キーワードを探す
検索

「マイレージ/ポイント制度」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

 JCBと株価連動型ポイント運用サービス「StockPoint」を提供するSTOCK POINT(東京都港区)は、12月16日よりJCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」を「StockPoint」に交換できるサービスを開始すると発表した。

()

 SBI命保険は、ポイントサービスを利用している20〜60代の男女を対象に、日常の買い物における利用状況に関する調査を実施した。その結果、日常の買い物で利用することが多いポイントサービスの第1位は「楽天ポイント」(68%)となり、性別、年代別に見ても大半の区分で最多得票であることが分かった。

()

顧客満足度の国際専門機関であるJ.D.パワーは、初となる共通ポイントの顧客満足度調査を実施した。その結果、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイントの4つの共通ポイントサービスのうち、総合満足度トップは楽天ポイントだった。

()

 SBI証券は8月20日、ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティングと連携し、2021年11月から共通ポイントサービス「Ponta」を導入すると発表した。

()

MMD研究所が7月20日、スマホユーザー合計4000人を対象に「楽天ポイント」や「dポイント」といったポイントサービスの利用状況の調査結果を発表した。auには「Pontaポイント」、ソフトバンクには「Tポイント」がひも付いているが、それを大きく超えて楽天ポイントが利用されている。

()

SBI証券と三井住友カードは6月30日、三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託が買えるサービス「三井住友カード つみたて投資」と、SBI証券での取引状況に応じてポイントが貯まる「SBI証券 Vポイントサービス」を開始した。

()

SBI証券は4月1日から、eMAXIS Slimシリーズや楽天・バンガードファンドなど、26本の低コストファンドについて、「投信マイレージ」の付与率を引き上げる。投信マイレージは、対象の投信保有金額に応じてTポイントが貯まるサービス。SBI証券は、これにより、信託報酬のうちSBI証券に支払われる手数料と同率程度を顧客に還元するという。

()

NTTドコモは、ファミリーマート利用時にdポイントカードを提示してd払い(コード決済)で支払ったユーザーへ通常のポイントに加えてdポイントを最大20%還元するキャンペーンを開催。期間は1月12日〜2月1日。

()

NTTドコモは、ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100でdポイントカードを提示し、支払いに「d払い(コード決済)」を利用したユーザーへdポイントを最大20%還元するキャンペーンを開催する。期間は11月3日〜16日。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る