ニュース
» 2009年04月22日 08時37分 UPDATE

3Dプラグインアプリを作成可能:Google、オープンソースの3D WebアプリAPI「O3D」を公開

KhronosメンバーのGoogleが、3DのWebアプリケーションを作成するためのAPIの早期版をマルチプラットフォームでリリースした。

[ITmedia]

 米Googleは4月21日、Webサイト向けインタラクティブ3Dアプリケーションを作成するためのオープンソースのAPI「O3D」をリリースした。

 開発者からのフィードバックを目的とした、早期段階のリリースだとしている。Windows XP SP2以降、Windows Vista、Mac OS X 10.5、Linuxに対応する。WindowsとMac版のプラグインは、Google Code Labsのサイトからダウンロードできる。

o3d O3Dで作成したサンプル画像

 O3DではJavaScriptを用いてWebアプリケーションを開発できる。Webプラグインとして稼働するため、O3Dで開発したアプリのユーザーはアプリをダウンロードする必要がない。O3Dには、Max、Maya、SketchUpのファイルをオープン標準フォーマットに変換するファイル変換ツール「COLLADA Converter」が含まれる。

 GoogleはOpenGLをベースにしたグラフィックス標準化推進団体Khronos Groupに参加しており、O3DはBSD Lincenseの下で公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -