ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロビジョニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロビジョニング」に関する情報が集まったページです。

WaaS時代はマスター管理で疲弊しない:
PR:Windows 10を導入するなら知っておきたいマスター管理効率化テクニック
「Windows 10」は従来と異なる提供ポリシーのため、導入や運用を今まで通りで進めるリスクは予想以上に大きい。だからこそWindows 10の特性を理解した運用が重要だ。カギは日本であまり知られていないある技術にある。(2019/7/19)

インフラをコードとして定義できる:
「AWS Cloud Development Kit」をAWSが正式リリース、インフラとアプリを同時に管理
Amazon Web Services(AWS)は、オープンソースのソフトウェア開発フレームワーク「AWS Cloud Development Kit」(AWS CDK)の一般提供を開始した。YAMLやJSONを使ったインフラ管理と比較してさまざまなメリットがあるという。(2019/7/16)

石野純也のMobile Eye:
キャリアの脅威になる? IIJmioの「eSIM」が業界に与えるインパクト
IIJは7月18日から、個人向けのeSIM対応データ通信サービスを開始する。6GBプランしかなく、対応端末も限られるが、オンラインで気軽に“2回線目”を追加できるのは魅力だ。サービス詳細や、市場に与えるインパクトを検証する。(2019/7/6)

新スマホ移行の段取りを効率化するには
古いiPhone、Androidを上手に手放す「ライフサイクルポリシー」が必要な理由
IT部門がスマートフォンのライフサイクルポリシーを作成する際は、利用できるリソースと、ユーザーのニーズを考慮しなければならない。そうしたポリシーが必要な理由と、その設計方法について解説する。(2019/7/1)

SSDで高性能I/Oアクセス可能:
Microsoft、ファイル共有サービス「Azure Files」の「Premium」オプションを正式リリース
Microsoftは、ファイル共有サービス「Azure Files」で高いパフォーマンスレベルが得られる「Premium」オプションの一般提供を開始した。なお、料金体系は「Standard」オプションとは異なる。(2019/6/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(83):
ブラウザオンリー、パブリックIPなしで安全に仮想マシンに接続できる「Azure Bastion」プレビュー開始
Azure仮想マシンのパブリックIPアドレスを使用せずに、Azureポータルから仮想マシンに直接RDPまたはSSH接続を可能にする新しいフルマネージドサービス「Azure Bastion」のプレビュー提供が開始されました。(2019/6/28)

モバイルデバイスのキッティングが楽に
Androidの「ゼロタッチ登録」、多少の制限があっても使いたくなる魅力とは
ゼロタッチ登録を利用すれば、Androidデバイスのプロビジョニング作業を簡略化できる。多少の制約はあるものの、組織によってはこの方法で大きな恩恵を受けられるだろう。(2019/6/28)

DataOpsの誕生【後編】
DataOps実践のヒント
データサイエンティストがDataOpsを実践するには、データを扱う環境が必要だ。都度IT部門と交渉して環境を整えてもらうようでは時間がかかり過ぎる。(2019/6/28)

セットアップを自動化:
「AWS Control Tower」の正式提供を開始、サービスの一元管理に役立つ
Amazon Web Services(AWS)は、マルチアカウントAWS環境を簡単にセットアップ、管理できるサービス「AWS Control Tower」の正式提供を開始した。企業環境の全てのアカウントで、AWSサービスを一元管理し、活用できる。(2019/6/26)

IoT基礎解説:
いまさら聞けないeSIM入門
セルラー通信の進化や利用シーンの拡大に応じてさまざまなSIMが登場している。本稿では、SIMの中でも、最近話題となっている「eSIM」について、その概要や利点だけでなく、実際に製品に組み込むために必要な知識を紹介する。(2019/6/26)

2019年2度目のリリース:
Kubernetes 1.15がリリース、安定性の強化とCRDなどの機能強化が特徴
Kubernetesプロジェクトは2019年6月19日(米国時間)、2019年における2回目のリリースであるKubernetes 1.15の提供開始を発表した。本記事では、新バージョンを説明したブログポストの抄訳をお届けする。(2019/6/20)

これからのプライベートクラウド構築【後編】
VMware、Nutanix、Red Hatを比較 プライベートクラウドで選ぶべきベンダーは?
プライベートクラウドを自前で構築する際、ベンダーごとの特性を把握しておけば、どのような製品が自社に適しているかを判断できるだろう。主要な3ベンダーに絞り、選定のポイントを紹介する。(2019/6/14)

具体的な利用例や相違点を紹介
いまさら聞けない「サーバレス」「マイクロサービス」は何が違うのか
サーバレスアーキテクチャとマイクロサービスアーキテクチャは、それぞれに特徴があり、目的に応じた使い分けが大切だ。主な相違点と特徴を見てみよう。(2019/6/10)

「OpenStack Days Tokyo 2019」「Cloud Native Days Tokyo 2019」:
「KubernetesとOpenStackは、クラウドネイティブに向けた旅を支える」、7月の国内イベントを前に最新情報を紹介
「OpenStack Days Tokyo 2019」「Cloud Native Days Tokyo 2019」(以下、「OSDT/CNDT 2019」と略記)が、2019年7月22〜23日に開催される。実行委員会の青山真也氏、水野伸太郎氏、草間一人氏が、それぞれKubernetesおよびOpenStack関連の最新情報と、イベントの見どころを語った。(2019/6/3)

SD-WANの今が分かった:
PR:クラウドファースト時代にネックになる通信経路、SD-WANが課題解決
専用線とデータセンターを前提とした企業のWANが姿を変えようとしている。きっかけはクラウドサービス(SaaS)の浸透と、モバイル端末などを利用したインターネットアクセスだ。ネットワーク構成を幾度となく素早く変更しなければならない場面が多発している。このような課題に役立つのがSD-WANだ。Dell EMCが主催し、2019年4月19日に開催したセミナーでは、Dell EMCの他、SD-WANソリューションに定評があるVMwareやVersa Networks、トレンドマイクロが登壇し、SD-WANの最新動向や各社のソリューションについて語った。(2019/5/28)

理由と対処法を整理
DDoS攻撃はなぜ秋に急増するのか? “ゲーマー学生”原因説も
分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は秋に急増する傾向があるという。なぜこのような現象が起きるのだろうか。DDoS攻撃の対処法と併せて考える。(2019/5/24)

テラデータ、「Vantage-as-a-service」メニューを拡充 AWS Marketplaceで提供へ
テラデータは、データ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」のas-a-serviceメニューを拡充した。AWS Marketplaceでの提供、オンプレミス向けのハイブリッドクラウドソリューション、ディザスタリカバリー環境構築サービスの3つ。(2019/5/23)

事例で探るKubernetes管理の勘所【後編】
マネージドKubernetesを使うマインクラフト交流サイト 直面した課題と解決策は?
コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」のマネージドサービスを活用するMineteria。ゲーム「Minecraft」関連サービスを手掛ける同社は、成長中の新しいサービスをどう活用しているのか。(2019/5/10)

Nutanix .NEXT 2019で発表:
AWS上でNutanixプラットフォームを自動展開できる「Nutanix on AWS」を提供へ
Nutanixは2019年5月8日(米国時間)、同社のイベント「Nutanix .NEXT 2019」における基調講演で、「Nutanix on AWS」あるいは「Nutanix in AWS」と呼ぶサービスを、2019年夏にテクノロジープレビューとして提供開始することを明らかにした。(2019/5/9)

Microsoft Build 2019:
「Azureは、他のクラウドに見られないリッチなハイブリッドを実現」とMicrosoftのガスリー氏
Microsoftのクラウド&AI担当エグゼクティブバイスプレジデントであるスコット・ガスリー氏が2019年5月6日(米国時間)、同社イベントMicrosoft Build 2019で行ったクラウド/AI基調講演には、Microsoft Azureにおける「(IoT/エッジを含めた)リッチなハイブリッドクラウド体験」というテーマがちりばめられていた。(2019/5/7)

コスト削減と自動化を推進する
サーバレスで「労働時間の4割がインフラのお守り」という常識が変わる
IaaSとPaaS分野で「サーバレスコンピューティング」が注目されつつある。Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏のインタビューを基に、この技術が企業にもたらすメリットを説明する。(2019/4/25)

汎用サーバに実装
仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?
ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。(2019/4/19)

極めて要求の厳しいアプリに対応:
Google、マネージドKubernetesサービスの新版「GKE Advanced」を発表
Googleは、マネージドKubernetesサービス「Google Kubernetes Engine(GKE)」の新エディション「GKE Advanced」を発表し、従来のGKEを「GKE Standard」へ改称した。GKE Advancedは極めて要求の厳しいアプリケーションでの利用を想定する。(2019/4/18)

IT部門の管理方法も異なる
チームコラボツールは「全社で1つ」か「部門ごと」か ベストプラクティスは?
チームコラボレーションツールを導入する方法は、ユニファイドコミュニケーション(UC)の戦略とユーザーのニーズによって異なる。導入にはどういう選択肢があり、どういうメリットとデメリットがあるだろうか。(2019/4/18)

クラウド戦略の根幹
「ハイブリッドクラウド」は「ハイブリッドIT」「マルチクラウド」とどう違うのか?
マルチクラウドとハイブリッドクラウドには明確な違いがある。両者の概念を理解した上で、クラウドをどのように採用するのが適切かを検討する必要がある。(2019/4/18)

AWS互換のプライベートクラウド構築ソフトウェア、ネットワールドが国内販売開始
ネットワールドは2019年4月16日、イスラエルのStratoscale(ストラトスケール)が提供するソフトウェアベースのインフラ製品の国内販売開始を発表した。Amazon Web Services互換のAPIで操作できるインフラ/Kubernetes環境をオンプレミスに構築できる。(2019/4/16)

成熟した技術で普及期へ向かう「SDN」【前編】
「SDNは大企業のためのもの」という考え方はもう古い
「SDN」が本来の定義から変化し、その対象範囲を拡大させている。SDNに何が起きているのか。SDNの基本に立ち返りつつ、その変化をひも解く。(2019/4/17)

鍵を握るのはWAN接続
「SD-WAN」でネットワークコストが安くなる“これだけの理由”
SD-WANでは、コスト削減の利点が強調されることが少なくない。どのようにコストを削減できるのかを考察する。(2019/4/16)

紛らわしい5つの用語の意味を整理
「DevOps」「NetOps」「SecOps」「DevSecOps」「NetSecOps」の違いとは?
よく似たIT用語である「DevOps」「NetOps」「SecOps」「DevSecOps」「NetSecOps」は、それぞれどのような意味なのだろうか。それぞれの関係性を踏まえて、各用語の意味を簡潔に紹介する。(2019/4/15)

「ロックインを避ける」:
Google CloudがMongoDB、Elasticsearchなど、OSSベンダーフレンドリーなマネージドデータサービスを発表
Google Cloudは2019年4月9日(米国時間)、サンフランシスコで開催中のGoogle Clooud Next ‘19で、MongoDB、Elasticを含むオープンソースソフトウェアベンダー7社との提携に基づくマネージドデータベース/データサービスを発表した。(2019/4/10)

主要な機能を整理
「Windows Server 2019」にここまで盛り込まれていた「SDDC機能」の中身
Microsoftは「Windows Server 2019」に、「ソフトウェア定義データセンター」(SDDC)の構築に役立つ多様な機能を盛り込んだ。どのような機能があるのだろうか。(2019/4/10)

“負の伝統”と決別、Windows 10運用を便利に:
PR:IT資産の導入・管理からの解放――悩めるIT部門の救世主「Simplitクラウドサービス」とは
「PCなどの資産は所有するものではなく、サービスとして利用すること」を意味する「DaaS(Device as a Service)」という概念が注目を集めている。横河レンタ・リースもこの概念に賛同し、IT資産の導入・運用をパッケージ化した「Simplitクラウドサービス」を提供している。「Windows 10」の大型アップデートにも柔軟に対応できるという、同サービスの実力とは――。(2019/4/9)

想定外に高くつく可能性も
VDIコストは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)で本当に削減できるのか?
VDI用としてHCI導入を検討している企業は、長期的なコストを算出して、本当にHCIが自社のVDIに適しているかどうかを検討する必要がある。(2019/4/4)

「AIフレンドリーなHCI環境を目指す」
AI処理に最適なHCIは? Dell、HPC、Ciscoなど代表的製品を比べる
リソースを大量に利用するAI(人工知能)のワークロード需要が高まっている。そのため、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)もそうした需要に対応するために進化している。(2019/3/29)

AIの新用途やコンポーザブルインフラなど
ストレージ業界、押さえておかないと疎外感を抱く6つの技術トレンド
2019年のストレージ技術トレンドは、安価で密度の高いフラッシュや、優れたパフォーマンスとデータ保護を実現するマルチクラウドデータ管理などが話題になるだろう。(2019/3/28)

オンプレミスの良いところがクラウドで実現できていない:
PR:約50%の費用で約2倍のリソースを利用――事例に見るリフト&シフトで考えるべき3つのステップ
多くの企業が検討する“クラウド移行”。そのとき、考えるべき3つのステップとは。2019年2月28日に開催された「リフト&シフトをどう進めるか? 先行企業に聞く『既存システムのクラウド移行』で確実に『成果』を収める方法」セミナーの講演から探る。(2019/3/26)

巨大な単一アプリケーションからの脱却
マイクロサービスを運用する人がいつもぶつかる9つの課題
モノリス(巨大な単一アプリケーション)を細かく切り分けることは優れた判断である一方、マイクロサービスのアプローチは慎重に実施しないと共通の問題に行き着く。本稿では、こうした共通の課題を9つ紹介する。(2019/3/14)

iCloudはダメ?
モバイル端末のバックアップは悩ましい 管理手法別に紹介
モバイルデバイス管理(MDM)の対象としているモバイル端末のバックアップを許可していいかどうかは、状況ごとに異なる。COBO、COPE、BYODのシナリオ別にIT担当者が検討すべき事項を解説する。(2019/3/3)

なぜデータを「成果」に変えられないのか?:
AI活用を阻む「データマネジメントの問題」をどう解消するか
AI活用を進めるためにデータを日々蓄積しているが、必要なデータが足りない、データのありかが分からない、すぐに使えるデータを集められないなど、AI以前の段階でつまずきAIプロジェクトが頓挫してしまうケースは多い。そうしたありがちな問題に陥らないためには具体的に何が必要なのか――データを価値に変える「データパイプライン」というコンセプトを打ち出しているNetAppに話を聞いた。(2019/3/6)

最新ITの導入でビジネスに差をつける
幾つ知っている? 2019年に注目度アップする10のITトレンド
データセンターの小型化、サーバレスコンピューティング、デジタルダイバーシティーとは何だろう。2019年にIT運用の原動力となる10個のITトレンドと、こうしたトレンドが自社のビジネスをどのように変えるかを考える。(2019/2/27)

今後に備えるために
2019年に磨くべき5つのデータセンタースキル
データセンターにおけるソフトウェアの比重が高まる中、管理者はクラウドやコンテナ、DevOps、人工知能(AI)について学び、今後に備える必要がある。(2019/2/25)

Tech TIPS:
【Windows 10対応】ページファイルを別ドライブに移動してパフォーマンスを向上させる
通常、仮想記憶を実現するためのページファイルは、システムドライブのルートディレクトリに作成される。しかしシステムに複数のディスクが装着されているなら、ページファイルをシステムとは別ドライブに設定することで、パフォーマンスを向上させることができる。(2019/2/22)

企業における「ID管理」【第3回】
事例で分かる 業務委託とID管理の「深い関係」とは
ID管理は自社だけでなく、ビジネスパートナーとの間でも重要な役割を果たす。インシデント事例を基に、どのような点が問題になるか、対策は何かについて解説しよう。(2019/3/5)

社内専用アプリ利用時に使いたいテクニック
Windows 10 PCに社内UWPアプリを導入 サイドロードとは?
開発中のアプリや社外秘作業を伴うアプリなどを使いたい時、「Microsoft Store」を使わずに、基幹業務(LOB)アプリをWindows 10搭載PCにサイドロードする方法がある。幾つかのやり方があるが、注意も必要だ。(2019/2/20)

企業における「ID管理」【第2回】
働き方改革にGDPR、そしてM&A 「IDaaS」は企業課題解決の救世主となるのか
ID管理を取り巻く環境は急激に変化している。そこにはどんな課題があるのか。「IDaaS」はどこまで使えるのか。(2019/2/15)

低価格のゲートウェイも発表:
LoRaWAN、中国Tencentとの提携で普及拡大に弾み
2019年1月31日〜2月1日にオランダのアムステルダムで開催されたLoRaWAN開発者会議「The Things Conference」で、69米ドルという超低コストのLoRaWAN対応屋内ゲートウェイなどが発表された。これにより、LoRaWANの普及が加速する可能性がある。(2019/2/14)

クラウドは“選ぶ”から“組み合わせる”フェーズに:
PR:“真のマルチクラウド”はどうすれば実現できる?――今、あらためて直面するクラウドの課題解決に向けgrasysができること
クラウドの登場からおよそ10年が過ぎ、さまざまなクラウドベンダーが提供するサービスや機能は数百に上るようになった。だが、それらを複数のクラウドをまたがって自由に利用できるようにはまだなっていない。「真のマルチクラウド」はどうすれば実現できるのか。ほぼ全員が元プログラマー出身のエンジニアで構成されているというユニークなインフラ会社grasysの代表取締役社長である長谷川祐介氏に話を聞いた。(2019/2/12)

個々の機能や特性を比べる
Dockerと仮想マシンを比較 アプリ開発環境で使うなら?
仮想マシン(VM)とコンテナには技術的に大きな違いがある。コンテナを選ぶ開発者が多いのは、コンテナの方により整合性があると考えているためだ。(2019/2/5)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(11):
「ウチの社員はITリテラシーが低すぎて、Windows 10の運用はムリ」 それって本当ですか?
2019年になり、いよいよWindows 7のサポート終了まで1年を切りました。今回はこれまでの記事を振り返りつつ、移行に関してよく聞かれる疑問や悩みに答えていきます。(2019/2/4)

AI(人工知能)開発にも活用できる
VDI環境で進むGPU利用 より経済的になって支持が拡大
VDI(仮想デスクトップインフラ)環境でのGPUの利用が進んでいる。GPUの共有やCPUリソースの解放といったさまざまな技術進化や新たなユースケースの登場が背景にある。(2019/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。