ニュース
» 2009年04月15日 18時36分 UPDATE

StorageWorks EVAの新モデル投入:日本HP、仮想ストレージソリューションを強化

日本HPはミッドレンジストレージの新モデルEVA6400/8400を国内投入するとともに、仮想化ソリューション、アセスメントサービスの強化を発表。ユーザー企業におけるストレージ管理コスト削減を図るという。

[石森将文,ITmedia]
iso.jpg 日本HP ストレージワークスビジネス本部 磯 佐江 担当マネジャー。「EVAは世界市場で約6万台出荷されている。そのうち2万台が2008年度の実績だ。この背景には、HPのBladeSystemとVMware、そしてEVAで構成される仮想化プラットフォームが受け入れられたということだ」と話す

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は4月15日、ミッドレンジ向けディスクアレイ「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(以下、EVA)」の新モデルとなる「EVA6400/8400」の販売を開始した。あわせてSAN環境を仮想化するソリューション「SAN Virtualization Services Platform(以下、SVSP)」およびEVAをベースにしたアセスメントである「EVA仮想化推進サービス」を発表した。なおEVA6400/8400およびSVSPは、3月10日に米国で発表されたもの。

 EVAは、構成した仮想ディスクプールをオンラインで拡張、配置できるHPの特徴的なミッドレンジストレージ。RAIDの再構成などの手間がなく、またストレージ拡張後のパフォーマンスもほぼリニアに伸びるため、サイジングの失敗なども少ない(必要なときに拡張すればよい)。結果として、ユーザーはストレージ管理の負荷やコストを低減できる。

EVA8400 EVA8400

 説明に立った日本HPの磯 佐江氏によると、実際にEVAユーザーの多くが自らストレージを管理しており、このことはミッドレンジのSANストレージ製品としては珍しいという。なお米国Edison Groupが2009年2月に公表した調査結果によると、ストレージ管理者の作業負荷を最大49%削減できるという。

 EVAの新モデルは、ぞれぞれ従来機種であるEVA6100/8100の後継モデルと位置付けられる。同等構成での製品価格が最大22%引き下げられており、テラバイトあたりの単価も最大28%低減された。新たにSSDがサポートされ、「Tier0」が加わることによる3レベルのストレージ階層管理が可能となる。仮想RAID構成も「Vraid 6」に対応した(従来は0、1、5)。またプロビジョニングの自動化ツール「Dynamic Capacity Management」がLinuxをサポートする。価格はEVA6400が784万3500円からで、EVA8400は1737万7500円から。従来機種との主な機能比較は次のとおり。

製品名 キャッシュ ディスク搭載数/最大容量 ホストポート ドライブポート
EVA6100 4ギガバイト 112/112テラバイト 4Gb/s×4 2Gb/s×4
EVA8100 8ギガバイト 240/240テラバイト 4Gb/s×8 2Gb/s×8
EVA6400 8ギガバイト 216/216テラバイト 4Gb/s×8 4Gb/s×8
EVA8400 22ギガバイト 324/324テラバイト 4Gb/s×8 4Gb/s×8

「箱」だけでなくソリューションとしてユーザーへ届ける

 「SAN環境を仮想化するソリューション」として発表されたSVSPは「SVSPデータパスモジュール2台、管理サーバー2台、SVSP Volume Manager(標準ソフトウェア)5テラバイト分」を最小構成として、アプライアンスの形で提供される。企業内に散らばったDASやSANのストレージアイランドを集約し、単一の論理ストレージとして管理できる。結果として、ハードウェアの枠を超えて容量や性能をスケールアップできるほか、ストレージ間のデータ複製や移行が容易になる。また複数のストレージにまたがったストライピング(データの分散格納)によるパフォーマンス向上や、シンプロビジョニングを利用したストレージ利用率向上を行える。提価格は975万1350円から。

 またEVA仮想化推進サービスは、最適なストレージ仮想化を進めるためのアセスメントサービス。一定期間(2週間以上)の調査後、将来のストレージ容量や投資見通しについて日本HPがリポートする。想定システムは「10台以上のサーバ/3テラバイト以上のストレージ」とされ、84万円から提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -