ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「考え方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「考え方」に関する情報が集まったページです。

Social Media Today:
超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも、イーロン・マスク氏の考え方は、あなたと異なるかもしれない。(2022/5/20)

「インフレの影響を軽く見ているCEOがいる」:
世界のCEOの関心は「メタバースよりもサステナビリティ」 ガートナーがCEOを対象にした調査の結果を発表
ガートナージャパンは、世界のCEOと上級経営幹部を対象に実施した調査結果を発表した。それによると「環境サステナビリティ」がビジネス優先課題のトップ10に入っており、Gartnerは「人材や価格、生産性などに関するCEOの考え方が、2022年に大きく変化することを示している」としている。(2022/5/20)

Q&A 総務人事の相談所:
「残業ゼロでいいなら入社したい」 優秀な新卒の“残業免除”は不公平か?
働き方改革の影響で「残業」に対する考え方も変わりつつある。入社を希望する内定者から「趣味の活動があるので、残業できない」と相談があった。優秀な人材のため、ぜひ入社してほしいが、残業している社員に対して不公平な気もする……。人事部としてどのように対応すべきだろうか?(2022/5/16)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(11):
3Dモノづくりに役立つ資格を取得したいが、どう取り組めばよいか分からない……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第11回のテーマは「“3Dモノづくり”に役立つ主な資格試験の概要と具体的な取り組み方」だ。(2022/5/16)

連載「情報戦を制す人事」:
重要ポストなのに、後継者がいない──管理職“候補”不足の企業が始めるべき「サクセッションプラン」とは
管理職“候補”不足で、数年後には管理職が不足する──そんな課題に、企業はどう対処しておくべきでしょうか。人材不足に陥らないための「サクセッションプラン」の考え方と、その方法を解説します。(2022/5/13)

レガシーコードから脱却するための最適解(3)
ユーザー企業のモダナイゼーションをユーザーと共に歩むSIerに必要な変革とは?
モダナイゼーションをはじめとするDXの推進にはまだまだ課題がある。いかに新しい考え方や技術を取り入れていくかが解決のポイントになるが、その鍵を握るのがSIerだ。DXの成功を左右するSIerには、いま何が求められるのか。(2022/5/9)

リクルート事例で分かる数理最適化入門(2):
料理来るの遅いなぁ――数理最適化で飲食店のビジネス課題「調理遅れ」を解決できるのか
リクルートにおける数理最適化の応用事例を通じて、数理最適化とは何か、どのようにビジネスに応用できるのかを紹介する連載。今回は、飲食店の最重要課題の一つ、「調理遅れ」を数理最適化で解決する際の考え方やポイントなどについて解説する。(2022/5/10)

グリーンモビリティの本質(3):
勝ち残るためのCASEを超えて、社会コストを低減する「全体最適」への協力を
本章では、社会コストの低減に向けた全体最適の実現の考え方と最新トレンドの見立てを紹介する。(2022/5/9)

寝かしつけに悩む新米ママを救った、4人を育てた姉のアドバイス 赤ちゃんの気持ちに注目した“考え方を変える一言”がすてき
ナイスな発想の転換。(2022/4/29)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【中編】
有事に適応できる企業、できない企業の違い 「レジリエンス」を高める秘策は
予測が困難な時代は「いかに状況に適応できるか」が重要な鍵を握る。サプライチェーンのレジリエンスを高め、不慮の事態が生じてもいち早くビジネスを立て直すための考え方について、IDCに聞いた。(2022/4/28)

“デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー”ではじめるDX2周目:
第5回 ソフトウェア開発の英知を組織運営に適用せよ
変革のマネジメントのために必要なのが「組織アジャイル」。ソフトウェア開発領域での概念である「アジャイル」という考え方と振る舞い、その仕組みを開発以外の業務、事業、組織運営に適用している。(2022/4/25)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「未来を創る種」データに光を当て世界を輝かせるのがLumadaの存在意義――日立Lumada Innovation Evangelist澤円氏
Lumada Innovation Evangelistになって約1年。日立の「中」の人になったことによって新たに知った日立のポテンシャルと、あらゆるビジネス領域において参考になるデータ戦略の考え方とは。(2022/4/20)

曖昧な「ウェルビーイング」への向き合い方 従業員の“幸福度”を上げる施策の実践方法とは?
従業員の幸福を重視する「ウェルビーイング」の重要性は認識しつつも、曖昧な考え方をどう施策に落とし込めばいいか悩むことがある。今回はウェルビーイング向上を実現する方法を紹介する。(2022/4/15)

非デザイナーも知りたいデザインの基礎、エイチームが社内研修資料を公開
エイチームが、デザインに関する社内研修資料を公開した。デザイナー以外の職種も対象に、デザインの基礎的な考え方を説明。「デザイナーと一緒に働く人や、デザインに興味がある人の役に立てるのでは」という。(2022/4/14)

家事は家族全員で:
「おかずを作り置き」6年で13ポイント増 既婚女性に聞いた
日本能率協会総合研究所は、20〜79歳の既婚女性に「家の仕事」をテーマとした調査を行った。「家事は家族全員が行うものである」という考え方に、自分の気持ちがあてはまる人は58.2%だった。(2022/4/14)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(10):
3Dモノづくりで失敗しないための道具(ツール)選びのポイントとは?
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第10回のテーマは「3Dモノづくりで失敗しないための道具(ツール)選び」だ。(2022/4/14)

セキュリティにも「シフトレフト」を【前編】
「シフトレフト」とは? ソフトウェア開発“セキュリティ改革”の切り札
ソフトウェア開発の企業はセキュリティの「シフトレフト」の考え方を取り入れれば、効率を上げながら攻撃のリスクを減らせる。シフトレフトとは何か。メリットや課題も含め解説する。(2022/4/14)

子どもが今までで1番喜んだ「お弁当」の中身は…… 「手をかけたその分だけ喜ばれるもんではない」「あるある」と共感の声集まる
手抜きではなく「手間抜き」という考え方。(2022/4/13)

「どこからでもサービス提供」の視点【前編】
独自ルールにこだわるIT部門に足りない「発想の転換」 Gartnerが指摘
働き方が変わることと同時にビジネスニーズも変化している。IT部門はこの変化に対処するためにどうすればいいのか。そのためには従来の考え方を捨てて、新しい戦略を取り入れることが求められる。(2022/4/13)

大山聡の業界スコープ(52):
半導体業界における中国との付き合い方を「いま」考える重要性
中国と日本はどのように付き合うべきなのか。特に日系企業は今、何を考えるべきなのか。中国との付き合い方、考え方について、整理してみたい。(2022/4/12)

2万円の節約になってもお弁当を作らない理由 「ランチの楽しみは“心の健康維持”に必要」という考え方に共感の声
どちらにも長所短所がありますので、使い分けが肝心でしょう。(2022/4/13)

3歳息子が突然「ママ嫌い」「カギの部屋に入ってなさい」と言い出して…… 「試し行動」を繰り返す子どもと向き合うママの考え方が参考になる
大人の愛情を確認したい時などに見られる行動です。(2022/4/7)

セキュリティ分野へ本格参入:
「責任共有モデルでなく運命共有モデル」 Google CloudのMandiant買収につながる戦略
Google Cloudは2022年3月、セキュリティベンダーのMandiantを買収すると発表した。実現すれば、Google Cloudによるセキュリティビジネスへの本格参入を象徴する出来事になる。同社は、クラウドセキュリティは運命共有モデルに基づくべきだという考え方を強調している。(2022/4/5)

パートナー企業との協働を成功に導く4つのステップ【前編】
取引先との共同作業をスムーズにするツールは「協働レベル」で見極めよう
取引先との共同作業をスムーズに進めるために、適切なコミュニケーションツールを選ぶのは重要な要素だ。ツール選定の指標となる「協働レベル」の考え方とは。(2022/4/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
並行在来線会社名「ハピラインふくい」 未来に“福”はやって来るのか
2022年、日本の鉄道は開業150周年を迎える。長い歴史ゆえに保守的な考え方に支配されやすい。しかし第三セクター鉄道会社は「道南いさりび鉄道」「IGRいわて銀河鉄道」など、保守的な考えを破ってきた。そして22年7月、新たなキラキラネーム会社が誕生する。「株式会社ハピラインふくい」、愛称「ハピライン」だ。(2022/4/2)

いまさら聞けないスマートファクトリー(17):
スマート工場化の効果を経営陣にどう示すべきか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。第17回では、スマートファクトリー化でよく課題だと挙げられる「経営陣の巻き込み」について紹介します。(2022/3/31)

今日のリサーチ:
B2B営業最新事情 「訪問とリモートどちらでもいい」が前年比1.5倍に――HubSpot Japan調査
HubSpot Japanによる定点調査。「非対面」が常態化した今日、B2Bにおける売り手と買い手それぞれの考え方にも変化が生じているようです。(2022/3/31)

CIOはDXをけん引するパイロット【後編】
“エンジニア型CIO”から今すぐ脱却を DXを成功させるCIOの条件
DX推進を成功させるためには、CIO(最高情報責任者)にはどのような能力や考え方が必要になるのか。調査結果を基に探る。(2022/3/31)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

AI・機械学習の用語辞典:
人間中心のAI(HCAI:Human-Centered AI)とは?
用語「人間中心のAI」について説明。人間の能力を機械(AI)に置き換える「自律的なAI」のアプローチよりも、機械(AI)を使って人間の能力や体験を向上させる「人間中心のAI」のアプローチの方が大切だとする、AIの研究/構築方法に関する考え方を指す。その考え方では、「人間と機械の相互作用」および「人々や社会への倫理的な影響」に関心を向けることも重要視される。(2022/3/30)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【後編】
「Wi-Fi 6E」を大歓迎する人、「Wi-Fi 7」まで待つ人 それぞれの考え方
専門家は2023年には部品不足が解消され、「Wi-Fi 6E」の導入が進む可能性があるとみる。ただし「Wi-Fi 7」が登場しようとする中では、Wi-Fi 6E導入が妥当かどうかの判断は簡単ではない。企業はどうすればいいのか。(2022/3/28)

テレワークとオフィスワークを使い分け可能に
リモートアクセスが大前提、新しい働き方でも使えるノートPC/回線の考え方
オフィスにほとんど人がいない風景は今や当たり前になった。一方でオフィスワークに戻る可能性もあり、テレワーク環境の取り組み方は企業を悩ませる。オフィスワークとテレワークを自由に行き来できる環境整備のために何が必要なのか。(2022/3/30)

もう境界型セキュリティでは守り切れない
事例で学ぶ、クラウド&テレワーク時代の「特権アクセス管理」
クラウド利用や社外で働くワークスタイルが一般化した昨今。セキュリティ脅威も巧妙化し、従来の境界型防御ではシステムの安全を守り切れなくなってきた。今必要な特権アクセス管理の考え方を、事例を通して紹介しよう。(2022/3/23)

異なるタスクに対応できるAI
自己教師あり学習は、「考え方を考える」強いAIを実現するか?
既存のAIは特定のタスクに特化しており、他のタスクに応用できない。IIIMが目指すのは自律的に学習して異なる複数のタスクに対応できる「強いAI」の実現だ。その研究・開発動向を紹介する。(2022/3/22)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【後編】
“稼ぐフリーランスエンジニア”が身に付けている「考え方」と「スキル」
フリーランスエンジニアがより多くの利益を得るためには、見込み客との交渉にどう臨めばよいのか。どのようなスキルが必要なのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/3/18)

数学×Pythonプログラミング入門:
[数学×Python]再帰呼び出しをマスターしよう
再帰に対して多くの人が持つであろう苦手意識を払拭(ふっしょく)するために、再帰の基本から、その考え方とプログラミングの方法を見ていく。動的計画法を利用した最小コストの計算法などについても紹介する。(2022/3/17)

2022年の熱いIT投資先【前編】
できるCIOは「スプリント」を重視――Gartnerが描く“未来志向”のCIO像
IT支出は増加し、数年単位で進行するプロジェクトが主流になる――Gartnerは2022年のIT支出動向をこう予測する。こうした中でCIOに求められる考え方とは。(2022/3/11)

対談企画「女性活躍って、誰目線?」後編:
多くの女性が悩む「キャリアの優先順位」は、どう決めてきた?──リクルート執行役員・柏村氏×サイバーエージェント専務執行役員・石田氏
多くの女性が悩む「キャリアの優先順位」を、リクルート執行役員 柏村氏・サイバーエージェント専務執行役員 石田氏は、どう決めてきたのか? 対談の後編では両氏のキャリアに対する考え方などをお届けする。(2022/3/9)

週休3日で年収1000万円!? 夢のスタートアップが挑む、生産性向上へのあくなき探求
2017年の創業時から、全社員が週休3日制で働いているスタートアップ企業がある。無人ストアを展開する600社だ。代表の久保氏に、週休3日制を始めた理由と、働き方への考え方を聞いた。(2022/3/8)

ハイブリッド/マルチクラウドを使いこなす:
PR:増え続けるデータを効果的に活用するために――クラウドストレージ基盤の理想像を考える
データ活用に注力する企業が増え、ストレージのハイブリッドクラウド/マルチクラウド化が進んでいる。「FinOps」という新たな考え方を含め、企業が抱えるストレージの課題とそれを解決するために活用すべきサービスの在り方を、ネットアップのポートフォリオを例に考える。(2022/3/3)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(9):
3Dデータを他部門にも共有して全社でうまく活用したい……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第9回のテーマは「3Dデータの共有/活用」についてだ。(2022/3/2)

工場ネットワーク:
PR:広がる工場の無線化、配線レスやモビリティ活用などの価値を得るために必要なもの
スマート工場化が加速する中で「工場内ネットワークの無線化」に大きな注目が集まりつつある。さまざまな価値を生む無線化だが、実現するためにはさまざまな安定性や信頼性など課題も存在する。これらの課題を解決する仕組みや考え方について、工場向けネットワークへの取り組み強化を進める日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 ビジネス開発営業本部 本部長の安藤博昭氏と、同第二技術部 部長の天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談を行った。(2022/3/2)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 曽山哲人氏:
戦略人事“8つの鉄則”──サイバーエージェントの変革期を支えたCHOが語る心得
サイバーエージェントを変革期から支えてきた常務執行役員CHOの曽山哲人氏。経営に貢献する人事になるには、「8つの考え方」が必要だと話す。それは何か──。(2022/3/1)

SAP×関西エリアの成長ストーリーに密着:
PR:SAP人材の「成長への次の一手」とは? SAPエンジニアやコンサルタントとして、さらなる高みへ踏み出す方法
SAP製品を扱うエンジニアやコンサルタントの成長の仕方が多様化していることをご存じだろうか。SAPを極めるキャリアを目指すか、それともSAPを主軸として他のソリューションやプラットフォームの技術や知識の幅を広げるキャリアを目指すか。成長への考え方は人それぞれだ。SAPの現場経験を持つ若手エンジニアやコンサルタントには、どのような具体的な可能性があるのだろう。関西で活躍している2人のSAP人材の対談を通して、これからの成長の在り方を模索する。(2022/2/17)

1Dモデリングの勘所(4):
1Dモデリングの方法にもさまざまなアプローチがある
「1Dモデリング」に関する連載。連載第4回では、本題である1Dモデリングの方法を取り上げる。まず、1Dモデリングの方法には大きく「モデル生成」「低次元化モデリング」「類推モデリング」の3つのアプローチがあることを説明。特に本稿では1Dモデリング固有の考え方としての類推モデリングについて詳しく解説する。(2022/2/21)

工場セキュリティ:
PR:セキュリティ対策が取引条件に入る時代へ、工場に必要な3つの視点と3つのステップ
スマート工場化を進める中で課題となっているのがセキュリティ問題である。認知は広がる一方、独力で対応を進めるのが難しい工場は取り組みあぐねているのが現状だが、工場ではどのような考え方でセキュリティ対応を進めていけばよいのだろうか。OT(制御技術)領域のセキュリティ専門家に、進める上での考え方と、3つのステップについて聞いた。(2022/2/16)

中部電力執行役員経営戦略本部部長 佐藤裕紀さん 海外投資4000億円 東欧・ロシアを注視
市場に向けて明確に海外事業の考え方が伝わり、結果として事業の創出機会が増えている。(2022/2/10)

AI・機械学習の用語辞典:
データ中心のAI(DCAI:Data-Centric AI)とは?
用語「データ中心のAI」について説明。性能を向上させるために、モデルやアルゴリズムを改善する「モデル中心」のアプローチではなく、機械学習ライフサイクル全体を通じてデータを改善する「データ中心」のアプローチの方が大切だとする、AIの開発方法に関する考え方を指す。(2022/2/10)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(8):
思ったようにフィレットがかけられず設計作業が進まない……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第8回のテーマは「フィレット作成の基本的な考え方」についてだ。(2022/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。