ニュース
» 2009年05月13日 15時58分 公開

64個の論理プロセッサをサポート:MS、「Windows Server 2008 R2 Hyper-V」の新機能を紹介

「Processor Compatibility」機能により、同じメーカーのプロセッサ間であれば世代の違うプロセッサにライブマイグレーションできるようになる。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月13日、次期サーバOS「Windows Server 2008 R2」付属の仮想化技術「Hyper-V」の新機能を公式ブログで紹介した。

 β版では32個までだった論理プロセッサを64個までサポートするようになる。またサーバ当たり稼働する仮想マシンが384台に、仮想プロセッサが512個になる。

 また新機能「Processor Compatibility」により、同メーカーの異世代プロセッサ間でのライブマイグレーションが可能になる。この機能はハードウェアに依存しないので、IntelのFlex MigrationやAMDのExtended Migrationは必要ないという。ただし、IntelからAMDまたはその逆のマイグレーションはできない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -