ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

住信SBIネット銀行、法人専用アプリ提供 1台のスマホで個人口座と併用可能に
住信SBIネット銀行は5月25日から、法人口座専用スマホアプリ「法人口座 住信SBIネット銀行」の提供を開始した。法人と個人の口座を1台のスマートフォンで使い分けることができるようになる。(2022/5/26)

スマホ向け「ポケトーク」アプリ配信開始 翻訳も発生練習もこれ1つ
ソースネクスト傘下のポケトークは5月26日、AI通訳アプリ「ポケトーク」(iOS/Android)の配信を開始した。利用料は週額120円、月額360円、年額3600円(いずれも税込み)で、初回3日間は無料となる。翻訳機の「ポケトーク」とほぼ同じ機能を使え、70言語を音声・テキストに翻訳し、12言語をテキストのみに翻訳できる。(2022/5/26)

8つの電極で精密に測定できる体組成計「HUAWEI Scale 3 Pro」6月9日に発売 価格は1万780円(税込み)
ファーウェイ・ジャパンが、スマートフォンと組み合わせて使う体組成計「HUAWEI Scale 3 Pro」を発売する。8つの電極で下肢と上肢を測定するため、より正確な全身のデータを取得可能で、アプリを使って詳細な体組成分析結果を確認できるという。(2022/5/26)

大竹しのぶ、加工アプリでティーンへ“若返り” 愛らしい笑顔に「頭の中がパニクりました」「ナチュラル可愛いっ!」
昔の大竹さんまんまだ……。(2022/5/26)

AzureでOpenAIの言語処理モデルを利用可能に、アプリ開発を助けるAI機能群 Microsoft Build
Microsoftが年次イベント「Build」でGTP-3を生かした自然言語処理やGitHubの膨大なコード資産を生かした開発効率化、プロトタイピング支援機能など、自社製品やサービスにAI技術開発の成果を組み込む機能強化、新サービスをを発表した。(2022/5/26)

MediaTek Genio 1200:
プレミアムAIoTデバイス向けSoC
MediaTekは、AIoTデバイス向けSoC「Genio 1200」を発表した。オクタコアCPU、5コアGPU、2コアAIプロセッサを搭載し、スマート家電、工業用IoTアプリケーション、AI搭載デバイスなど、プレミアムAIoTに適する。(2022/5/26)

10.3型E Ink搭載タブレット「HUAWEI MatePad Paper」登場 6月9日発売 6万4800円
Huaweiが3月にグローバル発表したE Ink搭載タブレットが、日本市場にも投入されることになった。電子書籍リーダーとしての利用はもちろん、メモ取りやWebブラウズ、アプリの追加でさまざまな用途に使える。(2022/5/26)

Androidスマホのストレージが足りないときに空き容量を確保する方法
長い間Androidスマホを使っていると空き容量が減ってくる。アプリをダウンロードできなくなったり、スマホが動かなくなることもあるので空き容量に余裕を持たせるのは重要だ。今回は不要なアプリなどを削除する方法を紹介する。(2022/5/26)

Rustで始めるWebアプリケーション(1):
【サンプルコードあり】Rustで作るWebアプリケーション――データベース利用と自動テストの基本事項を押さえる
RustでWebアプリケーションを開発する際に基礎となる要素技術からRustの応用まで、Rustに関するあれこれを解説する本連載。第1回ではRustを使ったWebアプリケーション開発におけるデータベースと自動テストの位置付けとコード例を紹介する。(2022/5/26)

Windows 11向け「Amazonアプリストア」のプレビュー版が2022年内に日本上陸 Androidアプリが使えるように
Windows 11向け「Amazonアプリストア」が、2022年内に日本でもプレビュー提供されることになった。これにより、同ストアに公開されたAndroidアプリをWindows 11上で実行できるようになる。(2022/5/25)

ドコモ、望遠光学ズームに対応した「Xperia 1 IV SO-51C」6月3日に発売 オンライン価格は約19万円
NTTドコモは6月3日、「Xperia 1 IV SO-51C」を発売する。望遠光学ズームレンズを搭載し、高速AFや動画専用アプリ「Videography Pro」も利用できる。ドコモオンラインショップにおける販売価格は19万872円(税込み)となる。(2022/5/25)

Armアプリの開発を促進――米Microsoftが開発者向け小型PC「Project Volterra」を発表 2022年内に発売予定
Arm版Windows向けのアプリ開発を促進すべく、MicrosoftがSnapdragon搭載の小型デスクトップPCの開発を表明した。詳細は後日発表のようだが、2022年内の発売を予定しているという。(2022/5/25)

「Windows 11でAndroidアプリ」が年内に日本へ ただしGoogle Playには非対応
Microsoftは25日、Windows 11上でAndroidアプリを動作させる機能「Windows Subsystem for Android(WSA)」のプレビュー版の提供国を、年内に日本を含む6か国に拡大する。(2022/5/25)

Microsoft、手書きスケッチをAIでアプリUIに変換する「Power Apps Express design」発表
米Microsoftが、手書きのスケッチやPDFのフォーム画面を基に、AIがアプリケーションの画面作成を支援する「Power Apps Express design」を発表した。同社が公開したデモ動画を基に使い方を確認する。(2022/5/25)

Microsoft、開発環境をまるごとクラウドPCとして用意できる「Dev Box」発表
米Microsoftが、アプリケーションの開発環境をまるごと、クラウドPCのようなデスクトップ仮想化の仮想マシンとして用意できる「Microsoft Dev Box」を発表した。5月25日からプライベートプレビューの申し込みを受け付けている。(2022/5/25)

「Windows 11でAndroidアプリ」日本でも可能に
Microsoftは「Windows 11」でAndroidアプリを使えるようにする機能を日本を含む5カ国で年内に提供する。現在は米国でのみプレビュー中だ。Microsoft Store内のAmazonアプリストア経由で数千のアプリやゲームをダウンロードできるようになる。(2022/5/25)

Microsoft、Snapdragon搭載ミニPC「Project Volterra」 AI開発者向け
MicrosoftはBuild 2022で、QualcommのSoCとNPU搭載のデスクトップPC「Projet Volterra」を発表した。開発者向けに年内に提供する。Arm版ツールキットもリリースし「AIアプリを構築してほしい」としている。(2022/5/25)

2023年4月以降順次廃止:
ANA、国内線の自動チェックイン機廃止へ 専用アプリに移行
ANAが国内線対象に提供中の自動チェックイン機を、2023年4月以降、順次廃止すると発表した。コロナ禍で非対面・非接触で搭乗手続きできる環境の構築が求められる中、空港での混雑防止が狙い。今後は専用アプリでの手続きに移行するという。(2022/5/24)

LINE、AI文字起こしサービス「CLOVA Note」を提供 複数話者の聞き分けも可能
LINEは5月24日、AI文字起こしアプリ「CLOVA Note」(iOS/Android、Webブラウザ)ベータ版の提供を始めた。CLOVA NoteはAI音声認識技術「CLOVA Speech」を活用し、収録した音声をテキストに変換できるサービス。ブックマーク機能やキーワード検索も可能だ。(2022/5/24)

LINEがAI文字起こしアプリを無料提供 話者を聞き分けて記録する「分離機能」も
LINEがAI文字起こしアプリ「CLOVA Note」のβ版をリリースした。利用料は無料。複数の参加者の声を聞き分けて別々に記録する話者分離ができる。(2022/5/24)

大阪メトロ、次世代移動「MaaS」前進 バス→車いす→病院など アプリで一括予約目指す
鉄道やバスなどあらゆる交通手段を連携させる次世代移動サービス「MaaS」の導入に向けた取り組みが進んでいる。(2022/5/24)

Alexaで無料育児相談、音声活用しハンズフリー 森永乳業が25日から提供
スマートスピーカーと対話することで育児相談ができる新サービスを、森永乳業がアプリ開発会社のアイリッジとともに開発した。両手でパソコンやスマホを操作しなくても済むため、乳幼児の育児中でも気軽に相談ができるという。(2022/5/24)

Innovative Tech:
近くの“悪用AirTag”を自動で発見するAndroidアプリ バックグラウンドでも検知可能
ドイツのTU Darmstadtの研究チームは、Apple以外のスマートフォン向けに、自分のもの以外のAirTagやFind My対応トラッカーが近くにあった場合に自動で検出してくれるAndroidアプリを開発した。(2022/5/24)

.NET 6移行入門(4):
Windowsフォーム、ASP.NET、iOS、Android、Azure Functions――.NET 6で新規開発、移行できるアプリの技術まとめ
.NET 6の現状を把握し、具体的な移行方法を学ぶ連載。今回は、.NET 6で新規開発、移行できるアプリの技術についてまとめる。(2022/5/26)

9月下旬から販売開始:
タカラトミー、AIがパパ・ママそっくりの声を作る読み聞かせスピーカー「coemo」を発売
実在人物とそっくりな声をAIがつくる読み聞かせスピーカー「coemo」が発売。アプリで声を登録し、好きな物語を選ぶと登録した声で読み聞かせが始まる。「子どもに本を読ませたいが、毎日の読み聞かせは大変」という保護者の声に応えていく。(2022/5/23)

就職面接の“デキ”をAIが評価 ベンチャーが練習アプリ開発
AI動画解析技術を手掛けるエフィシエントと就職支援のジェイックが、面接練習アプリ「steach」をリリースした。面接練習を録画するとAIが動画を解析し、表情や声、身振りなどを評価する。(2022/5/23)

LINE、「LINEでふるさと納税」のサービス提供開始 さとふると協業
 LINEは、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふると、ふるさと納税事業に関する協業について基本合意書を締結した。LINEアプリを通じてふるさと納税が可能となる「LINEでふるさと納税」の提供を開始する。(2022/5/23)

“ラジハ”広瀬アリス&窪田正孝&本田翼、ふざけて撮った1枚がファッション誌並のクオリティーに 「眩しすぎる…」
アプリケーションでなくフィルムカメラでの撮影とのこと。(2022/5/23)

不動産テック:
小田急不動産が不動産オーナー向け収支電子化ツール「WealthPark ビジネス」を導入
小田急不動産は、資産管理/運用アプリケーション「WealthPark ビジネス」を導入し、賃貸不動産オーナー向けに、収支の電子化対応やチャットでのコミュニケーション円滑化につなげる。(2022/5/22)

スマホ決済5月のキャンペーンまとめ【5月22日最新版】 最大全額や30%還元が続く
2022年5月22日〜30日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは最大全額還元の「ペイペイジャンボ」を実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイメントは松屋やポプラなどで全額還元する。(2022/5/22)

iPhone Tips:
iPhoneの「メール」で特定のメールだけ確認しやすくする方法
さまざまなメールアカウントを統合して管理できる「メール」アプリだが、アプリ内でだけ使える「フラグ」を立てて再び確認しやすくできる。仕事や友人との予定、ライブのチケット発券情報などの確認に便利だ。(2022/5/22)

「推し活」は忙しい!:
サンリオ、「推し活」を管理するアプリ「おしきゅん」を開発
サンリオは、アイドルや俳優などを応援している人達に向けた、ファン活動(推し活)をサポートするアプリ「おしきゅん」を2022年にリリースすると発表した。(2022/5/21)

体調不安時の味方「家庭の医学」がアプリに
家庭医学書のロングセラー『家庭の医学』を刊行する保健同人社は、体調に不安を感じたときに症状などから、病名や対処法などについて調べられる無料アプリ「みんなの家庭の医学」を開発、リリースした。(2022/5/20)

Google PlayにVPNアプリを装う“偽アプリ”が混入 インストールを避けるには?
Google Playで200以上のスパイウェアが発見された。これらの偽アプリをインストールするとFacebookの認証データや暗号通貨関連の鍵を窃取される可能性があるため注意が必要だ。(2022/5/20)

株式会社野村総合研究所提供Webキャスト:
迅速&的確に対応するサービスデスクへ、システム運用を改善するプロセス整備術
システム運用部隊はインフラ担当やアプリケーション開発者、監査、外部ベンダー担当者、さらにはさまざまな部署のユーザーなど、多様な関係者から日々多くの問い合わせ・要望・依頼を受けている。その対応における課題と解決策を見ていく。(2022/5/20)

サンリオが推し活サポートアプリ「おしきゅん」を発表 キティやシナモンと一緒にスケジュールやチケットの管理ができちゃいます
かわいいアプリになりそう。(2022/5/19)

製造現場向けAI技術:
AIによるプラント配管の腐食検査システムの開発と技術支援を実施
Rossoは、ABEJAと三菱ガス化学が共同開発した「化学プラント内腐食配管の外観検査システム」において、アプリケーション開発とインフラ構築の技術支援を実施した。(2022/5/19)

WebAssembly、Emscripten、Pyodideによるブラウザスタックが基盤:
Anaconda、Pythonアプリをブラウザで実行できるOSSフレームワーク「PyScript」を発表
Anacondaは、Pythonと標準HTMLを組み合わせ、ブラウザで動作するリッチなPythonアプリを作成できるOSSフレームワーク「PyScript」を開発していることを明らかにした。(2022/5/19)

メルカリがNFT事業に本気 その目的と「その次」の事業展開を聞いた
フリマアプリを提供する「メルカリ」はブロックチェーン技術の大衆化に取り組んでいる。その鍵を握るのは、メルカリが提唱するWeb2.5というハイブリッドなサービス形態だ。(2022/5/19)

iPhone Tips:
iPhoneの「メール」アプリでアカウントを追加する方法
iPhoneの「メール」アプリでは、さまざまなメールアカウントを1つにまとめられる。個別のアプリで操作するより、全てのメールを同じアプリ、同じメールボックスで確認できた方が楽な場合もある。「設定」からアカウントを追加して、管理をメールアプリに一本化してみよう。(2022/5/21)

ソニーが「Auto Playアプリ」発表 スマホ触れずに音楽再生を実現
ソニーは5月19日、ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」「LinkBuds S」向けに、スマートフォンを触らず自動で音楽を再生したり、情報を取得したりできるアプリ「Auto Play」を発表した。配信時期はAndroid向けが5月19日(LinkBuds S発表時)、iOS向けが6月上旬を予定。既発売のLinkBudsは5月31日に配信開始のファームウェア更新で対応する。(2022/5/19)

「LINEでふるさと納税」スタート
LINEアプリを通じてふるさと納税できる「LINEでふるさと納税」がスタート。(2022/5/18)

auの「arrows We」がAndroid 12にアップデート
KDDIは、5月18日15時から「arrows We FCG01」のOSアップデートを実施。Android 12では5Gサービスへの対応や「メディア管理アプリ」「アラームとリマインダー」の追加などが行われる。(2022/5/18)

Wear OS版YouTube Musicアプリ、モバイル接続対応で単体ストリーミングが可能に
GoogleのスマートウォッチOS「Wear OS」版の「YouTube Music」アプリがモバイル接続あるいはWi-Fi経由の音楽ストリーミングに対応した。スマートフォンなしでスマートウォッチ単体でストリーミングできる。ただしサブスク加入が必要だ。(2022/5/18)

組み込み開発ニュース:
準天頂衛星の補正情報を用いたAndroid向け衛星測位ソフトウェアを販売開始
NECソリューションイノベータは、MADOCAによる補正情報を用いる「NEC高精度衛星測位ソフトウェア」を開発した。第1弾として、Androidアプリケーション向けのアプリケーションライブラリ版の販売を開始する。(2022/5/18)

Meta、「Meta Quest」用最新アップデート“v40”を発表 アプリ毎のロック指定が可能に
Metaは、同社ブログにて「Meta Quest」用最新アップデートの告知を行った。(2022/5/17)

Apple、サブスク制アプリの値上げを通知のみの自動更新に
Appleは、サブスク制アプリの値上げ通知ルールを変更する。これまでは値上げ通知にユーザーがオプトインしないと利用を継続できなかったが、今後はユーザーがオプトアウトしないと自動継続になる。(2022/5/17)

PCIM2022:
2kV耐圧のSiC MOSFETとダイオードを発表、Infineon
Infineon Technologiesは2022年5月10日(ドイツ時間)、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」において2kV耐圧のSiC MOSFETおよびダイオードを発表した。需要が高まる1500VDCのアプリケーション向けで、「出力密度向上とシステムコスト低減を実現し、次世代の太陽光発電、電気自動車(EV)チャージャー、エネルギー貯蔵システムの基盤を提供する」としている。(2022/5/16)

Tech TIPS:
【Windows 11】自動サインインができなくなった? いいえできます、でも[設定]アプリで設定が必要です
自宅で他人が触る余地のないPCや会社の会議室の共有PCなど、起動時にパスワードを入力することなく、自動的にWindows 11にサインインして利用できるようにしたい場合もあるだろう。そこで、Windows 11で自動サインインを設定する方法を紹介しよう。(2022/5/16)

ICT:
T-iDigital Fieldの施工と安全の管理機能を拡張、大成建設
大成建設は、インフォキューブLAFLAとともに、施工中に取得した膨大なデジタルデータを活用して、効率的に工事関係者間での情報共有を支援するシステム「T-iDigital Field」の機能拡張を行った。今回追加した機能は、建設現場の施工進捗管理および建機と作業員などのリアルタイム位置情報を地図化して現場での安全性を把握・管理する施工支援アプリケーション。(2022/5/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。