ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「考え方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「考え方」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
マイクロソフトが狙うのは「CopilotのWindows化」? プライベートイベントの取材から考察
マイクロソフトが生成AIに関する最新の取り組みをプライベートイベントで明らかにした。その内容と根本にある考え方を紹介しつつ、エンタープライズアプリ市場における競争のポイントを探る。(2024/2/26)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「スクラム」と「カンバン」の違いとは? アジャイル型開発手法を徹底比較
「スクラム」と「カンバン」は、どちらも「アジャイル」型開発を実践するための開発手法だ。それぞれの考え方や進め方の違い、適する用途を紹介しつつ、両者の“いいとこ取り”をする方法を探る。(2024/2/22)

1100人に調査:
「休日は対応しない」3割 つながらない権利、進展してる?
「つながらない権利」への関心が高まる中、国内でも「就業時間外は業務に対応しない」という考え方を持つ人が増えていることが、NTTデータ経営研究所の調査で分かった。(2024/2/9)

各原則が推奨する個々の設計プラクティスについて学ぶ:
オブジェクト指向設計の5つの原則「SOLID」を解説
TechTargetは、「オブジェクト指向設計の原則『SOLID』」に関する記事を公開した。本稿ではSOLIDの入門編として、この開発体系を具現化する5つの原則、各原則が推奨するプラクティス、そしてこの考え方が重要である理由について説明する。(2024/1/30)

真っ白な部屋にインテリアのプロが手を加えたら……? “統一感とメリハリ”意識で印象激変に「真似したい」
模様替えのときの「統一感」と「メリハリ」の考え方が勉強になる!(2024/1/26)

「Microsoft 365 Backup」が登場【前編】
「Microsoft 365 Backup」はクラウドの“責任共有モデル”を揺るがすのか
クラウドサービスのデータ保護の責任はユーザー企業にある――。これがクラウドサービス利用時の“常識”となっているが、「Microsoft 365 Backup」はその考え方とは異なるものになる可能性がある。(2024/1/24)

「もしサイバー攻撃を受けたら?」を考えたことはありますか ITセキュリティの新常識「サイバーレジリエンス」を理解する
セキュリティの注目ワード「サイバーレジリエンス」について解説。新しい考え方が求められる背景と合わせて説明する。(2024/1/25)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(6):
3Dプリンタ活用によるサステナブルなモノづくり事例
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第6回では、3Dプリンタ活用によるサステナブルなモノづくり事例について紹介する。(2024/1/22)

NaaSの本質と誤解【第2回】
なぜ今「NaaS」なのか? 2010年代とは違う“2つの変化”とは
NaaSという考え方は以前からあったが、企業からの関心が強くなってきたのは近年だ。背景には、企業ネットワークに起きた変化がある。(2024/1/22)

ITエンジニアが投票した「ITエンジニア本大賞2024」発表 単体テストの考え方/AWS運用ノウハウ/ プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる、など
ITエンジニアが投票によって技術書やビジネス書を選ぶ「ITエンジニア本大賞 2024」の結果が発表された。(2024/1/17)

B2Bマーケターのための広報入門【第5回】:
広報を迷わせる5つの理由とその解決方法
広報業務はマーケティングとは似て非なるものです。故にその効果測定のあるべき形に悩む人は少なくありません。課題解決のヒントとなる考え方を紹介します。(2024/1/15)

仕事関係の飲み会 60代の55%は「飲酒不要」と回答、20代は?
一緒に飲み会をしたい相手や頻度など「仕事関係での飲み会」に関する調査の結果、年代によって考え方が異なる傾向が見られた。(2024/1/4)

前編:
2024年、生成AIはどう進化する? 「カスタマイズ」「マルチモーダル化」から考える
ChatGPTの登場を発端に生成AIが一大トレンドとなったこの1年。ビジネスパーソンの仕事の仕方、仕事に対する考え方にも大きな影響をおよぼした。2023年生成AIを「ビジネス活用」の視点で振り返り、24年にはどう進化していくのかを予測した。(2023/12/29)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
IT企業が押さえておきたい原価計算の考え方、ソフトウェアは資産計上できる?
物理的な製品を作らず、在庫を持たないIT企業においては、一般的な企業と原価計算の考え方が大きく異なる。それでは会計・税務処理に当たり、IT企業はどのような点に留意して決算書を作成すればよいのか。ポイントを解説する。(2023/12/21)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(21):
【最終回】CAEと計測技術を使った振動・騒音対策の総まとめ
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。最終回となる今回は、これまでの内容を振り返りながら、連載の重要ポイントをおさらいする。(2023/12/20)

米飲料メーカーのERP導入 上手な製品選定に必要な考え方とは
米飲料メーカーのTalking Rainは既存システムの限界を感じ、ERPの導入を決めた。プロジェクトを導いたホーナー氏は、製品選定において重要なことは慎重かつ綿密な計画だと話す。(2023/12/15)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(20):
騒音シミュレーション事例
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第20回では、騒音シミュレーションの事例をいくつか紹介する。(2023/12/13)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(8):
いま必要な製造現場のBCPとは 複雑なリスクに耐える組織づくりの考え方
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/12/12)

ZuoraのCEOに聞く:
サブスクリプションは「定額制」ではない 頭打ち感を打破して成長し続けるための考え方
サブスクリプションエコノミーの拡大が続くが、市場が飽和する中で淘汰も起こり始めている。停滞を打ち破って飛躍するために今何が必要なのか。ZuoraのCEOでベストセラー書「サブスクリプション」(ダイヤモンド社)の著者でもあるティエン・ツォ氏に聞いた。(2023/12/11)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「ゼロトラスト」の導入が進まない“本当の理由”
ゼロトラストの考え方に注目が集まっている。ゼロトラストを具現する製品・サービスの導入を検討する動きは拡大傾向にあるものの、実践は容易ではない。その理由を考察する。(2023/12/6)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(3):
ステップダウン形DC/DCコンバーターの設計(1)
今回はこれまで説明した2つの式を使って基本的なステップダウン形DC/DCコンバーターを設計していきます。また最後に前回の課題の1つの考え方を示します。(2023/11/27)

水素・アンモニアサプライチェーンの構築支援策:
水素と化石燃料の差額を支援する「値差支援制度」、価格面などの詳細案が明らかに
水素やアンモニアなどのサプライチェーン構築の促進に向けて、化石燃料の価格差分を支援する「値差支援制度」の導入を検討している。このほど同制度の具体化に向けて、基準価格などの考え方について詳細な方針が示された。(2023/11/24)

拝啓、インシデント対応の現場より:
なぜランサムウェア対応は難しいのか? “復旧”できても“安心”できないワケ
インシデント対応の現場で長年働いてきた筆者が、ランサムウェア対応の難しさや現場で見てきた被害事例、対応する上で特に重要な考え方を解説します。(2023/11/30)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(19):
吸音材と遮音材を使ったら騒音を何デシベル低減できる?
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第19回では、吸音材と遮音材を使ったら騒音を何デシベル低減できるのかを計算してみる。(2023/11/21)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(18):
騒音低減技術の基本「遮音」と「吸音」を理解する 〜遮音について〜
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第18回では、騒音低減技術の基本である「遮音」と「吸音」のうち、遮音について取り上げる。(2023/11/16)

「電気通信事業法の改正ではNTTは規制できない」 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルがNTTの主張に再反論
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの3社が、NTTが11月7日に発表した「NTT法のあり方についての考え」についての見解を発表した。NTTは電気通信事業法で規制ができるとのスタンスだが、3社は「現実的ではない」と反論。ユニバーサルサービス(電話サービス)の考え方についても食い違いが見られる。(2023/11/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ドラッカーに学ぶ「部下に成果を上げさせるために、上司がするべきたった1つのこと」とは?
「マネジメント」という概念を一般に広めた経営学者、ピーター・ドラッカー。著書『マネジメント』などで語られている彼の言葉には、21世紀の現代にも通じる経営に役立つ考え方がつまっている。ドラッカーの理論で経営チームのコンサルティングを行う山下淳一郎氏に、3回にわたりドラッカーの教えに基づいた部下に成果をあげさせるための方法を学ぶ。(2023/11/14)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(6):
PLMでプロダクト単位の損益を見る、設計と経営をつなぐモノづくりの考え方
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第6回は設計と経営をつなぐ上で必要となる考えと、そのためになぜPLMが必要かを解説する。(2023/11/14)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(5):
3Dスキャナーを活用したサステナブルなモノづくりとは
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第5回のテーマは、サステナブルなモノづくりと3Dスキャナー活用の関係性についてだ。(2023/11/6)

Marketing Dive:
マクドナルドに次ぐ全米2位に躍進したハンバーガーチェーンのCMOがテイラー・スウィフトに学んだこと
ハンバーガーチェーンのWendy'sでグローバルCMOを務めるカール・ロレド氏は「Advertising Week New York」のパネルディスカッションで、同社のマーケティング戦略の考え方について語った。(2023/11/2)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(17):
騒音低減技術の基本「遮音」と「吸音」を理解する 〜吸音について〜
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第17回では、騒音低減技術の基本である「遮音」と「吸音」のうち、吸音について詳しく取り上げる。(2023/10/23)

スクラムとカンバンの違い【第2回】
アジャイル型開発の「カンバン」には“あれ”がない? スクラムとの主な違い
「カンバン」はアジャイル型開発を実現する開発手法だ。根幹にある考え方や進め方は「スクラム」とどう違うのか。スクラムにあってカンバンにないものとは。(2023/10/21)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(8):
技術者なしのマーケティングはあり得ない! 巻き込みに必要な考え方
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。(2023/10/16)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(3):
ユーザーに危害を加えない設計をしていますか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントについて解説する。連載第3回は、製品の設計に欠かせない考え方である設計品質のうち「安全性」を取り上げる。(2023/10/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの未来を全部見せます
トヨタ自動車は、国内のメディアを招待し、愛知県内の3つの工場、貞宝工場、明知工場、元町工場で、トヨタの未来技術とその考え方を公開した。具体的にいえば、デジタル技術を軸とし、個々の製造技術の大幅な刷新がそれに加わるとどうなるかを示したものだ。(2023/10/16)

やさしいデータ分析:
[データ分析]円グラフやパレート図で「重要度」を可視化 〜 どの割合が本当に多いのか?
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第9回。グラフを利用して「重要度」を可視化する方法と、それに関連するさまざまな考え方を追いかけます。具体的には円グラフやパレート図、積み上げ棒グラフなどを使いますが、データの取り扱い、結果の見方などに関して、考慮すべき点や見落としがちな点について、ケーススタディーを通して見ていきます。(2023/10/12)

IT経営者の本棚:
179億円調達の法務SaaS企業、経営陣の本棚を覗き見  愛読書は?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、法務向けSaaSを手掛け、10月までに179億円の資金を調達しているLegalOn Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2023/10/11)

「AI普及」の課題を指摘:
日立社長「生成AIは歴史上のブレークスルー」 “電力需要6倍”にどう対処する?
日立製作所の小島啓二社長兼CEOは生成AIに対する日立の考え方を明示した。日立が生成AI開発にどのようなビジョンを抱いているのか。筆者がレポートする。(2023/10/11)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(16):
騒音低減技術を説明する前に騒音計の使い方をおさらいする
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第16回では、騒音低減技術について触れる前に、騒音計の使い方についておさらいする。(2023/10/10)

人的資本経営って面倒? いやいや「人事のやりたいこと」をする“武器”になる! 歓迎すべき理由とは
人的資本経営のストーリーを使えば、人事施策を説明しやすい――人的資本の考え方を“うまく使うコツ”を、デロイト トーマツ コンサルティングの執行役員が解説します。(2023/10/4)

おばたのお兄さん、育児で“1番最悪なこと”に共感の嵐 妻・山崎夕貴アナとのチームプレイに「素敵すぎて泣く!!」「旦那に見せます」
すてきな考え方。(2023/9/28)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス:
3つの事業継続リスクで待ったなし、サイバーレジリエンスが今必要なワケ
事業継続リスクに対するITの責任が大きくなっている今、注目を集めているのがサイバーレジリエンスです。ではこれは一体どのような考え方なのでしょうか。まずは企業を取り巻く事業継続リスクを解説します。(2023/9/28)

雇用戦略と人材育成:
PR:才能を引き付けるのは“情熱” 現代のグローバルリーダーに必要な人材育成の考え方
テュフズードジャパンは創立30周年を記念したイベントで「人材育成の先にある成功」と題したパネルディスカッションを開催。企業の成長に寄与する人材育成において経営陣が果たすべき責務と意識改革について、登壇者が熱く語り合った。(2023/9/29)

DXを失敗させないための基本【第4回】
アジャイルの次に考えるべき「プロダクト思考」とは何か?
DXを成功させたい企業において、従業員はどのような考え方を持てばよいのか。ITコンサルティング企業でDXを専門とする人物が説明する「プロダクト思考」とは。(2023/9/23)

地方から始める中小企業のクラウド化
失敗しないクラウド移行 課題の見極めから運用管理までを一気に実現するには
クラウドサービスが普及する一方、予算や人材不足を理由にクラウドサービス利用をためらう企業がある。地方企業の場合、積極的な情報収集が難しい傾向もある。そうした問題を解消し、スムーズなクラウド移行を進めるための考え方とは。(2023/10/30)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(15):
ボールねじを使った1軸リニアアクチュエーターの性能向上
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第15回では、ボールねじを使った1軸リニアアクチュエーターの性能向上について考える。(2023/9/21)

DXを失敗させないための基本【第1回】
「デジタル化とDXはそもそも違う」問題 まず何を理解すべきか?
DXに取り組む企業の中には、従業員が一丸となって推進する企業もあれば、さまざまな課題に迫られてそれができない企業もある。DXをひとごとにしないための考え方を整理する。(2023/9/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(105):
「技術力が大事」だと思っていた元エンジニア でも、30年でたどり着いたのは……
「仕事で大切なのは、技術力だ」と思っているエンジニアは多いでしょう。僕も若いころはそうでした。でも、社会人になって30年たったいま、その考え方はずいぶん変わりました。結局は……(2023/9/20)

やさしいデータ分析:
[データ分析]折れ線グラフで「変化」を可視化 〜 売り上げは本当に上がっているか?
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第8回。グラフを利用して時間的な変化を可視化する方法と、それに関連するさまざまな考え方を追いかけます。具体的には折れ線グラフを使いますが、データの取り扱い、結果の見方などに関して、考慮すべき点や見落としがちな点について見ていきます。(2023/9/14)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(14):
振動形状をスローモーション表示してどこが変形しているかを確認する
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第14回では、時刻歴応答解析と同等の結果が得られる振動測定について取り上げる。(2023/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。