で調べた結果、その差は3.8〜3.9mでほぼ報告通りの隆起を確認したとしている。

鹿磯漁港の防潮堤に付いた生物遺骸が示す隆起の様子(人が持っている標尺の長さは5m)

 鹿磯漁港からさらに北側を調べたところ「波食棚」という平たんな岩棚が、地震による隆起で干上がった様子を確認。波食棚の前方は崖になっており、地震後の海面との高さを比較すると約3.6mの差が見られたという。波食棚は本来、平均海面付近の高さに広がる地形であるが、今回の地震によって階段状の地形「海成段丘」を形成したことが分かったとしている。

隆起で干上がった波食棚
隆起した波食棚前面の崖の様子

 能登半島北部沿岸は約6000年前以降に形成したと思われる、3段の海成段丘が分布してたが、今回の地震の影響で地面が隆起し、4段目の海成段丘を形成したことになるという。

今回の地震による隆起で形成した海成段丘の地形断面(青線)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.