キーワードを探す
検索

「日本外国特派員協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

日産自動車は、2020年までに実用化するとしていた自動運転技術の投入スケジュールを発表した。2016年末に渋滞中の高速道路で自動運転を可能にする「トラフィック・ジャム・パイロット」と自動駐車システムを、2018年に複数レーンを使った自動運転技術を、そして2020年までには交差点での運転操作が不要な自動運転技術を導入する方針だ。

()

BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。

()

出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。10月第2週は、宝島社が主催する「このミス大賞」や全国農村読書調査結果などが発表されています。

()

足元では中国艦艇による海上自衛隊護衛艦へのレーダー照射が問題となっている日中関係。しかし、1月25日に習近平総書記と会談した与党公明党の山口那津男代表は日本外国特派員協会で行った講演で「不測の事態を回避して、大局的な関係に進んでいくことが両国の政治指導者の大きな責務」と述べた。

()

福島第一原発事故を受けて日本政府は脱原発の方針を示したが、一方で原発推進を主張する人々も少なからず存在する。“原子力ムラ”で半世紀を過ごしてきた、原子力研究バックエンド推進センターの菊池三郎理事長は「世界の最先端の原子力技術を供給していくべき」と主張する。

()

福島第一原発のすぐ北に位置する南相馬市。いまだ2万3000人以上が避難生活を送っている同市だが、桜井勝延市長は日本外国特派員協会で行った会見で「政治も日本のマスコミも、事故が収束したかのような報道の中で、“福島”を収束させようと思っているかのように感じる」と語った。

()

楽天の英語化戦略について、同社の三木谷浩史社長が記者会見。その模様をニコニコ生放送がライブ配信する。英語化戦略の導入から2年たち、どのような成果がもたらされたのかを三木谷社長が語る。会見は日本外国特派員協会主催。配信は6月29日12時30分〜。

()

テレビ事業の不振で、2012年3月期の業績見通しを5200億円の赤字と見込んだソニー。4月1日に社長兼CEOに就いた平井一夫氏にはどのような課題があるのか。『さよなら!僕らのソニー』の立石泰則氏と、バークレイズ・キャピタル証券で家電アナリストを務める藤森裕司氏が解説した。

()

日本外国特派員協会主催による、オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏の記者会見をニコニコ生放送がライブ配信する。オリンパスは4月20日に新経営陣選任などを議題とする臨時株主総会を予定しており、ウッドフォード氏は社長解任の理由をただす質問状を送っている。配信は4月19日12時30分〜。

()

日本外国特派員協会主催のオリンパス問題検証チームによる記者会見を生中継する。オリンパススキャンダルがいかに日本の政治・経済システムに影響を与えたのか、再発防止策の検討結果などについて語る。配信は4月16日12時0分〜。

()

北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射実験に失敗した。今回のミサイル実験にはどのような意味があり、今後どのような懸念が想定されるのか。朝鮮半島問題の専門家である早稲田大学教授の重村智計氏が解説した。

()

2011年末に毎日新聞が報じた、福島原発事故後の最悪シナリオを記した文書。「訴訟での文書提出命令申立てが情報公開のきっかけになったのではないか」と話すのが福島原発の安全性についての訴訟の原告となっている江藤貴紀氏だ。“消えた原発記録”が明るみに出た過程について、日本外国特派員協会で解説した。

()

次世代のリーダーを育てるため、パナソニック(旧松下電器産業)創業者・松下幸之助氏が私財70億円を投じて1979年に創設した松下政経塾。与野党の別なく多くの政治家を生み出してきたが、その内実について2代目塾頭を務めた上甲晃氏と第3期生の樽床伸二衆議院議員が語った。

()

改革派官僚として知られ、国家公務員制度改革推進本部事務局で関連法改正などを進めてきた経済産業省の古賀茂明氏。1か月で16万部が売れた『日本中枢の崩壊』の刊行記念会見では、改革を妨げている公務員制度の問題点や、電力会社が各業界を支配する構造について語った。

()

2010年9月に発生した海上保安庁の巡視船と中国漁船との衝突事件。その模様をおさめたビデオは機密とされていたが、11月、当時、神戸海上保安部の現役保安官だった一色正春氏の手によって、YouTubeで公開された。日本外国特派員協会で行った会見で一色氏は、どのような思いからビデオを公開するに至ったのかを語った。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る