連載
» 2014年05月15日 05時00分 UPDATE

ネイティブが使う英語 使わない英語:「トイレ行ってくる!」

接待ディナーの席で……。

[デイビッド・セイン, 小池信孝,Business Media 誠]

トイレに行きたい

NG

I want to go to the bathroom.

トイレ行ってくる!


OK

I need to excuse myself.

ちょっと失礼します。


解説

 力ジュアルな場面であれば“go to the bathroom”で問題なし。でも、初対面の人に対してはもっと婉曲な表現が望ましい。

 “I have to piss.”(小便してえ)などは論外。“I need to excuse myself.”または“I have to go.”と言っても、相手はきちんと理解してくれる。女性なら、“I need to powder my nose.”(ちょっとお化粧を……)などと言って立ち去ってもOK。

アドバイス

 “restroom”“bathroom”は、初対面では避けたほうが無難。


連載「ネイティブが使う英語 使わない英語」について

『mini版 ネイティブが使う英語 使わない英語』

本連載は、デイビッド・セイン|小池信孝著、書籍『mini版 ネイティブが使う英語 使わない英語』(アスコム刊)から一部抜粋、編集しています。

日本人は、中学校から高校で、難解な単語や熟語をたくさん学んでいるわりには、ネイティブがよく使う簡単な単語や言い回しを正しく使えず、伝わりにくい、ということが往々にして生じています。

もうちょっとで伝わる、というその差を克服するために、ワンフレーズずつ次の8つのシチュエーションに分けて紹介していきます。例えば、電話で「〜さんはいますか?」と聞かれて自分が本人だったときにどう答えるか、聞いてほしい話がある場合、どのように切り出すかなど。
・あいさつする/礼を言う
・お願いする
・断る
・伝える
・尋ねる
・提案する/すすめる
・和製英語

これさえ読めば、ネイティブとのコミュニケーションがさらにうまくいくことでしょう。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ