ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社会人のマナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会人のマナー」に関する情報が集まったページです。

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

働き方の「今」を知る:
日本経済にはびこる「下請けいじめ」 巧妙化するその実態
ある企業が、自社で販売・使用する商品や製品を発注している下請け企業に対して、不当な値切り行為や支払遅延をしたり、相手側に非がないにもかかわらず、受け取り拒否や返品などをしたりする行為を総称して「下請けいじめ」と呼ぶ。この下請けいじめが、多くのビジネス現場において深刻な問題となっている。下請けいじめに遭わないためには、どうしたらいいのか? その実態と解決策に迫る。(2024/2/16)

働き方の「今」を知る:
「遺憾である」「誤解を招いた」などと言わないために――企業を守る「炎上対応3ステップ」
炎上が大きく広がってから事態収拾するために要する労力、お金、時間などはあまりに膨大であり、組織の貴重なリソースを激しく無駄にしてしまう。本記事では、炎上の火種が生まれてしまった際、どのように対応するのがいいかを3つのステップに沿って解説する。(2024/2/15)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

「社会人になることに不安」24卒の8割 どんなサポートが欲しい?
社会人になることが「不安」と回答した24卒内定者は8割に上ったことが、ALL DIFFERENT(東京都千代田区)とラーニングイノベーション総合研究所による調査で明らかとなった。具体的にどのような不安を抱えているのか。(2024/1/30)

約9割が「ビジネスマナーは必要」 出世への影響は?
ビジネスマナー「必要だと思う派」は88.7%──こんな調査結果をライボの調査期間「Job総研」は発表した。一方で、「相手へ敬意を払う手段としては必要だと思うが、無理にやらなくてもよいと思う」や「使う場面は減っていると感じる。捉え方も人それぞれ」など、必要だと思うが使う機会は減ってきているなどのコメントが挙がった。(2024/1/25)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

働き方の「今」を知る:
あまりに「日本企業あるある」だ──ダイハツ不正の背景にある病理を読み解く
ダイハツ工業で、自動車の安全性確認試験での不正行為があったことが明らかになった。「第三者委員会による調査報告書」には、同社の組織風土や職場環境における問題点が生々しく記されている。本件から、日本企業にはびこる病理を読み解く。(2023/12/29)

Go AbekawaのGo Global!番外編〜ネパールでのエンジニア育成:
ネパールの最高学府卒エンジニアは、給料の半分以上をふるさとに送金している
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は番外編として、ネパールの人材育成事業に取り組んでいるリクルートスタッフィング情報サービスに登場していただく。世界的に人材不足が深刻化する中、エンジニア育成の場としてネパールを選んだ理由とは。(2023/12/28)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

働き方の「今」を知る:
「きっちりやれ」と指示する上司が、若手から嫌われるワケ
労働環境が変わる中、社員たちが上司に求める理想や常識も変化してきている。では、昨今の若手社員の就労意識は、上司世代と比してどのように変わったのだろうか。(2023/11/22)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

働き方の「今」を知る:
「初任給50万円」のウラ側 みなし残業代を引いたらいくらになるのか?
高額な初任給を提示する企業が増えている。意欲と能力のある若手に高額な給与を支払うこと自体には賛成だが、一方で固定残業代や深夜割増賃金まで含んだ「カサ上げ」と言える事例も散見される。高額初任給の実態とその裏側とは――?(2023/10/30)

仕事のできる新入社員ほど「ビジネスマナー」を重視していない なぜ?
「配属後に最も意識していきたいこと」について、配属後のパフォーマンス発揮度合いが高い人と低い人の間で、回答差があったことがNEWONE(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。パフォーマンス発揮度が高い新入社員はどのようなことを意識しているのか。(2023/10/24)

「名刺忘れちゃいまして」はもう起きない:
Sansanが「名刺のない世界」を目指すワケ 脱・紙に向けた新サービス発表
Sansanがスマホをかざすだけで名刺交換ができる「タッチ名刺交換機能」を発表。名刺交換がスマホで完結するということは、紙の名刺が必要なくなるということ?(2023/10/6)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

新入社員が理想的だと思う上司 2位「言動が一致」、1位は?
会社への定着が課題となる新入社員。「仕事をしていく上での不安」を聞くと……。(2023/10/3)

相次ぐ“ジャニーズ離れ” 起死回生のために「企業としてすべきこと」
性加害問題を認めたジャニーズ事務所。これにより、大手企業を中心にジャニーズ所属タレントを起用した広告の中止や更新見送りが相次いでいる。「タレントに罪はない」ものの、なぜこのような対応が相次ぐのか。ジャニーズ事務所がとるべき対応や、これまで事務所にお世話になってきた広告主の企業ができる対応とは何か。危機管理に詳しい新田龍氏が解説する。(2023/9/21)

働き方の「今」を知る:
イケア「着替え時間の賃金」問題 他人事ではない「○○って労働時間?」
イケア・ジャパンが、従業員の「制服への着替え時間」の賃金を支払っていなかったことが判明した。どこまでが労働時間に該当して、どこからが該当しないのか。トラブルを未然に防止するための知識を解説する。(2023/9/14)

ビッグモーター謝罪会見 「ここだけは守るべき」だったポイントは?
保険金の不正請求をはじめとするトラブルを巡り、中古車販売大手のビッグモーターが厳しい批判にさらされている。同社は7月25日に謝罪会見を開いたものの、組織的な不正や経営陣の関与を否定したことなどの影響で、かえって世間の批判は強まったようだ。この会見で兼重社長は何をどう伝えればよかったのだろうか?(2023/7/29)

消費者庁の「不当処分」疑惑 優良企業はなぜ「1年間の一部業務停止」をくらったのか
昨今、順法意識の低い企業を取り締まるはずの消費者庁による、ずさんな処分が物議を醸している。消費者保護の現場で今何が起きているのか、消費者庁による「不当処分」被害に遭ってしまった企業の実録をレポートする。(2023/7/26)

米国流セールスイネーブルメント:
形骸化した日本企業の「営業研修」 米国企業に学ぶ4つの整備すべきコンテンツとは?
形骸化しいている日本企業の営業研修、その理由の一つに「顧客視点」が欠落していることが挙げられる。米国企業を例に、今取り組むべき営業研修を探っていく。(2023/7/19)

「競争したくない」 新入社員は日々、どんな気持ちで働いているのか
「やる気が感じられない」「出世欲がない」――など、ビジネスパーソンが「最近の若者は〜」と嘆く声をよく聞くが、本当にそうなのだろうか?(2023/7/3)

働き方の「今」を知る:
どうすれば就職氷河期を回避できた? 今も残る「元凶」
どうすれば就職氷河期を回避できたのか──歴史に「もしも」はないが、どのタイミングでどのような対策を取っていれば、不幸な世代を減らせたのだろうか。また、現在の日本社会にも通ずる「元凶」とは何か。新田龍氏が考察する。(2023/6/30)

働き方の「今」を知る:
結局、就職氷河期とは何だったのか? その背景と今に続く深い傷跡
政府が16日に閣議決定したした本年度の「骨太の方針」の内容をきっかけに、突如ネット上で「就職氷河期世代」が話題となった。結局、就職氷河期とは何だったのか。経済情勢と社会構造から読み解くその原因と、今に続く影響の大きさについて解説する。(2023/6/29)

対立が激化:
混迷する「物言う株主vs創業家」 フジテックのゆらぐ経営
エレベーター・エスカレーターの大手フジテックがいわゆる「お家騒動」の渦中にある。香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントと創業家出身の内山高一氏が対立。ガバナンスを巡って激しく対立する両者だが、主張がずれ行く背景には一体何があったのか。そして、この状態が続くことのリスクとは?(2023/6/20)

Go AbekawaのGo Global!〜Hsu Myat Thida(後):
日本の社会保障は神
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もエアリテックのシステムエンジニアであるHsu Myat Thida(ス・ミャッ・ティダ)さんにお話を伺う。将来の夢は起業、だが「IT企業にはしない」という。それはなぜか。(2023/6/16)

働き方の「今」を知る:
カスハラに負けない企業の作り方 「毅然とした対応」は経営から
カスハラ(カスタマーハラスメント)をする悪質なクレーマーには、毅然とした対応が求められる。これを従業員に「毅然とした対応をさせる」ものと勘違いする企業が少なくないが、それでは単に「従業員に悪質客の対応を押し付けている」だけだ。では、企業はどうすべきなのか。カスハラに負けない企業の作り方の「5つのステップ」とは──?(2023/6/16)

働き方の「今」を知る:
「謝り続けた」「上司は取り合ってくれない」──危険なカスハラ対応が招くもの
悪質なクレーマーによるカスタマーハラスメント(カスハラ)に悩む企業が後を絶たない。「お客さまは神様」という意識が浸透するあまり見過ごされてきたカスハラだが、放置すると大きなリスクをはらむことになる。その理由はというと……。(2023/6/15)

会議中に致命的なミス → とっさに“豪快な荒業”を駆使して事なきを得た話に「これは怒れない」「ナイスリカバリー」の声
日本の作法って難しい。(2023/6/14)

働き方の「今」を知る:
テレワーク率が減少 「できるのに続けない」企業は悪なのか?
多くの企業で「出社回帰」がトレンドとなっている。5類移行のタイミングとはいえ、なぜ旧弊に退化するような方針を打ち出す企業が相次いでいるのだろうか。テレワーク「できるのに続けない」企業の腹の内とは?(2023/6/2)

AIを駆使した「異世界みたい」な都市の写真 現実風景へのちょい足しで「夢の中で見る感じ」に
人物が自然すぎるのがむしろ不自然に見えてくる……。(2023/5/29)

421社に調査:
20代の中途採用 企業側の約9割が重視するポイントとは?
20代を対象とした中途採用において、面接の際に見るポイントは「人柄・社風との相性」が9割。そんな結果が学情(東京都千代田区)が実施した調査で分かった。(2023/5/19)

98%が「ビジネスマナーは必要」:
重要だと感じるビジネスマナーランキング 「あいさつ」「報連相」を抑えた1位は?
エン・ジャパンが、8000人超を対象に実施したビジネスマナーに関する調査結果を発表した。98%が「ビジネスマナーは必要」だと感じている結果が分かった。重要だと感じるマナーのランキングも明らかに。(2023/5/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
発達障害の人が見ている世界を想像できれば職場でのコミュニケーションも変わってくる
職場で空気が読めなかったり、仕事ができないためにかったり早期離職したりする人が増えている。このような人は、発達障害なのだろうか。発達障害を持つ人の見ている世界を知ることで、お互いにもっと生きやすくなる。(2023/5/9)

従業員が使いやすいツールでなければ意味がない
「PPAP」をやめたいけれど業務フローは変えたくない企業の“救世主”はこれだ
暗号化ZIPファイルとパスワードを別々のメールで共有する「PPAP」に、さまざまな問題点が浮上してきた。代わりにファイル共有サービスを活用する方法は、従業員の負担になり得る。忙しい従業員でも無理なく業務に組み込める代替策とは。(2023/4/28)

約8割が対面のコミュニケーションを希望:
2022年の新入社員が「最も困ったこと」2位は「人によって言うことが違う」、1位は? スタディスト
スタディストは、2022年入社の新入社員を対象に実施した「育成、コミュニケーション」に関する調査の結果を発表した。それによると「育成や指導を対面で実施してほしい」と回答した割合が76.9%だった。(2023/3/8)

ビジネスチャット対決:
Slack vs. Chatwork ビジネスチャットの思想の違いを探る
今回のSaaS対決では、ビジネスチャットの国内ツートップであるSlackとChatworkを取り上げる。ともにカテゴリーとしては「ビジネスチャット」にはなるが、その思想やターゲット、機能、使い勝手は驚くほど違う。単なる機能比較表だけでは見えてこない両者の違いをいつものように歴史も含めてひも解きながら解説していく。(2023/2/28)

3月13日から個人判断に:
脱マスク「賛成」6割 でも「今後も着用」9割超のなぜ? 社会人560人に聞いた
キャリア調査機関「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)は、社会人約560人を対象に、マスクの着用実態について調査した。政府がマスク着用を3月13日から屋内・外を問わず個人の判断に委ねる方針を決定したが、「状況に応じて着用の有無を使い分ける」(66.7%)、「無条件で着用する」(27.8%)を合計した「着用派」は9割に上った。(2023/2/22)

「モチベーションのため」は誤解!:
「褒め下手な上司」が知るべき2つの原則 ただ褒めそやしても、部下は育たない
「どう褒めていいか分からない」「何を褒めればメンバーの成長につながるのかが分からない」と、部下を褒めることに苦手意識を持つ上司は多いようです。適切に人を褒めるとは、どういうことなのでしょうか?(2023/2/22)

IT企業が人気:
理系の外国人留学生が会社選びで重視するポイント 「知名度」「職場環境」を抑えた1位は?
オリジネーターは、外国人留学生を対象に「理系外国人留学生の会社選びとキャリアプランに関するアンケート」を実施した。企業選びの際に重視するポイントは?(2022/12/15)

返信用封筒のビジネスマナーの残念なあるある “うっかり送り先の人名を消してしまうトラブル”が気を付けたい
「二重線で消されやすい名前」があるらしい。(2022/12/3)

5歳の娘を職場に連れて行ったら…… “子どもなりに空気を読んだ言動”が「かわいい」「声が出るぐらい笑った」と絶賛される
いずれにせよ、この女の子は大物になりそうだな……!(2022/11/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Umme Habiba Mim(後):
やる気がなくても仕事をするにはどうすればいいんでしょう
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続きBFTのUmme Habiba Mim(ウッメ ハビバ ミム)さんにご登場いただく。憧れの日本で働き始めたもののコロナ禍に突入し、仕事を失ったウッメさん。そこで巡り会った天職とは。(2022/11/2)

被害相談件数は増加傾向に:
投資や仮想通貨などで広がる「モノなしマルチ商法」 ハマった社員が社内勧誘、会社はどう対応すべき?
消費者庁は、日本アムウェイ合同会社に対して勧誘などの一部業務を6カ月間停止するように命じました。若年層を中心にマルチ商法にハマる人が増えていることが背景にありそうです。社員がマルチ商法にハマり社内で勧誘行為をしていたら、会社はどのように対応すべきでしょうか?(2022/11/1)

社会人1000人にアンケート:
マスク「無条件で着用」45% 日本は遅れ? 訪日外国人増で意識のズレ明るみに
Job総研は、成人男女約1000人を対象に「日本人の脱マスク意識調査」を実施した。現在のマスク着用状況に関して尋ねたところ、「状況に応じて着脱」が53.6%で最多となったが、「無条件で着用」が45.6%を占めた。厚生労働省は5月以降、原則屋外では着用不要と呼び掛けているが、依然として日本人のマスク着用率は高いことが分かった。(2022/10/27)

取得してよかった資格ランキング 女性に聞いた
取得してよかったと思う資格はなんですか? 資格を取得したことがある女性に聞いたところ……。(2022/10/10)

ラーニングエージェンシー調べ:
社会人1年目が職場で抱く“ギャップ” 上司との会話は「想定より話しやすい」の声も
ラーニングエージェンシーの研究機関であるラーニングイノベーション総合研究所が、社会人1年目に対し入社前後のギャップに関する意識調査を行った。(2022/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。