ニュース
» 2008年02月28日 16時08分 UPDATE

マイクロソフトの新社長に樋口氏、「親しみの持てる会社に」

マイクロソフトの日本法人は、現COOの樋口泰行氏が4月1日付けで新社長に就任すると発表した。

[怒賀新也,ITmedia]

 既報の通り、マイクロソフトの日本法人は2月28日、都内のホテルで記者発表会を開催し、現代表執行役兼COOの樋口泰行氏が4月1日付けで新社長に就任すると発表した。現社長のダレン・ヒューストン氏は、米Microsoftのコーポレートバイスプレジデントとして、4月をめどに設立される新組織「コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ」を担当する。

higuchi.jpg 4月1日に社長に就任する樋口氏

 冒頭で新社長の樋口氏は「1年の移行期間をいただき感謝している」と話し、2007年3月の入社時から社長就任が規定路線だったことをうかがわせた。

 同氏は「顔が見えて、親しみの持てる企業にしたい」と意気込む。「社内よりも顧客やパートナー企業など社外で使う時間を最大限増やすようにし、顧客の声が社内に響きわたるような会社にしたい」という。

 今後の戦略については、(日本における投資の拡大を柱にダレン氏が推進した)「Plan-J後の施策を、7月の戦略ブリーフィングで説明したい」と伝えている。

 ハードウェアベンダーである日本HPで社長を務めていた樋口氏は「ソフトウェアは製品サイクルが長いため、ハードウェアほど在庫に神経をとがらせることはない。だが信頼してもらえるか、トラブル時の対応をしっかりするなど、企業としてやるべきことは何も変わらない」としている。

 企業向けで焦点が当たる施策としては、例えばいわゆるSaaS(サービスとしてのソフトウェア)への取り組みが挙げられる。同社はSoftware plus Services構想を明らかにしており、樋口氏はこれについて「ソフトウェアをパッケージではなく、回線を通じてサービスとして利用する流れがあり、マイクロソフトとしてはこの流れに沿っていく」とした。

 「われわれの顧客の立場になると、(ハードウェアなどの資産を)持たざる経営が求められている。中堅企業などにおける人材不足も関係してくる」(同氏)

higuchi2.jpg 発表会には米Microsoftの上級副社長、ジャンフィリップ・クルトワ氏(右)も同席した

 一方、米本社に復帰するヒューストン氏は樋口氏について「すばらしいパートナーだった。同じハーバード大学を卒業していることもあり、共に会社を率いることができてうれしかった」と話した。

 ヒューストン氏は日本での経験について、日本企業で11のクロスライセンス契約を取り付けたことなどを挙げながら「一番の誇りはPlan-Jだった」という。また、日本はMicrosoft全体で第2位の市場だが、市場投入していない製品もあったため、CRM製品のMicrosoft DynamicsやWindows Mobileの立ち上げなどに注力した。

 「マイクロソフトは日本の技術者にとって最も良いパートナーになりたいと考えている」(ヒューストン氏)

 なお、樋口氏は1957年生まれ。大阪大学工学部卒業後、松下電器産業入社。1991年にハーバード大学経営大学院を卒業後、ボストンコンサルティング入社。アップルコンピュータを経てコンパックコンピュータに入社。合併に伴い、日本HPの執行役員、インダストリースタンダードサーバ統括本部長に就任。2003年日本HP社長、2005年にダイエー社長に就き、2007年3月にマイクロソフトに入社。代表執行役兼COOに就任した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ