ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「業務効率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務効率」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

RPAとBPMによる業務改善の現実【後編】
「RPAは無意味だった」という“残念な結果”になる理由
「RPA」は業務効率を改善するために活用できる手法だが、必ずしもRPAによる効率化が成功するとは限らない。RPAの取り組みが無意味になってしまうのはなぜなのか。(2024/7/15)

FAニュース:
パナソニックの頑丈ノート/モバイルPCの新シリーズ、現場やオフィスの業務効率化
パナソニック コネクトは、頑丈ノートPC「タフブック」とモバイルPC「レッツノート」の新シリーズを発表した。過酷な現場の作業でも長時間駆動し、安定して操作できるため、業務効率化に貢献する。(2024/7/12)

サプライチェーンの「可視性のギャップ」に光を照らす(前編):
サプライチェーンの不完全なデータ統合がもたらすビジネスリスクとは
データ収集の課題を解決し、倉庫業務における複雑な問題に対処するには、業務効率を向上させる先進的なテクノロジーの導入を検討する必要があります。本連載では、サプライチェーンにおける商品、情報、リソースの可視性がどのような役割を果たすか、また、データの断片化に起因する可視性のギャップを埋めるためのヒントを紹介します。(2024/7/8)

施工管理:
大東建託が「電子施工管理システム」を外販、2025年から
大東建託は、建築工事の受発注や施工体制台帳をデジタル化する自社開発の「電子施工管理システム」を、2025年4月から建設会社向けに外販する。基本機能である「電子受発注機能」とオプション機能の「施工体制台帳作成機能」の2つの機能により、中小建設業の業務効率化や施工体制の強化を支援する。(2024/7/1)

不動産DXのいまを知る:
「間取り図×AI」で進化する物件情報 顧客、不動産会社へのメリットとは?
不動産業界ではAIを活用した間取り図の作成や物件特徴を抽出するサービスが増えている。AI活用で、消費者が間取り図から得られる情報の量や質の変化、不動産会社側の業務効率化について紹介する。(2024/7/3)

RPAとBPMによる業務改善の現実【前編】
「RPAは無意味だった」と結論せざるを得なくなる理由
業務効率化の手法の一つであるRPAを活用しても、「期待通りの成果が得られない」という事態に陥ることは珍しくない。RPAが役に立たなくなってしまう原因はどこにあるのか。(2024/7/8)

「想定以上の手ごたえ」 イオンリテールが「値引き」をAIに任せて分かった意外なこと
イオンリテールは、AIが値引き率を決めるシステム「AIカカク」の導入を進めている。これまで従業員の経験や勘に頼っていた値引き業務をAIに任せることで、業務効率化や商品の廃棄率低減を狙った取り組みだ。実際に導入した店舗では、従業員の心理的な負担軽減にもつながっているという。(2024/6/28)

“AI前提”のPC選定:
生成AI時代の新型Surfaceの威力 AI PCで業務はこう変わる
生成AIは業務効率化の可能性を秘めている一方で、相応のスペックをデバイスに要求する。AIアプリケーションの利用を前提にしたアーキテクチャを採用したMicrosoftの新型PCを使うことで、どのような効果が期待できるのか。(2024/6/28)

東京メトロ、業務に生成AI導入へ 問い合わせの利便性向上や業務効率化目指す
東京地下鉄(東京メトロ)は6月18日、利用客向けチャットボットとお客さまセンターの業務に生成AIを導入すると発表した。東京メトロの「お客さまセンター」には年間約25万件の問い合わせがあり、生成AIを活用することで、問い合わせした際のお客の利便性向上や業務効率化を目指す。(2024/6/21)

プレミアムコンテンツ:
「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせい?
業務効率を高めるはずのITツールが、実はタイムパフォーマンス(タイパ)を悪化させている可能性がある。ITツールの利用に関する残念な実態を解説する。(2024/6/18)

メカ設計ニュース:
製造業向けクラウド図面管理システムで業務効率化を支援
New Innovationsは、埼玉県産業振興公社と業務提携契約を締結したと発表した。AIを活用した製造業向けクラウド図面管理システム「図面バンク」を提供し、製造業の業務効率化を支援する。(2024/6/18)

オンデーズ、「AI社員」を店舗に導入 担当する業務は?
メガネの製造販売を手掛けるOWNDAYS(那覇市)はこのほど、店舗運営を支援するための“AI社員”を新たに導入した。店舗運営の支援や業務効率化、顧客満足度の向上に役立てる狙いだ。(2024/6/9)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせい?
業務効率を高めるはずのITツールが、実はタイムパフォーマンス(タイパ)を悪化させている可能性がある。ITツールの利用に関する残念な実態を解説する。(2024/6/6)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
業務効率化だけではない 「RPA」導入で期待できる効果とさまざまな課題
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第20回は「RPA」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/6/5)

セキュリティニュースアラート:
日本人はAIに楽観的? ISC2が日本のセキュリティ人材を対象にしたAI関連の調査を発表
ISC2は日本のセキュリティ人材を対象にAIが業務に与える影響を調査した「AI in Cyber 2024: Is the Cybersecurity Profession Ready?」を公開した。これによると、回答者の90%がAIが業務効率を向上させることについて楽観的な見方を示した。(2024/5/23)

BIMを軸とした建設業の未来像 Vol.2:
建設業の課題解決には「情報とそのマネジメントの成熟度が不可欠」伊藤久晴氏がBSIで講演
BIMの根幹となる“情報マネジメント”は、設計〜製造〜施工〜運用の建設生産プロセスで、あらゆる情報が“つながる”ことを意味する。BIMによる情報マネジメントが可能になれば、単にIT化や業務効率化だけでない業界や産業を超えたDX=変革が実現し、その先には建設からのアプローチによる持続可能(サステナブル)な社会ももたらされる。(2024/5/22)

日本最大の教育展示会「EDIX 東京」に大盛りランチパック!? GIGAスクール構想のその先を見てきた
5月8日から10日にかけて、東京ビッグサイトで開催されている日本最大級の教育向け展示会「EDIX 東京」。NEXT GIGA(GIGAスクール構想第2フェーズ)に向け、さまざまなソリューションが展示されていた。ここでは先生の業務効率化、児童生徒の学校生活の質を上げるであろうソリューションを紹介する。(2024/5/10)

ちょっと昔のInnovative Tech:
大画面ディスプレイ1台 vs. 複数枚ディスプレイ──作業効率がいいのはどっち? 2009年発表の論文を紹介
富士ゼロックスの研究技術開発本部に所属していた柴田博仁さん(現在:群馬大学教授)が2009年に発表した論文「大画面ディスプレイ・多画面ディスプレイの導入による業務効率化の測定」は、大画面や複数ディスプレイの導入効果を定量的に評価した研究報告だ。(2024/5/7)

「デジタル戦略EXPO」レポート:
PR:経営に貢献できる経理になるには――プロが語る経理DXのメリットと道筋
さまざま制度対応で経理部門の業務はより煩雑化し、業務効率化は急務といえる。本記事では、ITmedia主催の「デジタル戦略EXPO」に登壇した児玉尚彦氏の講演から、経理部門が解決すべき課題と目指すべき経理の姿を解説する。(2024/5/1)

ファミリーマートが「ファミマ・ワーク・システム」導入 勤務シフトなどを自動作成
ファミリーマートは4月19日、店舗業務における生産性向上および業務効率化の取り組みとして、ストアスタッフの勤務シフトやワークスケジュールを自動作成する「ファミマ・ワーク・システム」を4月から順次導入し、24年度中に希望する加盟店全店に導入すると発表した。(2024/4/25)

AI:
紙図面からの建材「拾い出し」を自動化、積算システムにAI積算機能を追加 パナソニック
パナソニック ハウジングソリューションズは、パートナー企業専用の業務支援サイト「間取り図AI積算」の提供を開始する。紙の図面からの拾い出しを自動化する「AI積算」機能などにより業務効率を改善し、パナソニック建材製品1棟分の見積り時間を従来と比較して50%以上短縮する。(2024/4/24)

安全衛生:
建設現場の安全点検業務をスマホで完結、SORABITOが「GENBAx点検」をリリース
SORABITOは、スマートフォンを使用して建設現場の安全点検業務を効率化する「GENBAx点検」の製品版をリリースする。建設機械の始業前点検や、設備/足場の点検、作業員の健康チェックなど、現場のあらゆる点検表をペーパレス化し、業務効率化を図る。(2024/4/18)

LIFULLが生成AI活用、半年間で2万時間の業務効率化に成功 最も多い活用シーンは?
不動産情報サービスのLIFULL(東京都千代田区)は、2023年8月から、社内で生成AIの活用を推進している。同社は同年10月〜24年3月の半年間で、従業員の72%が生成AIを活用し、合計2万732時間の業務効率化を実現したと発表した。どのように活用しているのか。(2024/4/18)

人工知能ニュース:
AIで機器保守サポート業務のDX強化、独自LLMも活用へ リコー
リコーは、AIを活用し、機器の保守サポート業務におけるプロセスDXを強化する。情報検索型AI botや独自LLMを用いた質問応答型AIチャットbotにより、業務効率化や機器のダウンタイム低減を図る。(2024/4/4)

建設業界の新3Kを支援するソリューション:
建設業務に特化した音声入力で2024年問題に対応 デジタル化断念した現場にも採用された理由
2024年問題を目前に、建設DXによる業務効率化が急務となっている。だが、デジタルツールを導入してみたものの、使いこなせず成果を得られない中小企業は多い。建設業に特化したAI音声認識サービスを提供するアドバンスト・メディアに、建設現場でのデジタル活用の課題や解決につながる生成AIを活用した新サービスなどを聞いた。(2024/3/29)

AIによるモダナイゼーションの可能性【前編】
Microsoft 365はほんの始まり 基幹系は「生成AI組み込み」でどこまで変わる?
生成AIをオフィススイートなどのソフトウェア製品に組み込み、業務効率化を支援する動きがある。生成AIの“組み込み”は、基幹業務のどこまで食い込んでいくのか。(2024/3/28)

その悩み、生成AIが解決:
業務スケジュールを最適化したい ChatGPTどう生かす?
業務効率を向上させるための日々のスケジュールの最適化について部署で検討しています。ChatGPTを使ってアドバイスを得ることはできますか?(2024/3/26)

スマートメンテナンス:
日立など4社が地下埋設物の調査データ活用で、市場拡大に向け覚書締結 BIM/CIM連携も視野に
日立は、NTTインフラネット、アイレック技建、応用地質と、地中レーダーなどで得られる地下埋設物の調査データ活用を道路管理者などに広げるべく、覚書を締結した。4社は地中レーダー探査やAI解析など、地下埋設インフラ整備のデータを活用し、業務効率化の整理やユースケースの創出、各社既存サービスの高度化を行っていく。(2024/3/14)

仕事の効率を下げる“魔の時間”の正体
「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせいだった?
業務効率を上げるはずのITツールがタイムパフォーマンス(タイパ)を下げる――ハイブリッドワークにおける残念な実態を、あるレポートが明らかにした。企業が対策すべきこととは。(2024/3/14)

製造IT導入事例:
性能予測プロセスにはびこる古い自動化ソフト 住友ゴムは生成AI導入で変革目指す
Google Cloudは2024年3月7日、同社が展開する企業向け生成AIサービスの活用などを発表するイベント「Google Generative AI Summit Tokyo」を開催した。本稿では住友ゴム工業 研究開発本部 研究第一部長の角田雅也氏による、「製造業における生成AIを使った業務効率化への取り組み」と題した講演を取り上げる。(2024/3/11)

日清食品HDのCIOが語る、生成AIの全社活用と自社環境構築の舞台裏
日清食品ホールディングスは、自社専用の生成AI環境を構築し、業務効率化に活用している。CIOが自社環境構築の流れと活用戦略を語った。(2024/3/7)

物流のスマート化:
物流IoTソリューションの機能を強化 バース待ち時間短縮、配車業務効率化も
東芝デジタルソリューションズは、倉庫運用最適化サービス「LADOCsuite/WES」と倉庫管理ソリューション「LADOCsuite/WMS」について、新バージョンの提供を開始した。独自の最適化技術でバースの待ち時間を短縮するとともに、ウイングアーク1stと連携して配車業務のデジタル化を推進する。(2024/3/6)

セキュリティニュースアラート:
「AIは効率的だが自分の仕事を奪う」 セキュリティ担当者が抱える危機感
ISC2はAIがサイバーセキュリティ人材に与える影響の調査結果を発表した。回答者の多くがAIによる業務効率の向上に前向きだったが、仕事を奪われるという危機感も持っていることが明らかになった。(2024/2/29)

製造マネジメントニュース:
千代田化工建設、センシンロボティクスに出資 産業分野の業務効率化を加速
千代田化工建設は、ロボティクス技術やAIなどを活用した業務ソリューションを開発するセンシンロボティクスに出資する。協業により、産業分野における業務効率化と高度化を加速する。(2024/2/20)

物流のスマート化:
富士通とYE DIGITAL、物流センター関連サービスで協業
富士通とYE DIGITALは、両社が保有する物流センター関連サービスを相互提供することで合意した。協業により、顧客の物流センターの自動化や業務効率化を支援する。(2024/2/13)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:CX向上も業務効率化も実現、次世代コールセンターに進化する方法とは?
近年のコールセンターは、顧客体験の向上や、従業員の業務負担削減といった、新たな役割を担うことが求められている。そこで注目されるのが、多様な製品を組み合わせ、ヒトとデジタルのハイブリッド運用を実現するソリューションだ。(2024/2/2)

日立が産業プラントにAI活用 「現場拡張メタバース」で業務効率化
日立製作所は現場データの収集技術や先端AI技術を活用し、製造業などの現場で業務を迅速に進める「現場拡張メタバース」を開発した。現場拡張メタバースの全容をレポートする。(2024/1/31)

ライオンが生成AIで業務効率化 情シス、研究開発、広報それぞれの使い方は?
ライオンはグループの国内従業員約5000人に向けて、生成AIを利用した対話生成AI「LION AI Chat」を公開した。情報システム部門や研究開発部門、広報部門などさまざまな職種で業務効率化を図っている。具体例を同社に聞いた。(2024/1/30)

現場管理:
危険度評価も可能なKY活動がスマホだけで完了
MCデータプラスが運営する現場施工管理サービスに「KY(危険予知)支援機能」が追加された。KY活動のデジタル化により、現場の安全対策と業務効率化を支援する。(2024/1/29)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
AWS、放送業界を分かってきたじゃないか…… Inter BEE展示で感じたこと
AWSと言えば米Amazonが提供するクラウドサービスという印象だが、そのAWSが日本の放送業務にも進出しつつある。現場にAIパワーや業務効率化をもたらす同社のクラウド戦略とは。(2024/1/29)

BIM:
船場がBIM活用を強化 専門部署設立で業務効率化、新事業創出を推進
商業施設やオフィスの設計・施工などを手掛ける船場は、BIMの新部門「BIM CONNECT本部」を設立した。BIMデータの全社一元管理による生産性向や、新規事業の創出に向け、BIMを基盤としたデジタルプラットフォームを構築する。(2024/1/22)

製品動向:
インテリア提案業務のDXサービスに、画像検索機能を追加 類似商品や雰囲気に合った家具を提案
リクルートと三井デザインテックが共同で運営するプロ向けのインテリア提案業務支援サービス「MINTERIOR(ミンテリア)」で、ユーザーがアップロードした画像から類似商品を探せる検索機能を追加した。インテリアコーディネーターは業務効率化に加え、精度の高い提案が可能になる。(2024/1/19)

導入事例:
レオパレス21、20万戸超にスマートロック導入 年間約10万時間の業務削減
レオパレス21の管理物件でスマートロック導入件数が20万戸を超えた。入居者の利便性を向上するとともに、同社における鍵関連業務を年間約10万時間削減するなど業務効率化にもつながっている。(2024/1/17)

MONOist 2024年展望:
生成AI×設計の現在と未来を見据えた付き合い方
今注目のテクノロジーといえば「ChatGPT」に代表される生成AIが挙げられるでしょう。社内情報資産を活用した業務効率化などビジネス利用が進む中、製造業におけるデザイン/設計業務においても生成AIの存在感が増しています。今どのような活用が進んでいるのか? 2024年メカ設計フォーラム新年展望では、生成AI×設計の現在と、未来を見据えた付き合い方について考察します。(2024/1/9)

医療機器ニュース:
病院内を安定走行するサービスロボットの新型機種を導入
藤田医科大学、川崎重工業、SEQSENSEは、医療従事者の負担軽減および業務効率化を目指す取り組みとして、サービスロボット「FORRO」の新型機種を、藤田医科大学東京 先端医療センターに導入した。(2023/12/25)

ChatGPTでの業務効率化を“断念”──正答率94%でも「ごみ出し案内」をAIに託せなかったワケ 三豊市と松尾研の半年間
「ごみ出し案内」業務にはChatGPTを“活用しない”と決断──生成AIを使った業務効率化を検証してきた、香川県三豊市がそんな発表をした。実証実験には松尾研も協力したが、思ったような成果が出せなかったという。一体なぜか?(2023/12/15)

生成AI、コスト削減「だけじゃない」活用メリットとは? マーケ担当111人に聞いた
昨今、多くの企業が業務のスムーズな進行を図るために生成AIの導入を進めてる。一方で、業務効率化以外に生成AIを活用するメリットとは。Macbee Planet(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/12/11)

今日のリサーチ:
生成AI活用の業務効率化以外のメリット、約6割が「コンテンツの多様化」を実感――Macbee Planet調査
生成AIの業務利用では効率化や生産性向上が注目されがちですが、すでに生成AIを導入しているマーケティング担当者は、さまざまな効果を実感しているようです。(2023/12/6)

データセンターは生成AIでどう変わるのか【後編】
生成AIが「賢くも危険でもない」と専門家が語るのはなぜ?
生成AIの導入は、企業に業務効率化といったメリットだけではなく、リスクももたらすという見方がある。企業は生成AIを活用する際、何に気を付ければよいのか。業界関係者の見方を紹介する。(2023/11/30)

2027年度に販売棟数1万棟:
大和ハウス工業、27年度に戸建て7割の木造化目指す VR活用で提案力強化も
大和ハウス工業は規格住宅や分譲住宅の販売を強化し、2027年度に販売棟数1万棟を目指す。また、CO2排出量削減に向けて木造住宅の建設を加速するとともに、提案力向上と業務効率化を目的にデジタル活用も進める。(2023/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。