ニュース
» 2015年11月12日 09時00分 UPDATE

電気自動車:航続距離280kmを実現した日産「リーフ」、新型バッテリーの中身に迫る (2/2)

[陰山遼将,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

サイズはそのままで30kWhに容量アップ

 新開発の容量30kWhのリチウムイオン電池パックは、従来より容量が25%増加している。しかし電池パックの大きさは従来と同じとしており、これにより車室や荷室の広さを損なうことなく航続距離の向上を実現している(図2)。

rk_151111_nissan02.jpg 図2 新型リーフの車室内のイメージ。従来と同じく5人乗りだ。バッテリーパックは後部座席下部に搭載している(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 日産は「東京モーターショー 2015」で、新型リーフに搭載した新開発の電池モジュールのカットモデルを展示していた(図3・4)。サイズはそのままに容量を30kWhまでアップできた秘密の1つは、電池モジュールを構成する電池セルの改良だ。新開発のリチウムイオン電池パックでは、電極材料を改良し、従来と同じ入出力密度を維持しながらエネルギー密度を高めている。

rk_151111_nissan03.jpgrk_151111_nissan04.jpg 図3・4 日産自動車が「東京モーターショー 2015」で展示した新開発の電池セルのカットモデル(クリックで拡大)

 リチウムイオン電池パックを構成するセル数は192個のままだ。しかし従来モデルは電池セル4個から成る電池モジュールを48個接続していたが、電池モジュールを構成する電池セルの数を8個に変更し、電池モジュール数は24個に半減している(図5)。電極材料やこうした電池パックの構成を見直すことで、容量24kWhと同じサイズで容量を30kWhにアップしている。

rk_151111_nissan05.jpg 図5 新型リーフのリチウムイオン電池パック(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 日産はこの30kWhの新型バッテリーについて、急速充電器を利用した場合、24kWhバッテリーと同様に約30分で80%までの充電が可能だとしている。さらに容量の低下を抑える技術などにより寿命も向上したとし、新車登録から8年もしくは走行距離16万kmまでバッテリー容量を保証する。24kWhバッテリー搭載車の保証は、従来と同じく5年間または10万kmだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.