キーワードを探す
検索

「偽情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

スリランカで21日に起きた連続爆破テロを受け、同国政府は誤情報の拡散を防ぐため、国内のフェイスブック(FB)などソーシャルメディアの利用を一時的に停止する措置を取った。テロ事件をめぐっては誤情報による暴力の連鎖や過激思想の拡散などソーシャルメディアの影響力が問題視される一方、国家によるネット規制に疑問の声も出ている。

()

2019年3月のセキュリティクラスタでは、「JavaScriptを使った無限アラートサイトへのリンクで中学生が補導された事件」に対する意見が殺到しました。「コインハイブ事件の判決」でもJavaScriptと警察の対応が話題の中心になりました。この他、「破産者マップ」についても多数のツイートが飛び交いました。

()

 【ニューヨーク=上塚真由】ニュージーランド南島クライストチャーチで15日に起きた銃乱射事件では、実行犯が撮影したとみられる銃撃動画がネット上で「生中継」され、瞬時に世界中に広まった。フェイスブック(FB)など大手IT各社は問題動画の削除を急いだが拡散は続いた。

()

甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から8年が経過した。近年は、大震災後に急速に普及した会員制交流サイトSNSやドローン、VRなど、テクノロジーを活用した「備えと対応」が広がりをみせている。

()

全く同じ製品でありながら、ある方面からは「売れている」という情報が、また別の方面からは「売れていない」という情報が出てくることはよくある。今回はそうした情報の出どころをチェックすることで、それらの真贋を見抜くコツについてみていこう。

()

「東京電力に協力したいのですが、不足電力200万キロワットは関東圏の方の節電でしか解消できないのです」。2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけに、福岡市の高島宗一郎市長のSNSが注目を集めている。東日本大震災を通じて見えたSNSの有用性と行政の課題とは。

()

そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第5回のテーマは「電脳コイル」です。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る