ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「たばこ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たばこ」に関する情報が集まったページです。

S LOUNGE(エスラウンジ):
全席で紙巻たばこが吸えるワークスペース 東京・新宿にオープン
広告代理業を営むワイオーユーは6月17日、全席で喫煙可能としたコワーキングスペース「S LOUNGE(エスラウンジ)」(東京都新宿区)を開業した。(2022/6/21)

オフィス探訪(JT後編):
JTのオフィスにある「“たばこ”のないたばこ部屋」とは? 移転でこだわった「交流を促す仕掛け」
2020年10月に本社を移転したJT。ABW(Activity Based Working)を導入し、従業員が働く場を自由に選択できる働き方を目指している。ユニークな設計を細部にまで施し、従業員の働きやすさを追求した本社オフィスを訪ねた。(2022/6/16)

タバコの煙が不快:
「20歳になったとき、タバコを吸ってみたいと思った」喫煙者の6割、理由は?
国立がん研究センターは、成人年齢とたばこについての世論調査結果を公開した。「20歳になったときにタバコを吸ってみたいと思った」と答えた喫煙者は61.3%、非喫煙者は20.5%と、喫煙に対する意識が大きく異なった。(2022/6/14)

IQOS ILUMA専用たばこスティックに新フレーバー登場 「テリア ブラック イエロー メンソール」6月13日に発売
IQOSストアなどでは6月13日、IQOSオンラインストアでは6月14日から発売する。(2022/6/10)

マスカットフレーバーが特長:
JT、カプセル搭載の加熱式用スティック発売 「メビウス・オプション・マスカットグリーン」
JTが「Ploom X(プルーム・エックス)」用のたばこスティックとして「メビウス・オプション・マスカットグリーン」を7月8日に発売する。(2022/6/9)

総務のための「オフィス」再考:
喫煙所に代わる社内コミュニティ「井戸端会議」の場をどう作るのか?
どうして喫煙所は繁栄しているのに、休憩コーナーは育たないのか? 総務として理由を考え、たどり着いたのは、2つのシンプルな答えでした。(2022/6/9)

バスを使った移動型喫煙所 東京・中野でスタート 「自然の中の休憩所」をイメージ
「ナチュラル アメリカン スピリット」の販売促進を行うトゥルースピリットタバコカンパニー(東京都港区)が、期間限定の移動型喫煙所「&SMOKE WAGON」をスタートさせる。(2022/6/7)

仕事中に「ぷか〜」:
喫煙者は仕事ができない? 仕事とタバコの意識調査
仕事中に「ぷか〜」とタバコを吸う人は、仕事ができないケースが多いのだろうか。働く男女に聞いたところ……。(2022/6/3)

不快:
「家族のタバコにいらいら」7割、理由は?
SOMPOひまわり生命保険は、喫煙習慣がある家族と同居する全国の非喫煙者約1000人を対象に、同居家族への感情などを調査をした。その結果……。(2022/5/31)

ブランド最大のメンソール量:
BATJ、クールから紙巻たばこ「ミンティ・シリーズ」 3銘柄を500円で発売
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は5月30日、「KOOL(クール)」ブランドから、紙巻たばこ「クール・ミンティ・シリーズ」3銘柄を発売した。(2022/5/30)

無駄話が多い:
“働かない”おじさんは仕事中に何をしているのか タバコをプカ〜、すやすや
会社に“働かないおじさん”がいますか? 20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2022/5/28)

glo(グロー)専用スティック:
加熱式用ラッキー・ストライクから初のメンソール 12本入り300円で展開
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは5月16日、加熱式たばこデバイス「glo(グロー)」専用のたばこスティックとして、ラッキー・ストライク初のメンソールタイプ2銘柄を発売する。(2022/5/13)

「紙巻たばこNO」→「専用ブース設置」に転換 銀座ルノアールを動かした「お前もか」の声
銀座ルノアールが運営する喫茶チェーン「喫茶室ルノアール」に、紙巻たばこ喫煙ブースが設置され始めている。2020年4月の改正健康増進法施行を機に、紙巻の喫煙禁止を宣言した同店だが何があったのか。その理由を尋ねた。(2022/5/13)

フィリップモリス、IQOS イルマシリーズ初の限定モデル“ネオン” 5月に投入
フィリップ モリス ジャパンは5月9日、加熱式たばこ「IQOS ILUMA(イルマ)」シリーズ初の限定モデル「IQOS イルマ ネオン モデル」を発売すると発表した。(2022/5/9)

1本1本を大切に楽しんで:
JT、“アメスピ”レギュラー4銘柄を14本入り420円に刷新 20本入りは廃止
JTは4月26日、紙巻たばこ「ナチュラル アメリカン スピリット」のレギュラー4銘柄を20本入り(600円)から14本入りに刷新。6月28日より420円で発売すると発表した。(2022/4/26)

4月18日から:
フィリップモリス、IQOSイルマを値下げ 加熱式デバイス3製品
フィリップ モリス ジャパンが加熱式たばこ「IQOS ILUMA(イルマ)」シリーズ2製品と「リル・ハイブリッド」 のメーカー希望小売価格を引き下げると発表した。(2022/4/14)

6銘柄を展開:
フィリップモリス、530円のIQOSイルマ用スティック発売 新ブランドは「センティア」
フィリップ モリス ジャパンは4月4日、加熱式たばこ「IQOS ILUMA(イルマ)」専用たばこスティックの新ブランドとして「SENTIA(センティア)」6銘柄を発売した。(2022/4/5)

紙巻きタバコを加熱式タバコに変える「HIMASU」、詰め替え不要なリキッドボトル5本セットを販売開始
HIMASUは、オリジナルの専用グリセリンリキッドボトル5本をセットにし販売を開始した。従来の100ミリリットルの詰め替え用に続くもので、詰め替え不要で利用できるようにした。値段は1箱880円。(2022/3/22)

朝倉未来、1億円の土地購入も怒りあらわ 酒やタバコの“ポイ捨て被害”に「マジで嫌いです」
朝倉さん「ポイ捨てとかする奴マジで嫌いですね」(2022/3/20)

東京・二子玉川に開設:
たばこを吸いながら働ける“サテライトオフィス” JTやダイキンが手掛けた「ハイスペック喫煙室」の特徴は?
三菱地所リアルエステートサービスは3月18日、東京都世田谷区に個室型サテライトオフィス「REALab powered by point 0 二子玉川」をオープンする。同施設では、喫煙可能フロアを設置するという。その狙いとは?(2022/3/16)

低タール帯の紙巻ユーザーに訴求:
BATJ、ラッキー・ストライクから「1ミリロング製品」 450円で展開
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は3月7日「ラッキー・ストライク」ブランドから、タール数1ミリの低タール紙巻たばこロングサイズ製品2銘柄の販売を開始した。(2022/3/7)

紙巻きタバコを加熱式タバコに変える「HIMASU」 キャンペーンで売り上げ5割増
加熱式タバコの端末などを扱うHIMASUが、2021年に発売した普通の紙巻きタバコをスティックとして加熱する「HIMASU」が好調だ。(2022/2/28)

地下アイドル2人、妊娠判明と未成年喫煙を理由に契約解除 残った3人のメンバーで活動継続
女性アイドルグループ「10taction(テンタシオン)」での出来事。(2022/2/17)

Ploom Xは100万台を突破:
JTの21年12月期決算 海外たばこ好調で増収増益 希望退職に3102人
日本たばこ産業(JT)は2月14日、2021年12月期の連結決算を発表した。(2022/2/15)

フレーバー系メンソール:
フィリップ モリス ジャパン、テリアの新銘柄「ブラック パープル メンソール」発売 ラインアップ拡充で移行促進
フィリップ モリス ジャパンが「IQOS ILUMA (アイコス イルマ)」専用たばこスティックのテリアから「テリア ブラック パープル メンソール」を発売する。(2022/2/3)

たばこの吸い殻ポイ捨て楽しく解決、ゲーム感覚で SNS活用し清掃活動を可視化
ゲーム感覚を取り入れ、たばこの吸い殻やごみのポイ捨て対策、マナー啓発に取り組む動きが広がっている。SNSなどを活用するためデータを蓄積できる利点もあり、効率的な喫煙所の設置や環境美化活動につなげることができるという。(2022/1/24)

操作性も向上:
JT、「プルーム・テック・プラス・1.5」発売 充電時間を30分短縮
JTが低温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・テック・プラス・1.5」を発売した。(2022/1/18)

「食後に何をすればいいのか分からなくなった」 タバコをやめるまでを描いた漫画が参考になる
「吸いたくなったときに『吸わない』を選ぶこと」が大事。(2022/1/18)

20本入り650円:
JT、ピースのリトルシガー発売 過去3回が好評で“定番商品”に
日本たばこ産業が1月31日、ピースブランドから「ピース・リトルシガー」を発売する。(2022/1/13)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
全社禁煙に向けて、「在宅勤務者もタバコ禁止」は可能ですか?
従業員の健康維持のための全社禁煙について、在宅勤務者も禁煙対象とすることは可能なのだろうか? 社労士が解説する。(2022/1/7)

電子タバコ市場、27年までの年平均成長率は9.2%以上
最大の市場は北米ながら、アジア太平洋地域では特に大きなCAGR(年平均成長率)が見込まれる。(2022/1/5)

1322人に聞く:
「IQOS」や「glo」の最新型を使っている人の割合は?
コンセプトワークスが運営する加熱式たばこマガジン「モクログ」が、全国の加熱式たばこユーザーを対象に、使用しているデバイスについての調査を実施した。(2021/12/22)

gloの薄型「プロ・スリム」全国のコンビニで販売開始 加熱式への移行を促す
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは12月21日、全国のコンビニエンスストアで、加熱式たばこ専用デバイス「glo pro slim(グロー・プロ・スリム)」の販売を開始した。(2021/12/21)

社長に聞く:
異例の申し出 「ケント」や「glo」のBATJが“紙巻の増税”を要望した理由
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)が、自民党の議員連盟に対し、来年度の税制改正で紙巻たばこの増税を要望したとの報道があった。その真意は? 社長に尋ねた。(2021/12/20)

ポイ捨てされた吸い殻をスマホで撮って名前をつけて投稿 ポイ捨て防止キャンペーンが「吸い殻GO」みたい
たばこのポイ捨てがない社会を目指して。(2021/12/7)

電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
また数十年したら今が信じられなくなってるのかも。(2021/12/6)

既存の喫煙所を改修:
フィリップ モリス、函館空港に「加熱式たばこ専用室」 日本初の“たばこの煙のない国際空港”に
フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は、函館空港(北海道函館市)に「加熱式たばこ専用室」を開設し、運用を始めた。同空港の開港60周年記念の一環で、同空港内の既存の喫煙所を改修した。(2021/12/2)

スピン経済の歩き方:
「日本を代表するコンテンツ」温泉むすめが炎上! 美少女萌えとタバコ規制の微妙な関係
全国の温泉地を美少女萌えキャラに擬人化して、魅力を発信している「温泉むすめ」が炎上した。「性差別・性搾取」だと批判されたわけだが、この動きは今後、どうなっていくのだろうか。筆者の窪田氏は、タバコ規制と同じような動きをするのではないかと見ていて……。(2021/11/24)

JT、業績予想を上方修正 海外たばこ事業が好調で一転最終増益に
日本たばこ産業(JT)は10月29日、2021年12月期(21年1月〜12月)通期の連結業績予想を上方修正し、純利益が前期比6.4%増の3300億円になる見通しだと発表した。(2021/10/30)

メビウス・オプション・パープル/イエロー:
JT、初の“カプセル”入り加熱式用スティック発売 フィリップ モリスは「IQOS ILUMA」用の新メンソール
JTは「Ploom X(プルーム・エックス)」用たばこスティックとして、新たに「メビウス・オプション・パープル」「メビウス・オプション・イエロー」を11月26日に発売する。(2021/10/28)

BATJ:
「ラッキー・ストライク」初の加熱式用スティック 12本入り290円で紙巻からの移行促進
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが、「LUCKY STRIKE (ラッキー・ストライク)」ブランド初となる「glo(グロー)」専用たばこスティック2銘柄を発売する。(2021/10/27)

男女500人に聞いた:
たばこを吸い始めたきっかけ 「かっこいいと思ったから」や「どんなものか気になったから」が上位に
10〜60代の一般男女を対象に「たばこを吸い始めたきっかけ」に関する調査を行った。吸い始めたきっかけで最も多かったのは「かっこいいと思ったから」(28%)だった。きっかけに男女差はあるのか、たばこを吸い始めたことを後悔しているかなどを聞いた。(2021/10/24)

国内たばこ事業CEOに聞く【後編】:
たばこ事業の一本化で「競争に勝つ」 他社が“紙巻撤退”を目指す中、JTの決断は?
日本市場を含むたばこ事業の本社機能統合と約3000人の人員削減、九州工場の廃止などたばこ事業の合理化を進めるJT。市場が大きく変化する中、JTはどう進んでいくのか。前編に続いて同社のたばこ事業本部、国内たばこ事業CEO福地淳一専務執行役員に聞いた。(2021/10/15)

国内たばこ事業CEOに聞く【前編】:
JTは「Ploom X」で「IQOS」に勝てるか 国内事業トップが「真摯に反省する」と語る理由
国内の加熱式たばこ市場は「IQOS(アイコス)」の独走状態。それに続くのが「glo(グロー)」、JTの「Ploom(プルーム)」は3番手と後塵を拝している。加熱式たばこ市場での巻き返しを図るためにJTが進める戦略は? 同社のたばこ事業本部、国内たばこ事業CEO福地淳一専務執行役員がインタビューに応じた。(2021/10/14)

「taspo」、2026年3月末で終了へ 使用する通信回線のサービス終了に伴い
日本たばこ協会と全国たばこ販売協同組合は、成人識別たばこ自動販売機システム「taspo」を2026年3月末で終了する。理由として、通信に使用している携帯回線が26年3月末で終了するためとしている。(2021/10/8)

taspo、26年3月末でサービス終了 通信回線の終了にあわせ
日本たばこ協会(TIOJ)と全国たばこ販売協同組合連合会は10月8日、「成人識別たばこ自動販売機システム(taspo)」のサービスを26年3月末で終了すると発表した。(2021/10/8)

新・たばこビジネス【後編】:
マールボロブランドが消滅 フィリップ モリス インターナショナルCEOに聞く「たばこビジネスの展望」
「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。陣頭指揮を執るオルザックCEOはIQOS ILUMAやTEREAの開発にも深く関わってきた。今後のPMIのビジネスについてオルザックCEOにインタビューした。(2021/10/8)

新・たばこビジネス【前編】:
フィリップ モリス インターナショナルCEOを直撃 IQOSをいかにして日本市場に訴求したのか?
「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。(2021/10/7)

1カ月のたばこ代も調査:
65.7%「増税後もたばこを吸う」 禁煙する値上げ額は?
10月1日からたばこ税が増税される。一方、65.7%が「増税後もたばこを吸う」と回答した。いくらまで値上がったら禁煙するのだろうか?1カ月のたばこ代も調査した。(2021/10/1)

加熱式への移行を促す:
BATJ、ラッキー・ストライクから初の加熱式スティック発売 12本入り290円で脱紙巻促す
BATJは9月29日、「LUCKY STRIKE (ラッキー・ストライク)」ブランドから、初となる「glo(グロー)」専用たばこスティック2銘柄を発売すると発表した。(2021/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。