ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

目指せ海外赴任:
多くの人が勘違いしている!? 「英語を学ぶ」前に知っておくべきこと
中学、高校、大学で英語を勉強したのに、ビジネスの場で活用できないことがある。どうすれば実践的な英語を身に付けることができるのか。著者のアドバイスは……。(2022/1/22)

留学中、ホストファミリーの前でラーメンを食べたら…… 家族の反応の違いに「知らなかった、気を付けよう」「経験ある」と反響
勉強になる。(2022/1/21)

PR:パンツスーツ姿もかっこいい! “エース記者”役の川口春奈さんが、「JCBのタッチ決済」について教えてくれる動画が勉強になる
記者となった川口さんが、実際のJCB本社に突撃! CMでは見られなかった表情も……?(2022/1/21)

Innovative Tech:
英語ネイティブとの発音の違いを深層学習で可視化 ソニーCSLが開発
ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)京都研究室の研究チームは、非母国語の学習において、学習者の発話とネイティブスピーカーの発話の違いを深層学習を使い分析し、視覚的に提示するシステムを開発した。(2022/1/20)

Innovative Tech:
実写映像の人の動きを3Dキャラクターで空間ごと再現、ソウル大学校が技術開発
韓国のソウル大学校の研究チームは、深層強化学習に基づいて、物理学の事前知識を最大限に活用し、単眼カメラで撮影した実写映像から人間の3Dモーションを空間ごと再構築するシステムを開発した。(2022/1/20)

Progateが2021年の人気言語を発表:
プログラミング学習で人気のある言語は?
Progateはオンラインプログラミング学習サービス「Progate」について、2021年の人気レッスンランキングを発表した。意外な言語がトップ5に登場している。(2022/1/20)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(6):
「学習用データセット」は共同研究開発の成果物に入りますか?
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第6回は前回に引き続き、共同研究開発契約をテーマに留意点を解説していく。(2022/1/20)

ブキミだけれど勉強になる動物図鑑がカプセルトイに 「もし人間がカメの骨格だったら?」を具現化した生き物が強い
イラストでは見られない角度からも愛でられます。(2022/1/19)

製造IT導入事例:
機械学習で研究開発を効率化、包装資材製造企業が支援サービス採用
SUPWATの機械学習ツール「WALL」を、包装資材のリュウグウが採用した。同サービスを活用し、これまで作業員が経験により行っていた素材混合や設計の過程を、過去の開発記録と照合しながら機械学習する。(2022/1/19)

VR:
プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システムを開発、清水建設
清水建設は、プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システム「VR-Commons」を開発した。VR-Commonsは、室内の壁と床面に疑似立体投影した映像コンテンツを利用し、グループ学習や体験型学習の場を創出するVRシステム。利用者は、ゴーグル型ディスプレイなどのデバイスを装着せずに仮想現実の学習空間を体感でき、関連資料や教材を投影面に重ね合わせて表示することにも対応している。また、複数のVR-Commons拠点をつないで映像コンテンツを共有するため、遠隔地にいる学習者とも同一空間にいるかのような感覚で学び合える。(2022/1/19)

学習専用イヤフォン、finalが発売 九州大学と共同研究 話し声を聞き取りやすく
finalは、九州大学と共同開発した学習専用イヤフォン「STUDY 1」を2月10日に発売する。話し声が聞き取りやすく、声への集中力が高まるという。2980円(税込)。(2022/1/18)

阪神大震災27年 災害発生に備えドローンで捜索訓練
大阪府東大阪市は阪神大震災発生から27年を迎えたのに合わせて、生駒山中腹にある府民の森なるかわ園地で災害対応訓練を行った。ドローンを初めて使って行方不明者らを上空から捜索したり、消防隊員らが人命救助を行ったりした。(2022/1/18)

Innovative Tech:
のどの動きをMRIで解析し、口パクをテキストに変換 言語障がい者などのコンピュータ利用の一助に
米カリフォルニア・マーセッド大学の研究チームは、口パク(無声発話)によって動くのどをリアルタイム磁気共鳴画像法(rtMRI)で取得し、その動きから音響情報を理解してテキストに変換する深層学習フレームワークを開発した。(2022/1/18)

ヤフーとLINEが“全国一斉防災訓練”実施 とるべき行動をアプリで通知 阪神・淡路大震災から27年で
ヤフーとLINEが、地震発生時に取るべき行動を確認する防災訓練「全国一斉シェイクアウト訓練」を、阪神・淡路大震災の発生から27年たつ17日に実施する。(2022/1/13)

製造業DXの最前線:
PR:先が読めない時代、DXが製造業にもたらす「価値」と進め方
コロナ禍に伴うサプライチェーンの混乱や脱炭素化などの環境対応への規制強化の動きなど、製造業に対する“外圧”は大きく変化に富むものになり続けている。こうした“先の読めない時代”の中で、製造業はどのようなことを考え、どのような取り組みを進めていくべきだろうか。2021年11月30日に開催されたITmedia エグゼクティブ主催のオンライン勉強会「製造業DXの最前線」からそのヒントを探る。(2022/1/12)

デジタル庁、教育デジタル化の工程表発表 個人の生涯学習データを一元管理
デジタル庁が、2030年ごろをめどに個人が幼児教育から生涯にわたる学習データを一元的に管理できる仕組みを構築する教育のデジタル化の工程表を発表した。(2022/1/11)

保護子猫たちがヒーター前で「早くつかないかニャ?」 仲良く並んで待機する動画に「最強レベルでかわいい!」
あたたかくなることを学習してます。(2022/1/9)

デジタル庁、教育デジタル化の工程表発表 個人の生涯学習データを一元管理
デジタル庁は7日、2030(令和12)年ごろをめどに個人が幼児教育から生涯にわたる学習データを一元的に管理できる仕組みを構築する教育のデジタル化の工程表を発表した。個人は学習履歴に合わせた指導や行政支援を受けることができ、社会人になってからも職業訓練や生涯学習で生かせる。民間事業者は匿名化したビッグデータを使って、教材の開発などのビジネスにつなげることもできる。(2022/1/7)

Innovative Tech:
テキストから御朱印を自動生成するシステム、筑波大が開発 寺社1000カ所以上から御朱印収集、データ化
筑波大学落合研究室の研究チームは、テキストから御朱印を自動生成する学習ベースのシステムを開発。訓練用のデータセットは、寺社1000カ所以上を訪問し取得した御朱印を基に大規模にデータ化した。(2022/1/7)

Innovative Tech:
OpenAI、文章から画像を生成する新モデル「GLIDE」 前モデルよりも高品質な画像を生成
OpenAIの研究チームは、自然言語からフォトリアリスティックな画像を生成する機械学習の新しいモデル「GLIDE」を開発した。(2022/1/6)

Innovative Tech:
ジョジョのキャラクター風に顔写真を変換する「JoJoGAN」 1枚の画像からAIが学習
米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームは、入力した1枚の顔画像を漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター風に変換する機械学習フレームワークを開発した。「空条承太郎」など、作中のキャラクターに似せた顔に変換する。(2022/1/6)

量子コンピュータ:
「古典的」な量子アルゴリズムを融合、分類問題解決を効率化し得る手法開発
グリッドは2021年12月23日、量子アルゴリズムに着想を得た機械学習アルゴリズム「量子インスパイア型分類アルゴリズム」を開発したと発表した。量子アルゴリズム研究においては「古典的」とされているアルゴリズムを活用することで、学習をより効率的に行う。(2022/1/6)

“概念を知っている経営者”のほとんどが重要性を認識:
イノベーションには「学習する組織」が必要 ユームテクノロジージャパンが意識調査の結果を発表
ユームテクノロジージャパンは、経営者の「学習する組織」に関する意識調査の結果を発表した。学習する組織の概念を知っている経営者は42.7%で、そのほとんどが「自社での必要性」を感じていることが分かった。(2022/1/6)

Innovative Tech:
頭の形で個人認証できるヘルメット、立命館大などが開発 工事現場での作業員識別などに活用
立命館大学と科学技術振興機構の「さきがけ」の研究チームは、ユーザーの頭部の形状を取得し、登録したユーザーであるかどうかを機械学習で判断する、圧力センサー搭載ヘルメットを開発した。(2022/1/5)

医療機器ニュース:
活動量計とAIを活用し、盲導犬候補の先進的な健康管理を目指す
NECは、盲導犬の先進的な健康管理を目指した取り組みを開始する。首輪装着型の活動量計を用いて、初期訓練期間に収集したデータをNECのAI技術群「NEC the WISE」で分析し、ストレスチェック、運動量の変化などの健康管理を実施する。(2021/12/28)

AI・機械学習の業界動向:
2022年の「AI/機械学習」はこうなる! 8大予測
2021年は、Transformerを中心に技術が発展し、日本語モデルの利用環境も整ってきた。また、ローコード/ノーコードをうたうAIサービスも登場した。2022年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、8個の予測を行う。(2021/12/27)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

製造現場向けAI技術:
純銅鋳造製造工程での品質維持技術を学習したAIモデルの実証実験
三菱総研DCSは、純銅鋳造製造工程での品質維持技術を学習したAIモデルが、実業務へ適用できるか否かを検討するための実証実験を、中島合金と共同で実施する。(2021/12/24)

僕たちのKaggle挑戦記:
Titanicから始めよう:特徴量エンジニアリングのまねごとをしてみた
前回に引き続きEDAと特徴量エンジニアリングを行って、今回は最後にできあがったデータフレームで学習をしてみましょう。目指せ! スコアアップ!(2021/12/24)

動く「機械学習帳」、東工大教授が講義資料を無償公開 回帰や分類のグラフをアニメーションに
東京工業大学の岡崎直観教授が、大学の講義で使う資料「機械学習帳」をGitHubのホスティングサービス上で公開している。利用者はPythonのコードとその実行結果を見ながら学べる。(2021/12/22)

「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」 香川県地元紙にゲムトレが全面広告 「ゲームの教育的な側面を知ってほしい」
ゲーム条例を強く推していた四国新聞にあえて出稿。(2021/12/21)

製造ITニュース:
住友電気工業とデータグリッドが不良判定AI技術を共同開発
データグリッドと住友電気工業は共同で、不良判定AI技術の開発を開始した。両社の技術を組み合わせて、わずかな学習データを元に、熟練作業員の技術に相当する高度な判定が可能な不良判定AIを開発し、製造工程の自動化を進めていく。(2021/12/21)

いざというときに備えて、でっかいワンコと避難訓練! 飼い主におんぶしてもらうゴールデンレトリバーに「賢い」の声
おんぶ訓練大事かも。(2021/12/21)

「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」――四国新聞の広告に反響 背景に香川県の“ゲーム条例”、広告の真意は?
四国新聞の12月20日付の朝刊に掲載された「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」とする広告がTwitterを中心に話題となっている。広告の出稿元の企業は「ゲームが障害ではなく、教育としての魅力があることを伝えたい」としている。(2021/12/20)

Innovative Tech:
トリミングではなく、写真を拡張して良い構図を提案 AIが適切な背景を自動合成
中国の南開大学とTencent AI Lab、韓国のXverseの研究チームは、写真内を切り抜くのではなく、広げる方法で被写体に合わせた構図にして出力する、深層学習を使った外向きクロッピング手法を開発した。(2021/12/20)

Amazon SageMaker Studio Lab入門:
無料でPython/機械学習できるAmazon SageMaker Studio Labとは? Colabと比較
メールアドレスだけで無料で使えるStudio Labは、同種のColabとどう違うのか。Studio Labプロジェクトランタイムのスペック(CPU/GPUや、実行時間、メモリ、ディスクサイズなど)や機能(ランタイムの保存と再開など)について説明する。(2021/12/20)

視点:
顧客価値創出へのAIの貢献
2000年代から続いている第三次AIブームは、ビッグデータを用いてAI自身が知識を習得する「機械学習」の実現から始まった。近年は、知識を定義する要素である特徴量をAI自身が習得するディープラーニングにより、ビジネスでのAIの実用利用が急速に進んでいる。(2021/12/20)

Innovative Tech:
テキストだけで、AIが3Dモデルを自動生成 米Googleなどの研究チームが開発
米Google Researchと米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、自然言語の記述のみからデジタル3Dオブジェクトを生成するZero-shot learningを使ったアプローチを提案。3Dの学習データを必要とせずに形状や色、スタイルを柔軟に制御する。(2021/12/17)

Innovative Tech:
手書きスケッチがリアルな髪形に イラストから髪形を自動生成するAI、香港の研究チームらが開発
香港城市大学と香港中文大学、中国の浙江大学の研究チームは、プロではないユーザーがフリーハンドで描いたスケッチから、さまざまなヘアスタイルのフォトリアリスティックな髪の画像を自動生成する学習ベースのネットワークを開発した。(2021/12/15)

PR:高精度&予測モデルの自動チューニングのAI需要予測により人手不足や食品ロスの解消、在庫適正化を実現
リテール業界では、コロナ後を見据えた対応はもとより、ライフスタイルの多様化や少子高齢化などコロナ以前から山積していた課題の解決も急務だ。変化の時代を勝ち抜くために、リテールの経営に有効な分析手法として、需要予測が注目を集めている。従来の需要予測は、精度や運用面に課題があったが、富士通の独自技術による機械学習を活用したAI需要予測は、高精度とともに自動チューニングによる精度維持を実現。人手不足の解消、廃棄ロス・機会ロスの削減を図り、リテール企業の持続的成長に貢献する。(2022/1/21)

東原亜希、夫・井上康生が子どもたちに勉強教える“パパ姿”を公開 「いい光景でほっこり」「息子さんがパパそっくり」
家族の時間増えていたらいいな。(2021/12/13)

AIにとって“想定外”でも正しく認識 交通監視など応用に期待 富士通とMIT
富士通と米マサチューセッツ工科大学が、角度や明るさなどの撮影条件が学習データと大きく異なる“想定外のデータ”でも高精度に認識できる画像認識AI技術を共同開発した。(2021/12/9)

モノづくり総合版 編集後記:
「AIに教える」のは誰の仕事?
学習データを最も手に入れやすいのは誰なのか。(2021/12/9)

「嫌なら勉強していい偏差値の大学に」 マイナビ“学歴フィルター”問題にひろゆき氏が持論 背景にある課題とは?
就職支援サービス「マイナビ」の運営事務局が、学歴フィルター“疑惑”のメールを就職活動中の学生に送信していた問題で、ひろゆきこと西村博之さんが、自身の公式Twitterアカウントに「嫌なら勉強して良い偏差値の大学に入ればよい」との持論を投稿した。(2021/12/8)

PR:「大豆」が日本から消えた!?→しょうゆ、味噌、どれも全部食べられなくなり…? コミカルミステリー動画の結末がほっこり&勉強になる
ナゾを解くキーワードは、「Returning home(里帰り)」。(2021/12/15)

PR:“デジタル人材に頼り切り”からの卒業――全社員がデータサイエンティストになれるノーコードAI構築の可能性とは?
発展目覚ましいデータサイエンス分野において、広く企業へ導入が進んでいるのがAI(人工知能)である。人材マネジメントやOCRなど多様なツールに導入されているAIだが、実は「自分で作り、業務に活用できる」ことを知っているだろうか? AI・機械学習の第一人者であり、ヒューマノーム研究所でAI構築ツールを開発する瀬々潤氏に話を聞いた。(2021/12/8)

最も多い学習方法は「書籍」:
約6割が「プログラミング学習を始めて3カ月以内に挫折を経験」 initがプログラミング学習に関して調査
initは2021年11月20日、プログラミング学習に関する調査結果を発表した。それによると86%が「プログラミング学習で挫折を経験したことがある」と回答した。(2021/12/7)

訓練なしにWebサイトを最大2倍速く読めるように Chrome用拡張機能を無償公開 日本ユニシス
日本ユニシスはがWebサイトの文字を読みやすくする「Google Chrome」用拡張機能プラグインを、2022年2月28日まで無償公開する。特別な訓練なしに文章を読むスピードが約1.5〜2倍に上がるとしている。(2021/12/6)

oricon MEの調査:
小学生向け学習教室の満足度ランキング 3位「KUMON」、2位「学研教室」、1位は?
oricon MEは、オリコン顧客満足度調査「幼児・小学生学習教室」「幼児教室知育」「家庭教師」ランキングを行った。「幼児・小学生学習教室」ランキングの1位は2年連続で「花まる学習会」だった。(2021/12/6)

製造現場向けAI技術:
PR:学習データの作成からデプロイまで、ノーコードで完結。画像認識AI開発の“内製化”によるベネフィットとは?
製造業がAI導入を進める上で最も注目しているのが、検品・検査工程における精度向上や自動化/省人化だ。その際に必要になる、画像認識技術の導入やAIモデルの開発を“自社で内製化”できるのが、今回紹介する『AI・画像認識ワークステーション「タクミノメ」』である。国内屈指のデータサイエンスカンパニーであるALBERTとAIプラットフォームの構築で国内有数の実績を持つNTTPCコミュニケーションズの共同企画製品として、2021年11月25日にリリースされたばかりだ。クラウドと異なり、ランニングコストの負担から解放される上に、セキュリティの観点からもデータを社外に出す心配がなくなる。また、AI開発の外部委託が不要になるメリットはかなり大きい。製造業にとってAIはいよいよ身近なものになろうとしている。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。