ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「仕事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仕事」に関する情報が集まったページです。

向井理史上最高の当たり役「わたし、定時で帰ります。」5話 「セクハラしてくる会社と仕事する必要はない」
「本当にあんな飲み会が楽しい?」「相手に気を持たせるレベルでやめてます」同性に嫌われる女の葛藤がリアル。(2019/5/21)

タイムアウト東京のオススメ:
ベストバーでほろ酔う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/5/21)

PR:仕事が山積みで今日も残業……を解決するには? タスクを“見える化”する「FlatTask」
(2019/5/20)

キャリアニュース:
製造業勤務経験者の約6割が1年未満で退職
ディップ総合研究所が「製造業の就業実態」の調査結果を発表した。製造業を辞めたい理由の1位は「仕事のやりがいがない」だった。また、過去に製造業に就いていた人の約6割が、1年未満で退職していたことが分かった。(2019/5/17)

「もし新卒に戻れたら、どんな職業を選ぶ?」調査、かなり大変そうな仕事が1位に
ほんと大変だと思いますけど。(2019/5/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「LOVOT」のプロダクトデザインから学んだ“仕事の流儀”
「線を減らす」というアプローチ。(2019/5/16)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
面接のために仕事を休まなくてもOK? 休日選考会、Skype面接とは
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。2018年度のエンジニア採用市場は前年に引き続き中途採用が活発でした。今回は、休日選考会やSkype面接といった新たな選考方法を紹介します。(2019/5/16)

役割分担、ついにここまで:
「管理職やリーダーの仕事すらアウトソースする時代」がやってきた
「出世や給与をタテに、脅かして仕事をさせる」という古いやりかたが通用しなくなった今、優秀な人をつなぎ止めるためには、ここまでやる覚悟が必要なのかもしれない。(2019/5/16)

Amazon、人間の5倍速で梱包するロボットを配送センターに導入中──Reuters報道
Amazonが人間の4〜5倍の速さで注文品を梱包する機械を配送センターに導入中だとReutersが報じた。Amazonは、これは人員削減のためではなく、人間にはさらに高度な仕事に従事してもらうためだと説明した。(2019/5/14)

仕事ぶりに迫る:
映画のヒット「請負人」、水戸市係長が明かすロケ地の極意
低予算で制作するインディーズ映画の業界で「ヒット請負人」と呼ばれる自治体職員がいる。水戸市みとの魅力発信課係長、平戸正英さん(36)がその人だ。2本の低予算映画を異例のヒットに導き、制作陣からの信頼も厚い。最適なロケ地を選び抜いて作品の魅力を引き出す平戸さんの仕事ぶりに迫った。(2019/5/14)

タイムアウト東京のオススメ:
銀座で飲んだら築地に流れる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/5/14)

PR:IT×人事の技で最適人材の発掘を POSITIVEが導く未来型HR Tech
ITで人事の仕事を変えるサービス、HR Tech。中でもPOSITIVEは社内のあらゆる人事情報を集積・分析し、最適な運用や配置につなげられるという。(2019/5/14)

ZOZO、バイト2000人を新規募集 時給も最高1300円にアップ どんな仕事?
「ZOZOバイト改革」を掲げています。(2019/5/13)

特許検索「J-PlatPat」リニューアル直後“激重”に ベンダーの富士通と共同で改善進む
特許や実用新案などを検索できる「特許情報プラットフォーム」(J-PlatPat)が7日にリニューアルオープンした。オープン直後は“激重”状態で、弁理士などから「仕事にならない」と悲鳴。特許庁は、ベンダーの富士通とともにシステムの改善を進めており、5月13日現在、障害はおおむね解消している。(2019/5/13)

「仕事はそう簡単に手放したらいかんよ」 妊娠中に掃除のおばちゃんがかけてくれた言葉の真意に共感の声
先人の言葉はありがたい。(2019/5/13)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
その定額配信サービス、本当に使ってる?
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/5/13)

浜ちゃんいい顔してる! 小川菜摘と長男のハマ・オカモト、浜田雅功の56歳誕生日を祝福
次男は仕事で来られなかったもよう。(2019/5/12)

モフモフを伸ばすお仕事したい…… 食べちゃいたいくらいモッチモチな猫ちゃんズのほっぺを伸ばす映像が癒やし
一生見ていられる中毒性のある映像。(2019/5/9)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

タイムアウト東京のオススメ:
野外ビールの季節を祝う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/5/8)

食料品業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 1位は「きのこたけのこ」でおなじみ
「キャリコネ」調べ。(2019/5/7)

半径300メートルのIT:
「令和最初の仕事で、メールを開いた瞬間マルウェアに感染」を防ぐ、3つの呪文
10連休が終わり、新元号「令和」の時代がスタートしました。新しい時代に仕事を始める前に、そんな機会を狙う詐欺への対処法をお伝えしたいと思います。(2019/5/7)

広瀬アリスの新人らしい苦悩に共感「ラジエーションハウス」4話 続く5話は“マンネリ”を脱せるか?
今回は“医療ドラマ”というより、広瀬アリスが主役の“お仕事ドラマ”。(2019/5/6)

人事コンサル会社が調査:
GW10連休の憂鬱 長期休み明けに「会社に行きたくない」意外な理由
GW10連休後、仕事に戻る際に湧き上がる憂鬱。「連休後に会社に行きたくない」意外な理由をコンサル会社が調査。(2019/5/4)

「CYOD」戦略を再考する【後編】
iPhone登場から11年でも広がらないCYOD 救世主は「VDI」と「UEM」か
「仕事で使うデバイスくらい、自分で選びたい」という従業員の望みは、2008年の「iPhone」登場から11年たった今でも、十分にかなえられてはいない。状況を変え得る「VDI」「UEM」といった手段はあるが、課題もある。(2019/5/4)

なぜGWに仕事をせねばならんのじゃ……アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」4話 助けて仙狐さん
優しく起こされたいし、思う存分寝ていたい。(2019/5/2)

石川由依が砂岡事務所から退所を発表 「けもフレ2」キュルル役、「進撃の巨人」ミカサ役など
仕事は今後も続けていくとのこと。(2019/4/30)

「CYOD」戦略を再考する【前編】
iPhone登場から11年 それでも「好きなデバイスを仕事で使う」が実現しない理由
2008年の「iPhone」登場から11年がたった今、企業のデバイス活用戦略が岐路に立っている。企業が認定したデバイスの業務利用を認める「CYOD」を検討する動きもあるが、そこには依然として課題がある。(2019/4/27)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第58回 プログラムを書きたいのに書かせてもらえない!――3年間溜め込んだフラストレーションを一気に爆発させて理想の仕事にまい進する「弁護士ドットコム」のホープ
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/4/25)

タイムアウト東京のオススメ:
恋のアドバイスは湯婆婆にもらう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/4/24)

映画「SUNNY」出演 21歳の人生論:
女優・山本舞香の仕事観――もう後悔したくないから、今を全力で生きる
若手女優の注目株として、映画やドラマ、テレビCMなどに引っ張りだこの山本舞香さん。1つのことに全力を注ぐことを信条とする彼女は、女優業を一生続けるつもりはないと言い切る。そんな21歳の山本さんが語る人生哲学とは。(2019/4/24)

似過ぎなアンガールズ山根「阿佐ヶ谷姉妹モノマネ」、1年越しで再評価される 「憑依してる」「違和感さん仕事して」
ドッペルゲンガーレベル。(2019/4/23)

シシド・カフカの必要以上の真面目さに激しく共感 吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」が丁寧に描いた、仕事旧世代の「定時で帰れない」問題
悪質なパワハラでひとは壊れます、壊れたあとの働き方が勝負。(2019/4/23)

「JKより上手い」「お役所感がない」首相官邸インスタが話題 “中の人”の正体に迫る
首相官邸のInstagramアカウントが「お役所仕事感がないクオリティーだ」「JKより扱い慣れている」とネット上で話題に。「“中の人”は、本物の女子高生?」といった声も上がっている。その正体は。(2019/4/23)

PR:社内の“Excel疲れ”で仕事がうまく回らない……を解決する方法
(2019/4/22)

違和感仕事して! バーチャルモデルimma、イケメン化したカーネルサンダースとの2ショットがどこまで現実か分からない
時代の進化を感じる。(2019/4/20)

“仕事仲間で隣人同士”な2人がじれったい! 絶妙な距離感とギャップを描いた漫画にときめきが止まらない
素を見せられる相手がいるっていいね!(2019/4/20)

大差付けられた:
後発「ジャンプ」大躍進 「マガジン」意地の再逆転
田中万里子(まりこ)(83)は「週刊少年サンデー」創刊(昭和34年)時のメンバー。13人の編集部員中、ただ1人の女性だった。「事務と読者のページ(投稿欄)、科学のコーナーを担当しました。当時、各出版社にあった『少年社員』制度で、仕事をしながら夜間高校・大学を卒業したのです」。田中の小学館入社は26年、そのころ姉妹会社の集英社は同じ社屋にあり、社員採用も労働組合も同じだった。「たまたまですが、サンデー編集部で私の隣席は集英社社長の親類の方でしたよ」(2019/4/19)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
“天才写真家”を次々と発掘 業界に風穴空ける女性創業者の「目利き力」
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/4/19)

ビジネスの健全化を促す
「AIで仕事がむしろ増える」は本当か 第3の選択肢について語ろう
AI技術による自動化は、従業員の仕事を奪う代わりに、別の仕事を増やす可能性がある。それはどういうことなのか。(2019/4/18)

水10「白衣の戦士!」にネット大荒れ 「ナースのお仕事」的王道コメディーテイストは吉とでるのか心配している
あまりにも「ナースのお仕事」。今にも「あ〜さ〜く〜ら〜!」が聞こえてきそう。(2019/4/17)

火10吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」  無茶苦茶ブラック上司に立ち向かえ! 「定時で帰る」vs「死ぬ気でやろう」のお仕事ドラマ
「敵」はユースケ・サンタマリア? それとも向井理?(2019/4/16)

タイムアウト東京のオススメ:
旅気分は車内で味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/4/16)

不正送金や支払先改ざんを引き起こす
RPAで深刻化、仕事の手順を勝手に変える「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)とは?
企業の支払いフローを改ざんし不正送金させる「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)のリスクが、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールの普及とともに増加する恐れがある。具体的な対策は何だろうか。(2019/4/22)

ノルマのきつそうな会社は嫌:
20年卒学生はどんな会社で働きたい? 「やりたい仕事ができる」よりも……
マイナビが2020年卒業予定の学生に就職意識調査を実施した。「どんな会社で働きたいか」という項目では、これまで19年間トップだった「自分のやりたい仕事ができる会社」が2位に転落。1位になったのは……。(2019/4/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(52):
つまらない仕事にアサインされて“やさぐれる”前に
「別に、やりたいことがないから」と上司に何もアピールしないのは、ひょっとしたら「つまらない仕事でも何でもやりますよ」とアピールしているのと変わらないのかもしれません。(2019/4/10)

“22歳差婚”の大浦龍宇一、妻と15歳息子がゲームで遊ぶ姿に幸せかみしめる 「仕事後の眠さも吹っ飛びます」
結婚後の生活も順調のようです。(2019/4/9)

タイムアウト東京のオススメ:
ミニマルに生きる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/4/9)

就活でも超人気! 「コンサル」とはどんな仕事なのか?
名前はよく聞くけれど。(2019/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。