ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「仕事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仕事」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

行政へ不満の声も:
氷河期世代、仕事に関する調査で不名誉な「3冠王」 バブル世代、ゆとり世代と比較して悲惨な結果に
Indeed Japanが就職氷河期世代の仕事に関する調査結果を発表。バブル世代、ゆとり世代と比較を行った。非正規雇用の経験率、非正規雇用での転職回数、仕事に関する意識の3分野で、不名誉な「3冠王」となる悲惨な結果に。(2020/1/16)

働き方改革をリードする銀行:
銀行業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 3大メガバンクを抑えて1位になったのは?
「キャリコネ」は、銀行業界の”仕事にやりがいを感じる企業”ランキングを発表した。3大メガバンクを抑えて1位になったのは? 働き方改革をリードするあの銀行だった。(2020/1/16)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【後編】
モバイルデバイスやSaaSがもたらすエンドポイントの真の課題とは?
モバイルデバイスやSaaSを仕事で使うことが一般的になった今、エンドポイント環境に求められる要件も変化している。将来のエンドポイント環境はどうなるだろうか。(2020/1/16)

タイムアウト東京のオススメ:
ワインもナチュラルを選ぶ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/15)

人と仕事のマッチングをサポート:
ITエンジニアになった場合、あなたは心理的に満足できるのか?
メルボルン大学などオーストラリアの研究チームが、さまざまな仕事の人格的な側面を理解することが、自分に合った職業を見つける鍵になることを示唆する研究論文を発表した。デジタル行動には個人の特性や価値が反映されるという作業仮説から始め、「デジタル指紋」を作りあげて、デジタル指紋と職業の関係を調べることでレコメンデーションシステムを作り出した。(2020/1/14)

タクシー運転手「お釣りはいらないよがなくなって寂しい」 キャッシュレス決済の導入で
ミドルシニアお仕事ナビを運営する大成広告社が「タクシー運転手の働きがい」に関する調査を発表。(2020/1/10)

「このお仕事してるから仕方ないとは思ってるけど」 ゆきぽよ、盗撮被害訴え自粛を呼びかけ
たびたび芸能人から被害について言及されています。(2020/1/10)

事業所を原則閉鎖:
大和ハウス工業の社員約3000人がテレワークを実施 リゾートホテルで休暇と仕事も
大和ハウス工業の社員約3000人がテレワークを実施。自宅以外ではサテライトオフィスなども活用する。リゾート地で休暇と仕事を行うワーケーションも実施。(2020/1/10)

チャレンジしやすい環境か:
精密機器業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 2位村田製作所、3位ブラザー工業とソニー、1位は?
「キャリコネ」は、精密機器業界の”仕事にやりがいを感じる企業”ランキングを発表した。2位は村田製作所、3位はブラザー工業とソニーが並んだ。1位は?(2020/1/10)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが年末駆け込みで「ギガホ60GB」キャンペーンを発表――5Gで「ゼロレーティング規制」は無用の長物になるか
世間が「仕事納め」に入ろうとしていたであろう12月27日、NTTドコモが「ギガホ」の通信容量を倍増するキャンペーンを告知した。他キャリアの追従をしづらくする「奇襲攻撃」ともいえるやり方だ。(2020/1/10)

タイムアウト東京のオススメ:
ラーメンマニアのおすすめを食べる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/8)

「円満の向こう側?」「感謝の気持ち以外ありません」 独立のじゅんいちダビッドソン、前事務所への思いを明かす
2020年度の仕事オファーをまとめて引き継がせてくれたとのこと。(2020/1/6)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

Computer Weekly製品ガイド
Uberらの仕事割り当てアルゴリズムは公平・適切か
アルゴリズムによる仕事の割り当ては、従業員にとっても雇用主にとっても恩恵があるかもしれない。だが人材を尊重しながら公正に仕事を割り振ることはできるのか。(2020/1/6)

金爆・鬼龍院翔、GACKTとペアの「格付けチェック!」後Twitterが土下座仕様に 「ヘッダーがダメ押しだった」
仕事が早い。(2020/1/2)

Innovative Tech:
共有空間でも好みの照明環境を 東大が多重化照明「Light'em」開発
画一的な照明だけでは仕事がしづらい。そんな環境でも自分好みの照明が使える方法。(2020/1/1)

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選
筆者の仕事は、いつでもどこでも仕事ができることが強み。それにガジェットを追加することで、もっと仕事の効率が向上する。この記事では、2019年に買ったベストガジェットを6つ紹介する。(2019/12/29)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
ベテラン漫画家が「買って良かったもの」を格付け、納得の1位は……
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/12/28)

マシーナリーともコラム:
50万円の仕事でヤクザに殺されかける愛ちゃんが不憫…… なかよし連載、エクストリーム小学生漫画『秘密のチャイハロ』を読みました
雪江さんのキャラが濃い。(2019/12/28)

Webに欠けた技術は何か:
「なぜWebブラウザ間には互換性がないのか」、Mozillaが開発者ニーズをレポート
Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」の第1回目を実施、レポートを公開した。例えば、米国や中国、インド、ブラジル、フランス、日本、ロシアのWeb開発者が一致して、Webブラウザの互換性維持を仕事の中で最も不満の多い部分だと評価していることが分かった。この他、Webに欠けている技術も分かった。(2019/12/27)

2019年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2019年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つ製品ベスト5をピックアップ。あなたのベスト5は何ですか?(2019/12/27)

システム化したくてもできなかった仕事の「脱Excel」
国内採用実績多数あり、無料ERPで現場のExcel仕事はどこまで解消できるか
ちょっとした集計に、古いオフコンシステムからこぼれた業務に……と、積もり重なり混乱を生む「Excel仕事」の闇。今、関西の企業を中心に多数の実績を持つ無料ERPがExcel仕事を解消するとして注目を集める。その実力を探った。(2020/1/10)

違和感仕事して! 三菱「エクリプス」をベースにランボルギーニ「ガヤルド」を再現した猛者がすごい
事故車両のエクリプスをベースに手作り。(2019/12/26)

ピーナッツの世界に飛び込む
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/12/24)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2019:
学生フォーミュラの「デザイン審査」で何が問われるか、知っていますか
2019年の学生フォーミュラレポートも今回で最終回。実は今大会開催の1カ月ほど前に、2012年大会で横浜国立大学フォーミュラプロジェクトのリーダーを務め、その後中小企業の雄、由紀ホールディングスで開発の仕事をされている曽根健太郎氏から「デザイン審査員さんにインタビューしませんか?」といううれしいお話を頂いた。(2019/12/19)

「山のような仕事が失われましたが……」 笠井信輔アナ、“悪性リンパ腫”公表によるフォロワー激増に思い明かす
笠井さん「その代わりに、新たな人たちとの絆が生まれる」。(2019/12/22)

キャリアニュース:
ITエンジニアの約6割が「技術的スキルだけでは生き残れない」と回答
VSNが、ITエンジニアを対象とした仕事に関する意識調査の結果を発表。「技術的スキルだけでは生き残れない」と55.9%が考えていた。また、今後高めたい能力として、自身で解決策を提案できる「コンサルティング力」を挙げた人が最も多かった。(2019/12/19)

収入、仕事面が自慢の地域も:
「自分は働き者」という人が多い都道府県は? 隣県の“ライバル関係”も明らかに
ソニー生命保険が「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果を発表。働き方や仕事に対する意識の県民性が明らかになった。所得水準や勤務先の多さを自慢に思う地域、「自分は働き者」と考える人が多い地域とは?(2019/12/17)

「忘年会、どこまで付き合う?」影響が分かるフローチャートが秀逸 二次会以降のリスクがひと目で分かる
終盤までいるほど、翌日仕事では使い物にならないし体重は増えるし家族には嫌われる。(2019/12/17)

タイムアウト東京のオススメ:
東京の焼きそばワールドを巡る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/12/17)

あびる優が離婚をInstagramで報告 「今後ともお仕事も子育ても頑張っていきます」
約5年の結婚生活でした。(2019/12/13)

恐れるべきは「天才ハッカー」ではない:
“IT音痴”でも今日からできる! テレワークのセキュリティを高める方法
導入が進むテレワーク。18年には企業の19.1%が導入をしている。いつでもどこでも仕事ができる一方で、情報漏えいなどセキュリティの心配がつきもの。「ITに詳しくないけど、テレワークをしている」という人も少なくないはず。そこで、セキュリティの専門家に“IT音痴”でもできるセキュリティ向上策を聞いた。(2019/12/12)

キャリアニュース:
74.5%が業務コミュニケーションツールでストレスを感じたことが「ある」
ヌーラボが「メンションハラスメント」に関する調査結果を発表した。仕事で使用するコミュニケーションツールで、通知に関連するストレスを感じたことが「ある」と74.5%が回答した。また、送信側より受信側の方がより多くストレスを感じていた。(2019/12/12)

“低体温化組織”をどう変えればいいのか 業務過多とデジタル偏重コミュニケーション
仕事が忙しくて、「同僚とうまくコミュニケーションがとれない」といった人も多いのでは。思いを共有できない組織は、どのように対応すればいいのか。架空企業を事例に挙げて、考える糸口を探っていく。(2019/12/12)

「今誰がどこで」が分からない変革
ワークスタイル変革が招く「従業員の迷子問題」、分散する従業員の見つけ方
今やオフィスが職場とは限らない。組織のワークスタイル変革の推進により、自宅やサテライトオフィス、外出先のカフェなども“職場”になり得る。従業員にとっては自由な環境で仕事ができるが、それによって弊害もある。(2019/12/12)

かわぐちかいじが語るマンガの力【前編】:
大ヒット作『空母いぶき』作者のかわぐちかいじが大病を経て得た「仕事観」
かわぐちかいじさんは1968年に21歳で漫画家デビューして以来、70年代からヒットを連発し、休むことなく作品を世に出し続けてきた日本を代表する漫画家の1人だ。12月10日発売号で最終回を迎えた『空母いぶき』作者のかわぐちかいじさんに、同作品に込めた思いやヒットの舞台裏を聞いた。前編では、『空母いぶき』というヒット作を生み出すに当たって、キャラクターや状況設定をいかにして生み出していったのかに迫る。(2019/12/10)

タイムアウト東京のオススメ:
アートは無料で楽しむ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/12/10)

社会に溶けこむ推し色グッズブランド「OSYAIRO」 これが仕事からのライブ参戦用バッグの最適解か……
どれも「いつものアイテム」にできるのがうれしい。(2019/12/9)

プレミアムコンテンツ:
仕事には「Windows」より「Mac」の理由
ビジネス用デバイスといえば「Windows」搭載PCが主流だったが、「Mac」が急速にその存在感を高めつつある。それはなぜなのか。Macをビジネスに利用するメリットを考察する。(2019/12/6)

就活だけでなく就職後も苦労……:
「世代間格差」が明らかに? 人生、仕事への満足度、ともに「氷河期世代」が突出して最低 対照的に満足度が高かった世代は……
PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」の結果を発表した。人生、仕事とともに「就職氷河期世代」の40代が突出して低かった。つらい時代を乗り越えて就職しても、その後の満足度が低くとどまっているようだ。対照的に、両方とも高い満足度を感じている世代は?(2019/12/5)

建設業界の人手不足を解消へ、ジョブマッチングサービス「ダボる」
スタイル・フリーは、現場仕事の職人不足を解消するジョブマッチングサービス「ダボる」をリリースした。働きたい職人と働き手を探す雇用主とのマッチングを通して人手不足解消を目指す。(2019/12/5)

働く時間の25.5%はムダ! 経済損失は年間で
仕事中に「ムダだなあ」と感じたことがある人も多いはず。では、ムダだと感じる時間の割合はどのくらいなのだろうか。現在、法人営業担当をしている人に聞いたところ……。HubSpot Japan調べ。(2019/12/4)

すぐに仕事をしてはいけない? バイタリティが高い人の傾向
会社に出社して、すぐに仕事をしている人の姿を見ると、「あの人はイキイキしているなあ。きっとバイタリティが高いんだろう」といった印象を受けるが、実はそうでもないことが、電通の調査で分かった。では、バイタリティが高い人にどんな傾向があるのかというと……。(2019/12/3)

タイムアウト東京のオススメ:
ポップなネオンを探す
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/12/3)

高橋名人の仕事哲学【後編】:
高橋名人の働き方 「ゲームは1日1時間」はテレビゲームを“インベーダーハウス化”させない戦略だった
かつて「ファミコン小僧」と呼ばれた子どもたちにはヒーローがいた。高橋名人(60)だ。子どもたちの前では「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めた。大人の顔としてはハドソンの宣伝マンとしてテレビゲームの普及活動に努め、ゲーム史に残る数々の偉業を残している。だが、実はそんな名人も元は口下手であったといい、その素顔についてはあまり知られていない。「名人」本人が自身の仕事哲学について語った。(2019/11/30)

「俺だって、頑張ってる」 家庭と仕事のバランスに悩む父親を主人公にしたアニメ「パパの選択」公開
外部の専門家の大切さが分かる。(2019/12/2)

ニャンちゅう役の声優・津久井教生、腫瘍の摘出手術を発表 診断では「たぶん良性」
ALSを公表し、闘病しながら仕事を続けています。(2019/12/1)

求人誌の「五輪スタッフ募集」に「ボランティアと同じ仕事を有償で?」の声 組織委に同じ仕事なのか聞いた
ボランティアと有償のスタッフは「性質が大きく異なる」との回答。(2019/12/1)

学校に生徒の個人情報は守れるのか 現役中学教員が語る「PCが数台しかない職員室」「私物PC持ち込みは暗黙の了解」
先生だけど、学校のルールを守っていたら「仕事が終わらない」「日付がまわっても帰れない」。(2019/12/21)

大ヒットした前作から受け継いだ“語られるべき姉妹の絆” 「アナと雪の女王2」で描いた“家族の愛”についてクリス・バック監督が語る
「最初から僕たちのなかでアナとエルサが最後どうなるのかというのは見えていたから、それまでの物語を作るのが仕事だった」(2019/11/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。