ニュース
» 2009年05月01日 16時08分 UPDATE

開発者専門SNS:IBM、技術者向け情報ポータル「developerWorks」にSNS機能を追加

800万人の開発者が利用しているというIBMの情報ポータルに、技術情報の共有を目的としたソーシャル機能「My developerWorks」が登場した。

[ITmedia]

 米IBMは4月30日、同社の技術者向け情報サイト「developerWorks」にソーシャルネットワーキング機能「My developerWorks」を追加したと発表した。

 developerWorksは、ソフトウェアやハードウェアの開発者に優良な技術リソースを提供することを目的に、IBMが1999年に開始したポータルサイトで、現在世界中で800万人以上の開発者が利用しているという。

 同社が数百人のソフトウェア開発者を対象として行った最近の調査の結果、開発者の4分の3は技術的なスキルアップや情報交換のために、フォーラム、Wiki、ブログ、ニュースレターなどを利用しており、65%はそうした情報収集に特化したFacebookやTwitterのようなソーシャル機能を求めていることが明らかになったという。

 IBMはそうした要望を受け、同社のソーシャルソフトウェア「Lotus Connections」をベースにMy developerWorksを開発した。加入者は世界中の開発者とともにテーマ別のオンライングループを作成したり、コンテンツを共有することができる。プロフィールページには一般のSNS同様に連絡先や、フォーラムやブログ、developerWorks内の情報からのフィードをまとめておける。

mydev

 プロフィールに利用言語や開発スキルなどを明記しておくことで、共通の課題を抱えているメンバー同士が解決のために協力するといったコミュニケーションが可能になる。また自分に必要なスキルを持つ加入者に連絡を取ったり、そうした開発者が書いているブログや参考にしている情報を知ることができる。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。