ニュース
» 2009年03月24日 13時18分 公開

x86のシェア争い:デルCEO、IBMのSun買収報道に「魅力的な話」

米Dellのマイケル・デルCEOが来日し、米IBMが米Sun Microsystemsを買収するとの報道について「魅力的な話だ」とコメントした。

[怒賀新也,ITmedia]

 米Dellのマイケル・デルCEOが来日し、3月24日に記者懇親会を開催した。米IBMが米Sun Microsystemsを買収するとの報道について、現状は噂に過ぎないと前置きした上で「魅力的な話だ」とコメントした。デル氏の談話は次の通り。


来日したマイケル・デルCEO。「サーバやストレージの仮想化を推進する」と話した。

 米IBMによる米Sun Microsystems買収の話はあくまでも噂だが、Dellにとって魅力的な話だと考えている。SunのUNIX系OSであるSolarisや、サーバマシンのSPARCなどを使うユーザーは多い。IBMが買収すればそうしたユーザー企業が、インテル系プロセッサを搭載するx86プラットフォームへのシステム移行を考えるだろう。

 Dellはx86系サーバで4分の1のシェアをとっている。既にここ数年で、ユーザーによるSPARCなどからのx86への移行が進んでいたが、この噂で緊張感が増し、動きが加速するだろう。

 IBMにはメインフレームの「IBM System zシリーズ」などさまざまなサーバ製品がある。仮にSun買収が成立した場合に、IBMがSunの製品をどうするのか、アナリストもまだまとめ切れていないという印象がある。

 (DellはSun買収に興味がないのかの質問に)噂話には関わらない。(談)

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -