キーワードを探す
検索

「情報流出」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

富士通製のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」を導入していた官公庁などから情報が流出していた問題で、計129組織から情報が流出していたことが明らかになった。第三者が同ツールの脆弱性を突き、正規のID・パスワードを不正に取得し、ログインしていたという。

()

【台北=矢板明夫】台湾の政治家や当局高官ら100人以上の無料通信アプリ「LINE(ライン)」の個人アカウントがハッキングされていたことが29日までに明らかになった。複数の台湾メディアが伝えた。被害者のアカウントに保存されていた一部の通信情報が流出した恐れがあるという。捜査当局は機密情報の窃取を狙った可能性もあるとみて捜査を開始した。

()

三菱電機は、新たな代表執行役 執行役社長、CEOに、代表執行役 専務執行役を務める漆間啓氏が就任したことを発表。鉄道車両用空調装置などの不適切検査をはじめとする品質問題や、労務問題、不正アクセスによる情報流出問題を受けて前任の杉山武史氏が辞職する意向を示しており、漆間氏はその後任となる。

()

クラウドサービス、特にSaaSの設定ミスによって相次ぐ情報流出。こういった動向を受け、外部の診断サービスなどを使い、自社が利用しているクラウドサービスの設定を見直す企業が出ているかもしれない。そこで、実際に診断サービスを提供するラックに、企業の動向や見落としがちな設定を聞いた。

()

富士通製のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受け、国土交通省や外務省などで情報が流出した問題について、加藤勝信官房長官は「現時点で流出した情報が悪用されたり、政府システムへの不正アクセスなどの被害は確認されていない。関係業務への支障も生じていない」と説明した。

()

 婚活アプリ「Omiai(おみあい)」で、最大約171万人分の会員の個人情報が流出した問題で、専門家は「前代未聞の情報流出」と指摘する。婚活会員という特性に加え、運転免許証やパスポートの画像という“個人情報の塊”が悪用されかねないためだ。今後懸念される2次被害の恐ろしさとは−。

()

プロジェクト管理ツール「Trello」で個人情報がネットで公開されていた問題について、運営元のAtlassian(アトラシアン)は4月8日、新たな声明を発表した。同社はユーザーに対し、「Trello」のセキュリティ設定やボードの公開範囲を定期的に見直すことによって、ツールを安全に活用するようブログ上で呼びかけている。

()

セキュリティというと標的型攻撃など外部の脅威が注目されがちだが、廃棄処理に関する情報漏えいリスクも無視できない。自治体がHDDの廃棄を委託した企業から個人情報が流出した事件は記憶に新しい。このリスクにどう対処すればよいのか。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る