連載
» 2009年07月01日 09時00分 UPDATE

ビジネスに効くゲームソフト:オフィスにいるとき地震発生のアナウンスがあったら

地震大国日本。2日に1回の割合で、日本のどこかが揺れている。オフィスにいるときに、大地震が発生したら、どう対処すべきかご存じですか。

[塙恵子,Business Media 誠]

 緊急地震速報システムが、地震発生をアナウンスした後、どう動けばいいか――。

 地震大国日本。日本国内では、震度3以上の地震がなんと年間約173回も起きているという。これは2日に1回くらいの割合で、日本のどこかが揺れているということになる。

 自宅などでは、地震に備えて懐中電灯やラジオ、非常食、水などをまとめて準備をしているという人もいるだろう。しかし地震はいつ何時起こるか分からない。

 会社で仕事をしていても、なんとなく揺れてないか? と思うことが多々ある。錯覚(なぜか自分が揺れている)の場合もあるが、実際に地震の場合も少なくない。みなさんはオフィスや外出先で大地震が発生したら、どう対応すべきなのか心得はあるだろうか。

 あれ? 今揺れた? 編集長が後ろを通っただけだった……。

地震DS72時間

 大地震発生後72時間は、救命・救助などの人命救助が最優先で、その間、行政からの生活支援などは期待できない状態になるという。6月25日に発売となった「地震DS72時間」は、「震災発生後の72時間を生き抜く処方せん」をコンセプトとして開発した防災教育用ソフトだ。

 東京工業大学都市地震工学センターの梶秀樹特任教授が監修。72時間を生き抜くための判断力をクイズ形式で鍛える「チャレンジシティ」、防災に関連する知識を調べる「防災事典」、「防災力」を測る「防災力検定」の3つのモードで構成している。

photophoto

photophoto チャレンジシティ「地震発生直後」

photophoto

photophoto チャレンジシティ「サバイバル期」

photophoto 防災事典

 チャレンジシティでは、地震の発生前、発生直後、サバイバル期、復旧と再建という時間軸に応じた720問のクイズを出題。防災事典は、地震発生前の準備、発生時の応急対応、避難生活、復興などの場面に対応した防災に関する約470項目の知識について、イラスト写真で解説する。防災力検定は自分の「防災力」を測ることができるミニ検定。難易度は初級、中級、上級を用意しており、2009年4月に公開した「家庭の消防・防災力検定」にも対応している。


 震災時にゲーム機を持っていける可能性はほとんどない……。だから家でも会社でも、万が一のときに備え震災対策を覚えておいてほしい。

悩み 処方せん 価格 備考
震災時の準備 地震DS72時間 3990円 万が一に備えて勉強を

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ