ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「検定」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検定」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
文系記者、半導体技術者検定に挑む
参考図書の分厚さにやや尻込みしていますが、頑張ります。(2024/5/27)

「さくらのクラウド検定」誕生 今夏に初試験 難易度は「ITパスポートよりやや難しい」
さくらインターネットが、クラウドサービス「さくらのクラウド」の検定制度を設けると発表した。「クラウド化に取り組む企業やITの学びを深めたい学校の先生、次世代を担う子どもたちなど、広範囲に渡るDX人材育成のために検定の設立を決定した」という、(2024/4/24)

『ちいかわ』最新話、ちいかわが「草むしり検定5級」に合格していた……? パラレルワールドの“違和感”に困惑の声
なんか怖い。(2024/2/28)

Q&A 働き方のお悩み相談:
秘書検定にITパスポート……「資格沼」から抜け出せない、どうしたら?
キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング――この先どうすれば自分が納得できるキャリアを歩んでいけるのだろうか。多くのビジネスパーソンの働き方を見つめてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。(2024/1/30)

組み込み開発ニュース:
危険場所での使用に対応、Wi-Fi振動センサーの防爆モデル発売
中山水熱工業は、Wi-Fi振動センサー「コナンエアー」の防爆モデルを開発し、国際防爆および国内防爆の検定で合格認証を取得した。危険場所(ゾーン1)での使用に対応する。(2023/12/8)

オタク知識が試される「DLsite検定統一模試」、ゲキムズにもほどがある 「ASMRの正式名称を答えよ」すら生ぬるい難易度
100点取れたら奇跡に近い。(2023/11/10)

Y!mobile、「ワイモバ親子割」提供開始 シンプル2 M/Lが1年間1100円引きに
ソフトバンクは11月9日、Y!mobile向けの家族割引として「ワイモバ親子割」を発表した。11月15日から提供する。親子でスマートフォンに関する正しい知識を学ぶことができる「全国統一スマホデビュー検定 2023」も用意される。(2023/11/9)

工作機械:
5軸加工技術普及と人材育成へDMG森精機が検定提供、2030年に公的資格を目指す
DMG森精機は2024年1月より、技術の普及と技術者の地位向上を目的とする「5軸加工技術検定」の提供を開始する。切削加工、割出し5軸加工の基礎の学習者を対象にWeb試験を実施し、技術水準を4段階で評価する。(2023/9/21)

井手上漠、“パリコレレベル”の国際メイク検定に合格 かわいすぎるジュノンボーイから5年「本当にこの日を待っていた」
スゴいことだ。(2023/8/19)

ロイホに“メロン半分まるごとパフェ”が帰ってきた! SNSで話題のデカ盛りデザートに「最強ご褒美」「独り占めしたい」の声
「自分甘やかし検定上級者」におすすめ。(2023/7/11)

女装コントが“かわいすぎ”と話題のレインボー・池田、勢い余って化粧品検定1級を取得 「流石に努力の天才」「難しいですよね?」
仕草もメイクも女子なんよ。(2023/7/4)

バンナム新作オンラインRPGで「キャベツのグラが異常に美しい」と話題に 「令和のキャベツ検定」「3世代くらいクオリティーが違う」
キャベツに対する熱意がすごい。(2023/6/17)

6月15日は「PDFの日」 アドビが制定
PDFフォーマットの発表30周年を迎えるに当たり、アドビが6月15日を「PDFの日」として登録した。本件に関連して、Twitterキャンペーン「PDF検定」を実施するという。【更新】(2023/6/14)

生成AIの検定試験、日本ディープラーニング協会が開催 note深津さんら監修 試験時間15分、受験費2200円
日本ディープラーニング協会は、生成AIの検定試験「JDLA Generative AI Test 2023」を開催すると発表した。(2023/6/9)

今日のリサーチ:
2023年への願いを表す色は「白」「ピンク」――色彩検定協会調査
コロナ禍の人々の心情を「色」で表してもらった結果です。(2023/5/10)

ポルノ・岡野昭仁、自バンドの“音楽検定”に挑戦してしまう 130個以上の問いに「危ないところもあったな、、、」
ファンに癒やしを与える昭仁さん。(2023/4/20)

CanCam専属モデル・ほのか、大型二輪免許を取得 免許証写真も公開 「卒業検定はどうなるかと思ったけれど」
「遂に・・・大型二輪免許、取得しました」(2023/4/14)

「猫が特に感じやすい味は?」「日本に一番多い猫の柄は?」――自称・猫好きが衝撃を受けた「ねこ検定」の意外な難易度、財産となったテキストの魅力を語る
“猫の愛を知る”きっかけになるかも?(2023/3/4)

大学受験生12万人が使用した英語の外部検定 3位「GTEC」、2位「TEAP」、断トツ1位は?
大学受験生に人気の英語の外部の検定試験を旺文社が調査した。(2023/1/9)

出会いの場トップ:
マッチングアプリのぼったくり被害、クイズで防ぐ 運営会社が「検定」を開発
マッチングアプリで出会った異性は、ぼったくりバーの従業員だった――。そんな被害をなくそうと、マッチングアプリ「CoupLink(カップリンク)」を運営するリンクバル(東京都中央区)は、ぼったくりを見抜く力を養う「ぼったくりバー検定」を開発した。(2022/12/7)

あなたの鉄道知識レベルは? 「鉄道マイスター検定」10月14日開始 オンラインで受験可能
けっこう難しいぞ……!(2022/9/20)

Excelでのデータ分析スキルを測る検定試験 12月から ビジネス上での活用事例の増加受け
データサイエンティスト育成スクールを運営するデータミックスは、Excelでのデータ活用スキルを測る検定試験「データ分析実務スキル検定 シチズン・データサイエンティスト級」(CBAS Citizen級)を実施する。(2022/9/16)

三井物産と富士通はデジタル人材をどう育成している? 「DXのための人材育成」の在り方とは
DXが進展する中でデジタル人材育成への取り組みが急務となっている。「G資格」「E検定」を主宰するJDLAと「大人の学び」に取り組むベネッセが今求められているデジタル人材育成の在り方について、三井物産と富士通の事例も交えて紹介した。(2022/8/24)

持っていると会話のネタになる資格 2位は「ねこ検定」、1位は?
レビューの運営する情報メディア「電気資格研究所JABO」が「持っていると会話のネタになる面白い資格」について、アンケート調査を実施しランキングを発表した。(2022/8/7)

Rを用いたデータ分析手法などを追加:
総務省が「社会人のためのデータサイエンス演習」をリニューアル
総務省は「社会人のためのデータサイエンス演習」を2022年10月4日にリニューアル開講する。AI技術やデータサイエンスの最新トピックスを取り入れ、仮説検定や統計解析ソフト「R」を用いたデータ分析手法の紹介を追加した。(2022/7/14)

21年度の志願者は170万9961人:
21年度の漢検合格率 小学生・中学生・高校生で1位の県は?
日本漢字能力検定(以下、漢検)を運営する日本漢字能力検定協会(京都市東山区)は、2021年度の小学生、中学生、高校生の受検結果を都道府県別にまとめ、発表した。(2022/6/24)

導入事例:
2026年度までに全従業員が「eco検定」取得、東急建設
東急建設は、2026年度までに全従業員が「eco検定」を取得する方針を発表した。(2022/5/30)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

品質不正問題:
火災報知設備の製造で不正行為、承認部品の生産中止に気付かず受注し納期を優先
日本フェンオールは2022年3月31日、同社製の火災報知設備の構成機器において、型式承認時に承認された部品を用いずに製造を行ったり、その発覚を防ぐため不正な手段を用いて型式適合検定に合格するなどの不正行為が判明したと発表した。2013年9月〜2020年10月までに製造した4品種、計9663台が対象となる(2022/4/1)

IPv6検定、2023年3月に実施へ ネットワークエンジニア向けに基礎知識問う
日本ネットワーク技術者協会がIPv6に関する基礎知識を問う「IPv6基礎検定」を2023年3月に実施する。ネットワークエンジニアとネットワーク管理者を対象に、IPv6の基礎知識、DNSやIPv4との関連性などを問う。(2022/3/23)

第1回クリスタ検定、受け付けスタート ソフトの使い方や業界知識を測る
セルシスが第1回「CLIP STUDIO PAINTクリエイター検定」の受験受け付けを始めた。ソフトの活用法や業界知識などを問う試験で、「クリエイターとしての知見の向上を図ることができる」としている。(2022/3/22)

2月27日はポケモンの誕生を祝うPokemon Day! 「ポケモン検定」など記念コンテンツが特設サイトに続々登場
2月25日公開予定のMVが気になる……!(2022/2/22)

保護者に聞いた:
子どもが資格・検定試験を受ける目的 中高生は「入試に役立てるため」が最多、小学生は?
栄光は、小学1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者に、「小中高生の資格・検定に関する調査」を行った。これまでに資格・検定試験を受検したことがある子どもは、小学生で61.9%、中高生で91.6%にも上ることが分かった。(2022/1/22)

約500人に聞いた:
2022年に取りたい資格、3位は「宅地建物取引士」、2位と1位は?
メディアエクシードは、資格の取得を目指している20〜50代の男女に、「2022年に取りたい資格」について調査を行った。2022年に取りたい資格、1位は「日商簿記検定」だった。(2021/12/9)

AI人材を効率的に育成 日本数学検定協会が新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」を開始
日本数学検定協会は、データサイエンスの基盤となる数学のスキルとコンサルティング力を兼ね備えた専門家の育成に向けて「データサイエンス数学ストラテジスト」の資格試験を開始する。(2021/9/6)

もうプロじゃん! 整形級メイク”の達人「ゆにばーす」はら、日本化粧検定の1級試験に合格する
イェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!!!!!(2021/6/27)

メカ設計メルマガ 編集後記:
2020年を振り返る「MONOistメカ設計フォーラム検定」
今年印象に残っているニュースや話題は何ですか?(2020/12/15)

小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:
2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始
サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。(2020/11/18)

CA、「プログラミング能力検定」を開始 21年5月まで受検料を無料に
サイバーエージェント(CA)などが12月からプログラミングの基礎知識を測る「プログラミング能力検定」の運営を始めると発表した。2021年5月までは受検料無料。(2020/11/16)

難しすぎない? 一瞬見えるタイツのデニール数を当てる「デニール数検定」、スマホゲーム「アリス・ギア・アイギス」が開催
一瞬過ぎて難しい。(2020/11/2)

ブランド20年を振り返る「au検定2020」開始 全問正解でINFOBAR型トロフィーが当たるチャンス
KDDIが運営する情報サイト「TIME&SPACE」で、auブランド20年の機種やサービスに関する内容を検定形式で出題する「au検定2020」を提供開始。参加者には抽選で「INFOBAR型トロフィー」や「auケータイ図鑑 豆本キーホールダー」が当たる。(2020/9/15)

キャリアニュース:
2020年第2回G検定、前回から倍増し1万2552人が受験――合格率は68.96%
日本ディープラーニング協会が「2020年第2回 G検定」の結果を発表した。前回検定の約2倍で過去最多となる1万2552人が受験し、8656人が合格。合格率は68.96%だった。(2020/7/30)

日本語検定1級のさらに上、「日本語の達人」称号が新設 条件は「1級試験に10回以上合格」
いっぺんそんな感じで呼ばれてみたいっすね(呼ばれなさそう)。(2020/6/18)

データサイエンティスト育成コースなど:
ディープラーニングの学習コンテンツを無料公開 日本ディープラーニング協会が期間限定で
日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングのオンライン学習コンテンツを期間限定で無料提供する。データサイエンティスト育成コースやG検定対策に役立つ模擬試験、ディープラーニング入門講座、Python入門講座など全部で8講座。(2020/3/17)

ねこ写真展&ねこ検定 ねこづくしのイベント「にゃんぱく〜ねこの万博〜」大丸梅田で開催
ねこ好きさん集まれ〜。(2020/2/17)

エイベックス、ダンス技術をスマホでスコア化 ダンス教室や検定に導入
エイベックスは、ダンス技術のスキルをチェックするスマホアプリ「Dance COMMUNE」を発表した。同社のアカデミー受講生など、会員向けに提供する。ヒップホップダンスの基礎を定量評価することで、同社のスクールで学ぶ内容の予習や復習に生かせるとしている。(2020/1/21)

「本名全くあばれてないですね!」 あばれる君、世界遺産検定合格通知書の“本名”に注目が集まる
次は二級、最終的に一級を目指します。(2020/1/17)

349人の社員が対象:
内部通報が暴いた大和ハウス工業の重大な不備 施工管理技士の試験でずさんすぎる管理体制が明らかに
大和ハウス工業は、施工管理技士の技術検定試験で重大な不備があったと発表した。受験資格を満たしていないにもかかわらず合格した社員がいた。内部通報がきっかけで判明。(2019/12/19)

企業側へのアピールにも:
IT人材の「自分のスキルが適切に評価されない!」を防げ プログラミングの“基礎体力”を測る検定が開始
プログラミングに関する検定が12月から始まる。主催はプログラミングコンテストなどを行うAtCoder。従来にもプログラミングに関する検定はあったが、実際に1からプログラムを構築する能力を問うものは少なかったという。IT人材は、「企業の採用でスキルが適切に評価されていない」と不満を持つ人も少なくない。スキルを可視化する検定を始めることで、こうした現状を変えていく狙いがある。(2019/11/25)

データ分析の実務スキル測る検定が登場 受講者は「プロマネ」想定
データミックスが、「データ分析スキル検定」を2020年に始めると発表。受講者は、データ分析に携わるプロジェクトマネジャーを想定する。(2019/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。