ITmedia NEWS >

AI・RPA人材不足の救世主 「ノーコード開発」の実力

ソースコード不要でアプリケーションを作れる「No Code」(ノーコード)と呼ばれる開発手法が注目を集めている。アプリ開発にかかる時間やコスト、専門知識を持った人材の確保が最小限で済むことから、企業や組織が業務効率化に向けたツールを短時間で内製化できるようになる可能性を秘めている。ノーコード開発が非IT業界に与える衝撃とは。その活用例と実態を追う。

Pickup!

かつてのTwitterのUserStream対応クライアントユーザーを中心に話題となっている、TweetDeckの表示をカスタマイズしたAndroidアプリ「MarinDeck」。開発はノーコードで行ったという。開発者に話を聞いた。

(2021年1月8日)

関連記事

ユーザーローカルが、入力された文章をカテゴリーに自動で分類する「ユーザーローカル テキスト自動分類AI」の無償提供を始めた。AIが文章を分析し、テーマや書き手の感情を推定する。

(2021年1月8日)

滋賀医科大学医学部附属病院で、精神的負担の大きい事務作業をRPAで自動化する取り組みが着々と進んでいる。RPAを開発するスタッフは「どんどん自動化したい作業が出てくる」と意欲的な姿勢を見せた。

(2020年9月11日)

日本マイクロソフトが2021年度(20年7月〜21年6月)の経営戦略を発表。競合のAWSが先行する中、行政クラウド事業を強化する。吉田仁志社長は「ナンバーワンを目指す」と意気込む。

(2020年10月7日)

米Googleが、新ノーコードツール「Tables」を発表。プロジェクト管理や業務管理のためのタスクトラッキングツール。スプレッドシート形式のデータをベースに、リスト形式での表示やカンバン、チケット管理、マップなど柔軟なビューや、botによる自動化を特長とする。

(2020年9月30日)
Ignite 2020:

米Microsoftが「Ignite 2020」で、「Power Automate Desktop」のパブリックプレビューを開始すると発表。2019年に発表したソフトウェア「Power Automate」のRPA機能をさらに強化したもの。日本語版も提供する。

(2020年9月23日)

「Withコロナ」などと呼ばれる状況で、従業員の安全を確保しながらビジネスを継続し、成長させる手段としてRPAが脚光を浴びている。RPAを使った業務の自動化に今対応すべき理由をUiPathに聞いた。

(2020年8月21日)

UiPathは、既存のRPAソフトにAIモデルを組み合わせられるプラットフォーム「AI Fabric」を発表した。AIの中身を知らなくても、現場の作業者がAIを使って業務を効率化できるようになるという。

(2020年7月29日)

2019年夏に、社名を「Filemaker」から戻した米Claris International。同社は5月に、社名変更後初めてデータベースソフトウェアの最新版「FileMaker 19」をリリースするなど、商品の開発・展開を積極的に行っている。同社のブラッド・フライターグCEOに、今後の市場での戦い方を聞いた。

(2020年6月16日)

米Appleの子会社米Clarisが、ノーコード開発ツールの「Claris Connect」を正式サービスとしてリリース。さまざまなクラウドサービスやオンプレミスの業務アプリケーションをプログラミングせずに連携できる。ノーコード開発ツールはMicrosoftやGoogleらも投入している。

(2020年3月5日)

Googleは先日、コーディング不要でアプリケーション開発ができる「AppSheet」を買収した。それに伴い、2018年から提供していたノーコード開発ツール「App Maker」は終了する。なぜ、このような判断を下したのだろうか?

(2020年2月3日)

米Microsoftが、RPA機能を搭載した自動化ツール「Power Automate」を発表。これまでMicrosoft Flowと呼ばれていた自動化ツールにRPA機能を追加した。

(2019年11月5日)