連載
» 2012年05月22日 18時10分 UPDATE

あなたの不安、見積もります:Gmailの「ラベル」が素早く使えるメールアプリ「Sparrow」が便利

少し前に話題になったiPhone用メールアプリ「Sparrow」。ダウンロードしてみると便利じゃないですか。Gmailの「ラベル」が素早く使えるところがよかったのです。

[佐々木正悟,Business Media 誠]

 少し前に話題になったiPhone用メールアプリ「Sparrow」(250円)をご存じでしょうか。おしゃれなデザインや優れたインタフェースが特徴のSparrowですが、あまり見た目にこだわらない私にとって、そうしたことは大事なことだと思う半面、それほど使いたいと思っていませんでした。ところがダウンロードしてみると、なるほど便利。おしゃれなのはおいておくとしても、まずGmailの「ラベル」が素早く使えるところがよかったのです。

st_sa01.png Sparrow

 私は特に「予定」というラベルを付けて、外出先で使いそうなメールをiPhoneで読むようにしています。SparrowではこのGmailのラベルへの移動がとてもスムーズ。航空機のチケット予約番号の確認メールや、編集者と打ち合わせする喫茶店までの地図がついているメールを確認したい――。予定ラベルのメールを読むのはこんな感じで、だいたいちょっと慌てているときなので、スムーズに移動できるととても便利なんですね。


st_sa02.pngst_sa03.png 左が予定ラベルを選択しているところ。右がやり取りの一覧画面

 蛇足ながら伝えておきますと、私は通常こういう情報をメールでは確認しません。Evernoteの検索やPastbot(350円)で確認します。それらで確認が取れなかったとき(つまりうっかり必要な情報を用意できなかったとき)に、最終手段としてメールを確認します。だからこそ、この状況でメールの読み込みに時間がかかるようでは困るのです。

st_sa04.png メール本文

 予定ラベルのメールは、やりとりが頻繁に発生したものも多いのです。ですので、予定ラベルを付けておいても、即座に必要な情報にたどり着けないこともしばしば。そもそも本当に必要な情報がメールに入っていたかどうかも定かではありません(たいてい入ってはいますが)。従って、ラベルをクリックするとやりとりを一望できるならそれに越したことはないのです。

 こうした一連の操作を素早くできるのがSparrow。頻繁にこの機能を使うわけではありませんが、いざ使うときほど重宝します。例えば、やりとりを全部確認したいとき、検索するよりも早いのではないでしょうか。

 余裕がまったくなくなると、妥当な検索ワードを思いつくことすらできなくなってきます。そういうときには、原始的でも、リストを上から順番に読んでいくくらいしかできなくなってくるのです。リストをとにかくスクロールさせれば、関連メールをスムーズにどんどん読み込んでいけるというのは、いざというときには助かるものです。


先月の木曜日:「Evernote Food」は使ってる?

 先月の連載で触れたアプリやサービスを振り返って、筆者がまだ利用しているかどうかを赤裸々に告白するコーナー「先月の木曜日」。今回は「Evernote Food」がターゲットです。

 残念ながら、Evernote Foodは徐々に使わなくなってきています。全く使わないということではありませんが、ほとんど使っていません。理由は、なぜか読み込みに時間がかかることです。挙動が高速であれば使うんですけどねえ……。

書籍『記録するだけでうまくいく』のご紹介

記録するだけでうまくいく

 「領収書をすぐ失くしてしまう」「ランニングはいつも三日坊主」「仕事の段取りが苦手」「読んだ本の内容が思い出せない」「ダイエットが続けられない」――。そんな日々のモヤモヤも、ライフログをつければ全て解決できます。そんなライフログの付け方を学べるのが本書『記録するだけでうまくいく』です。

 ライフログとは、自分の毎日の仕事や生活、行動を記録すること。スマートフォンの普及とともに、近年急速に広まっています。「なんでも記録するのって大変そうだけど、何の役に立つの?」。そう思う人もいるかもしれません。

 確かに、紙のノートに1円単位で収支を記録したり、ありとあらゆる写真を撮ったり、アルバムに整理したりするとなれば、膨大な時間とお金が必要です。しかし、スマートフォンがある今、写真はその場で撮ればOK。整理といっても「タグ付け」や「クラウドにアップロード」するだけなのです。

 ライフログとは記憶のバックアップ。「体験を再生できる」「記憶力が良くなる」「仕事に役立つ」「習慣を作り、自分の成長につながる」「体験を共有できる」「整理できる」――。今まで仕事や生活に役立つとされてきた断片的な記録をトータルにバックアップしてくれるもの、それがライフログなのです。スマートフォンをお持ちなら、今日からでもライフログを始められますよ。

筆者:佐々木正悟

ts_shogo_sasaki.jpg

 心理学ジャーナリスト。専門は認知心理学。1973年北海道生まれ。1997年獨協大学卒業後、ドコモサービスに派遣社員として入社。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、2004年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。著書に、『スピードハックス』『チームハックス』のほか『ブレインハックス』、『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』、『やる気ハックス』などがある。「シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌」にて「心理ハック」を連載中。ブログ「ライフハックス心理学」主宰。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ