ニュース
» 2013年11月29日 12時19分 UPDATE

クラウド会計ソフト「freee」、スマホ家計簿アプリ「ReceReco」と連携

中小企業や個人事業主向けクラウド型会計ソフト「freee」が、App Storeで人気の会計簿アプリ「ReceReco」と連携した。ReceRecoは11月28日にAndroid版もリリース。レシートをスマートフォンで撮影するだけで、freeeに会計情報を自動反映する。

[上口翔子,Business Media 誠]

 全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」が、スマートフォン向け無料会計簿アプリ「ReceReco」(App StoreGoogle Play)と連携した。11月28日、freeeが発表した。

 freeeは、会計処理を効率的に行うことで「経営者が創造的な活動にフォーカスできること」をコンセプトに開発された会計ソフト。簿記の知識がなくても簡単に操作ができる。銀行やクレジットカードの入出金明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプのソフトで、2013年3月のリリース後、既に1万7000を超える事業所で利用されている。

shk_freee02.jpg freeeトップページ画面
shk_freee02.jpg 11月15日にはパッケージ版の発売も開始した

 家計簿アプリのReceRecoは、「家計簿をリデザインする」をコンセプトに、レシートのデータ化から、分析、外部連携までを無料で行える。リリースから10カ月でダウンロード数115万、登録レシート枚数は2000万枚、登録された支出総額は450億円を突破し、国内App Store無料総合ランキングで1位を記録したこともある。11月28日には待望のAndroid版をリリースし、料理レシピや電子チラシの閲覧、キャンペーン応募等も可能になった。


shk_reco01.jpgshk_reco02.jpg ReceReco利用イメージ。レシートをスマートフォンで撮影すると自動でOCRして支払い情報を登録できる。処理された内容に誤りがあった場合には手入力で修正も可能

 freeeは、POSレジアプリ「ユビレジ」との連携や、モバイルSuica対応、クレジットカード決算対応など、幅広い支払い方式に対応している。今回freeeとReceRecoが連携したことで、レシートをスマートフォンで撮影するだけで、会計ソフト(freee)に支払い情報を自動反映できるようになった。経理業務の負荷をさらに削減できる効果が期待できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ