ニュース
» 2008年10月03日 16時46分 公開

HMVジャパン、商品訴求のプロセスを自動化するシステムを導入

HMVジャパンは、顧客が求める音楽などのコンテンツを、確実かつ迅速に訴求するため、顧客分析や電子メールの配信を自動で行うシステムを導入した。

[ITmedia]

 音楽や映像ソフトウェアを販売するHMVジャパンは、米UNICAの企業のマーケティング業務を管理するソフトウェア「Affinium」を導入した。電通国際情報サービスが10月2日に発表した。顧客に対して最適な商品を訴求するマーケティング活動を強化するのが目的という。

 HMVジャパンでは顧客データを管理する既存のデータベースやメール配信システムとAffiniumを連携させた。顧客分析やターゲットとなる顧客へのメール配信、リポート作成のプロセスを自動化し、マーケティング活動を迅速に行うことが狙い。

 Affiniumの導入により、マーケティング部門で実際に利用する顧客データの抽出や分析ができるようになった。データ抽出の時間を短縮するため、業務効率が向上するという。

 顧客の嗜好と購買行動が多様化する中、同社は店舗、電子商取引(eコマース)の顧客に対し、顧客ごとに最適なマーケティングを展開する必要性を感じていたという。2007年6月にはメンバーズカードを刷新して店舗とeコマースの会員を共通化し、2008年8月にはECサイトのデータ分析システムを強化するなど、顧客一人一人に最適な商品を訴求する取り組みを行っている。

 HMVジャパンの清水俊明マーケティング本部CRM推進部長は「顧客の嗜好に合わないコンテンツを提供するだけでは、“スパム”ととらえられて顧客が離れてしまう。押し売りではないサービスとして認知してもらえるように、商品の推薦の頻度や量を自動化することを選定の必須条件とした」と発表文中でコメントしている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

マーケティング | eコマース | CRM | 業務効率


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -