ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「developerWorks」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「developerWorks」に関する情報が集まったページです。

IBM Think Japan 2018 Code Day:
UMLの生みの親が語る、AI時代に求められる開発者になるために必要な「学び」と「考え方」
日本IBMは、2018年6月11日にカンファレンスイベント「IBM Think Japan 2018 Code Day」を開催。UMLの生みの親グラディ・ブーチ氏が登壇し、AI時代に開発者が適応していくためのヒントを語った。(2018/6/14)

原作レイプとは言わせない──日本IBMの“オタクマーケター”が倍率500倍のSAOコラボを実施できた理由
コラボイベントの応募者数は10万件。ファンの心をつかんだ理由は「原作リスペクト」。(2017/3/7)

“Watson”を使い、クラウド/コグニティブ/IoT開発者の育成を支援:
IBM、「コグニティブ時代の開発者」を支援する4つの新施策を発表
米IBMは、インドのバンガロールで開催されたイベントにおいて、クラウド、コグニティブ、IoTなどの新技術に携わる開発者を支援するための4つの新施策を発表した。(2016/6/21)

今あらためて問う「DevOpsとは?」:
PR:ソフトウエアデリバリの加速は、ビジネスの加速。DevOpsの目的を見極めよ
2013年、国内で注目され始めた当初から曖昧なイメージに包まれてきたDevOps。だが、市場環境の変化が激しくビジネス展開に一層のスピードが求められている今、その正しい理解が着実に浸透しつつある。では今あらためて「DevOps」とは何か? 日本IBMの“DevOpsエバンジェリスト”である川瀬敦史氏に聞いた。(2015/9/1)

モバイルアプリ開発SDKも:
米IBM、約50のコードをオープンソース化するdeveloperWorks Openを開設
米IBMは2015年7月22日(米国時間)、Webサイト「developerWorks Open」を開設したと発表した。このWebサイト上で、IBMは今後約50種の自社開発ツールおよびアプリケーションを、オープンソースとして公開していくという。(2015/7/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
IEの終わりとSpartanの始まり――Windows 10のブラウザ世代交代が明確に
Windows 10には2つのWebブラウザが用意され、いずれも2つのレンダリングエンジンを搭載するという方針が変更になり、ブラウザとレンダリングエンジンの関係が明確になった。それは20年続いたIEの歴史がついに終わることを意味しているのかもしれない。(2015/3/26)

先着400名様に2500円分のギフト券プレゼント!:
PR:@IT限定【総額100万円】Bluemix無料トライアルスタートキャンペーン
日ごろから、@ITをご覧いただき誠にありがとうございます。このたび、@ITでは、読者の皆さまへの感謝の気持ちから、ささやかながら年末年始プレゼントをお送りいたします。(2014/11/27)

Ceph/RADOS入門(1):
分散ストレージCeph/RADOSとは?
本稿では、分散ストレージのOSS実装として注目を集めるCeph/RADOSを紹介していきます。(2014/10/17)

海外Webサービスのトリセツ(11):
SlideShare(スライドシェア)の使い方(2):活用編
「SlideShareの(スライドシェア)」のトリセツ、今回はスライドの閲覧やアップロードの方法を解説します。(2014/9/11)

Cloud FoundryベースのオープンPaaS:
BluemixとJazzHubを使ってNode.jsアプリやJava Webアプリを作ってみた
IBMが提供しているコードネーム「Bluemix」というPaaSがあります。2014年6月の時点ではベータ版で無料で使えるということなので、使ってみました。他のPaaSと同様に、手軽に開発ができる環境が用意されています。今回は、同じくIBMが提供する「JazzHub」というサービスも使って、Webブラウザーでの開発についても紹介します。(2014/6/9)

IBMの新たなパートナーシップとPaaS「BlueMix」の全貌とは:
PR:マイルドヤンキーよ、イノベーションを起こすためにIBMのプラットフォームを見極めろ
日本IBMは2014年5月13日、「クラウド時代を生き残るために。共にイノベーションを創造するパートナーシップ」をテーマに、主催イベント「IBM Software & Cloud Innovation」を開催。本稿では、IBMの新たなパートナー戦略やPaaSサービス「BlueMix」を核としたクラウド戦略についての講演模様、パートナー事例セッション、そして、バラエティ番組でもおなじみの慶應義塾大学大学院 教授 岸博幸氏による特別講演の模様をお届けする。(2014/6/4)

IBM Cloud Vision 2014 レポート:
PR:ビジネス価値の創造と果敢な一手への原動力になる「ダイナミック・クラウド」とは
昨年にIaaS事業者の米SoftLayerを買収し、クラウド事業のさらなる強化に向けて大きく舵を切ったIBM。そしてこのたび、PaaS基盤の開発環境「BlueMix」を日本でも発表するなど、着実に事業のポートフォリオを広げている。本稿では日本IBMが主催したイベント「IBM Cloud Vision 2014」から、同社が推進するクラウド戦略をひも解いていく。(2014/5/15)

PR:新規ビジネス創出を加速するIoT時代に最適化したプロトコルとアプライアンス
ITの技術革新が急速な進展を見せる中、モノとモノとのデータ通信が活気を帯びている。いわゆる「Internet of Things」や「M2M」の時代が本格的に到来しつつある。こうした中、競争力強化に向け、既存システムとM2Mテクノロジーとの連携に多くの企業が本腰を入れ始めた。ただし、M2Mは無数のデバイスが多頻度で通信するため、一般的な通信プロトコルであるHTTPでは課題が多い。そこで今、新時代の通信プロコトルとして脚光を集めているのが「MQTT」であり、その利用を後押しすべくIBMが専用アプライアンス製品の提供に乗り出した。(2014/2/24)

The Rational Edge:
トランザクション管理の複雑性を克服する(パート1)
The Rational Edgeより:サービス指向のインフラの中で発生するビジネストランザクションは非常に複雑だ。それは、サービスが非同時的で、さまざまな形態を取り、分散し、不透明な場合が多いためだ。本稿は、トランザクション・コーディネーションサービスがこの複雑性をどのように調整し、管理するかについて説明する。(2012/12/6)

小山博史のJavaを楽しむ(16):
JavaとJavaScriptの良いとこ取り? 「Dart」超入門
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2012/8/29)

IBM、iPhoneサポートの「Lotus Notes and Domino 8.5.1」リリース
IBMの企業向けコラボレーションスイートの新版「Lotus Notes and Domino 8.5.1」では、iNotesを介さずにDominoのメールを直接iPhoneのメールソフトで同期できるようになった。(2009/10/7)

10万以上のパートナーと交流:
IBM、ビジネスパートナー向けSNS「PartnerWorld Communities」立ち上げ
IBMの総合支援プログラム「PartnerWorld」に参加しているメンバー同士がブログやフォーラムを通じて交流し、ソリューション設計などで協力できる。(2009/6/10)

開発者専門SNS:
IBM、技術者向け情報ポータル「developerWorks」にSNS機能を追加
800万人の開発者が利用しているというIBMの情報ポータルに、技術情報の共有を目的としたソーシャル機能「My developerWorks」が登場した。(2009/5/1)

developerWorks JAPAN、iPhone向けに最適化したサイトをオープン
日本IBMの技術者向け情報サイト「developerWorks Japan」でアップルの「iPhone 3G」向けに最適化したサイトが立ち上がった。(2008/9/16)

The Rational Edge:
アジャイルとシステムテストの新たな関係(後編)
前回は、アジャイル開発プロセスにシステムテストのサブセットを含めた経緯、作業の経過、および結果としてうまくいった点について解説した。今回は、逆に今後の課題として残った点と、開発以外のプロセスに与えたメリットについて説明する。(2008/7/1)

The Rational Edge:
アジャイルとシステムテストの新たな関係(前編)
The Rational Edgeより: 自社製品の品質改善とタイムリーなリリースを行う手段の1つとして、多くの企業がアジャイル開発手法の採用を進めている。どの会社やチームも、アジャイル開発環境においてシステムテスト戦略を最良の形で実行に移す方法を見つけたいと考えている。(2008/6/24)

The Rational Edge:
アジャイル開発の広範な普及を目指して
The Rational Edgeより: アジャイル開発手法は何年も前から一部の組織でうまく利用されてきたが、大部分のソフトウェア企業ではそのテクニックがまだ採用されていない。その理由を探り、業界にアジャイル手法をもっと浸透させる可能性を秘めたトレンドを解説する。(2008/5/8)

The Rational Edge:
見積もりの精度 Accuracy of Estimation
ソフトウェアプロジェクト開発ライフサイクルの見積もりで、パートナーがソフトウェア開発組織をどのように支援するのか紹介する。(2008/3/6)

The Rational Edge:
複雑性を理解する(後編):ソフトウェアの複雑性を手なずける
前編「ソフトウェアが複雑なのは仕方がない?」では、複雑性の全体像を分析した。後編ではいかに複雑性を緩和するか、その対策について考察する。(2008/1/15)

The Rational Edge:
複雑性を理解する(前編):ソフトウェアが複雑なのは仕方がない?
The Rational Edge より:ソフトウェアシステムの複雑性は避けられないが、手に負えないものではない。IBMのDistinguished Engineerがアーキテクチャやチーム組織の立場から複雑性にどのようにアプローチするのか見ていこう。(2008/1/10)

developerWorksは言語学習を変えるかも――ただし、プログラム言語の分野で
iKnow!が外国語のオンライン学習を変化させたように、developerWorksも、開発者のオンライン学習を大きく変えようとしている。(2007/12/7)

The Rational Edge:
鈍重な開発チームは鈍重なシステムを作る?/パート3:役割とポリシー(後編)
効果的ガバナンスは指揮統制ではなく、協調的で協力的なテクニックによる実現を重視する。これは、これはネコを先導するようなもので、何かを強制するのではなく、やる気にさせる方が一段と効率的であるはずだ。(本文より)(2007/11/20)

The Rational Edge:
人事評価と開発者のモチベーション/パート3:役割とポリシー(中編)
前編「自己管理型チームの利点と弱点」は、自己管理型チームを推進するうえでの利点を解説すると同時に、陥りやすい問題点を指摘した。中編である今回は、人材の報酬や評価に関して解説する。(2007/11/15)

The Rational Edge:
自己管理型チームの利点と弱点/パート3:役割とポリシー(前編)
The Rational Edgeより:現代のソフトウェア開発作業のガバナンスに対してIBM Rationalが推奨するアプローチをカバーする連載の第3回となる本稿では、高効率ソフトウェア開発ガバナンスで選定される役割と責務、そしてポリシーと基準を紹介する。(2007/11/13)

The Rational Edge:
プロセスはチャンスが訪れるたびに改善する/パート2:プロセスと基準(後編)
前編「反復開発の『ここはぜひカバーしたいポイント』」、中編「開発プロセス導入のアンチパターン」を通じて、反復開発への移行時に生じるであろう要検討のトレードオフと、開発プロセス-プロジェクトの性質について解説した。後編では、導入したプロセスの継続的なサポートと、コンプライアンスについて解説する。(2007/11/1)

The Rational Edge:
開発プロセス導入のアンチパターン/パート2:プロセスと基準(中編)
前編「反復開発の『ここはぜひカバーしたいポイント』」では、反復開発への移行時に生じるであろう要検討のトレードオフについて解説した。中編となる今回主に、開発プロセスとプロジェクトの性質について解説する。「開発プロセス」を導入すればプロジェクトが成功するわけではない。(2007/10/30)

The Rational Edge:
反復開発の「ここはぜひカバーしたいポイント」/パート2:プロセスと基準(前編)
現代のソフトウェア開発作業のガバナンスに対してIBM Rationalが推奨するアプローチをカバーする連載の第2回となる本稿では、プロセスに絶対不可欠な構成要素や最適な評価指標を紹介する。(2007/10/25)

WebSphereサーバ・チューニング入門(4):
DB連携のパフォーマンスはどうすれば速くなるのか?
(2007/10/18)

The Rational Edge:
開発プロジェクト「統治」のピンポイント解説/パート1:原則と組織(後編)
前編では効率性の高いソフトウェア開発のガバナンス手法をまとめた。後編では、それらに共通する展開方法を解説する(2007/10/2)

The Rational Edge:
開発プロジェクトを「統治」するベストプラクティス/パート1:原則と組織(前編)
The Rational Edgeより:現代のソフトウェア開発作業のガバナンスに対してIBM Rationalが推奨するアプローチをカバーする連載の第1回となる本稿では、高効率ガバナンスの目的と原則のほか、プロジェクトごとの成功に必要な組織と利害関係者のコラボレーションについて探求する。(2007/9/27)

The Rational Edge:
初歩の「Perl」「Python」「Ruby」
The Rational Edgeより:本稿は、今日使われている中で最も人気の高い3つのプログラミング言語について解説する。ダイナミック言語のPerl、Python、そしてRubyだ。これらが利用されている理由は何か? どのような共通点があり、それぞれどこがユニークなのだろうか?(2007/8/28)

The Rational Edge:
ビルドが全滅する原因/プロジェクトの状態を評価する:パート2(後編)
ビルドの健全性は、プロジェクトのほかの多くの問題を示唆することが多い。チームが安定したビルドを作成できないと、適切な進展が不可能になる。壊れたビルドは、ほかにも致命的な問題が潜んでいることを示す場合が多く、チームのスキル不足であったり、脆弱(ぜいじゃく)なアーキテクチャであったり、作業の分割がうまくできていないこともある(本文から)。(2007/7/24)

The Rational Edge:
不完全なコードは推敲フェイズで潰しておきたい/プロジェクトの状態を評価する:パート2(前編)
The Rational Edgeより:ソフトウェア開発プロジェクトの健全性とスケジュールを保証するには、ライフサイクルの中間フェイズでどの部分を評価すべきなのだろうか? プロジェクトの健全性を客観的に評価するためのリスクの一覧やバックログといった各種プロジェクト成果物の使い方について説明する。(2007/7/19)

The Rational Edge:
UMLを使ったビジネスモデリング(後編):そうだったのか! システムユースケース
The Rational Edgeより:IBM Rational Software Architectをはじめとする各種モデリングツールではユースケースのモデリングにどのUML図を使うのかなど、ビジネスユースケースとシステムユースケースの相違点と類似点について学ぶ。(2007/5/24)

The Rational Edge:
UMLを使ったビジネスモデリング(前編):なるほど! ビジネスユースケース
The Rational Edgeより:IBM Rational Software Architectをはじめとする各種モデリングツールではユースケースのモデリングにどのUML図を使うのかなど、ビジネスユースケースとシステムユースケースの相違点と類似点について学ぶ。(2007/5/22)

SOA成功の極意は意外なところに――IBM IMPACT 2007
フロリダ州オーランドで「IBM IMPACT 2007」が開幕した。はじめての開催にもかかわらず、数千名の参加者が集まった同イベントでIBMは、SOAによる革新をリードしていくIBMの姿勢をユーザーに印象づけた。(2007/5/22)

安藤幸央のランダウン(34):
Podcastでプログラマーに必要な英語をStudyしよう!
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします。(編集部)(2007/5/10)

The Rational Edge:
「この開発プロジェクトは中止!」の基準/プロジェクトの状態を評価する:パート1(後編)
The Rational Edgeより:本稿では、従来のソフトウェアプロジェクトの評価基準に関する誤った考えについて解説し、「方向付け」フェイズにおける有効な評価値に焦点を当てる。(2007/4/19)

The Rational Edge:
プロジェクトのはじめに計画を立てるのは無謀/プロジェクトの状態を評価する:パート1(前編)
The Rational Edgeより:一般的に、プロジェクトマネージャが基準として評価するものにチームは注目する。プロジェクトの状態が正確な評価基準に依存するのは自然なことだが、適切なものを評価することの必要性はもっと重要だ。(2007/4/19)

オブジェクト指向の世界(20):
RUP7で開発の「苦」から解放される
(2007/4/10)

1分ショートレビュー:
“Simple is best”――Lispのエレガントな魅力を知る
Java一辺倒の世の中だが、古き良きプログラミング言語にも目を向けよう。抽象度が高くシンプルにプログラムを書けるLispの魅力をひとたび知れば、あなたも虜になるにちがいない。(2007/3/29)

1分ショートレビュー:
XML解析の深淵――XML::Simpleの上をゆけ!
ある特定の状況ではXML::Simpleは機能しない。本稿では、ツリー解析とイベント駆動型解析という、Perlを使った2つの高度なXML解析方法を紹介する。(2007/3/27)

1分ショートレビュー:
Web2.0テクノロジー――ブラウザを超えるユーザーエクスペリエンスの開発技術
ブラウザの標準をベースに対話性を高めるAjaxの登場により、リッチなユーザーインタフェースを実現する技術の選択肢が大きく広がっている。Flex、JSF、Ajaxなど、Web2.0アプリケーションの開発技術を総括する。(2007/3/26)

IBM、Second Life内に開発者向けフォーラム設立
IBMは開発者向けフォーラム「CODESTATION」をSecond Life内に設置。開発者同士のSNSを支援する。(2007/3/22)

1分ショートレビュー:
本番前にバタバタするのはもうたくさん――ユーティリティを計画的に作成する
リリース直前になってから、ユーティリティが必要なことが分かり、バタバタと作成する。そんな経験をした人は多いのではないだろうか。土壇場で慌てないために、準備すべき5種類のユーティリティを紹介する。(2007/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。