ニュース
» 2009年04月27日 14時02分 UPDATE

BPOSを正式リリース:マイクロソフト、企業向けクラウドサービスの提供を開始

マイクロソフトは、企業向けソフトウェアの機能をネットワーク経由で提供するサービスを開始した。ExchangeやSharePointの機能を利用できる。

[ITmedia]

 マイクロソフトは4月27日、企業向けソフトウェアの機能をデータセンターからネットワーク経由で提供するサービスを開始した。グループウェアや電子メールなどの機能を月額課金制で利用できる「クラウド型」のサービスだ。

 提供を開始するのは「Microsoft Business Productivity Online Suite」(BPOS)と呼ぶサービス。BPOSは電子メールや会議室予約の機能を持つ「Microsoft Exchange Online」、グループウェア関連の機能を集めた「Microsoft SharePoint Online」などで構成している。

 月当たりの価格はBPOSが1567円、Exchange Onlineが1044円、SharePoint Onlineが757円など。サービスの提供に併せて、BPOSを30日間無償で利用できるサービスも開始した。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -