ニュース
» 2009年03月18日 11時35分 UPDATE

Sun、Wind River Linux 3.0のUltraSPARC T2への移植を発表

Wind River Linux 3.0はSunのCMTプロセッサに対応する初のCGLとなる。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは3月17日、米Wind River SystemsがLinux OS「Wind River Linux 3.0」およびEclipseベースの開発スイート「Workbench」の「UltraSPARC T2」プロセッサへの移植を完了したと発表した。

 Wind River Linux 3.0はSunのCMT(チップマルチスレッド)プロセッサに対応する初のキャリアグレードLinux(CGL)になるという。Sun Netra T5220サーバおよびNetra CP3260 ATCAブレードサーバなどで稼働する。また、UltraSPARC T2のRDK(リファレンスデザインキット)でも入手可能。

 Sunは、この移植によりUltraSPARC T2とCGLは統合・最適化され、開発者は次世代ネットワーキングアプリケーションを迅速に開発・導入できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -