ニュース
» 2009年04月02日 10時34分 UPDATE

Microsoft、Google、Zoho対抗:IBM、クラウドベースのコラボレーションスイート「LotusLive Engage」発表

IBMが、Google、Microsoft、Zohoなどが競合するSaaS市場に本格参入する。

[ITmedia]

 米IBMは4月1日、エンタープライズコラボレーション向けクラウドサービススイート「LotusLive Engage」を発表した。4月7日から提供を開始する。

 LotusLiveとは、IBMがパートナー企業のために用意し、パートナー各社がSaaSプラットフォームとして顧客に提供するミーティング、メッセージング、コラボレーションアプリケーションのブランド名。LotusLive Engageはその最初の製品となる。Web会議、インスタントメッセージング、ファイルのストレージおよび共有、グラフ作成、タスク管理などを組み合わせたサービス。

 企業はLotusLive Engageを利用することで、顧客や仕入先などとセキュアなコミュニケーションを行うことができるという。料金体系はサブスクリプションモデルで、「競合製品と同程度」となる見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -