ニュース
» 2009年05月18日 16時39分 公開

富士通、SaaS事業で「Salesforce製品を主力に」

富士通はセールスフォース・ドットコムと販売代理店契約を結んだ。SaaS事業の主力サービスとしてSalesforce CRMを販売していく。

[ITmedia]

 富士通とセールスフォース・ドットコムは5月18日、CRM(顧客関係管理)アプリケーションとその開発基盤を販売する代理店契約を結んだと発表した。

 富士通は同日から、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で提供するCRMアプリケーション「Salesforce CRM」およびネットワーク経由で業務アプリケーションを開発できる基盤サービス「Force.com」を提供する。併せて顧客企業の基幹システムと連携した営業支援システムの開発やコンサルティングサービスも手掛ける。

 同社は自治体や医療といった業種、セキュリティ、グループウェアに特化したSaaSを提供してきた。今回の提携で、Salesforce CRMを営業支援分野の主力サービスとして売り込み、利益拡大を狙う。

 同時にSalesforce CRMを使ったサービスの拡充も見込む。顧客企業の販売/生産管理といったシステムとSalesforce CRMを連携し、見積もりの作成や承認ワークフローなどのアプリケーションを開発する。

 富士通は2008年12月にCRMサービスを一括で提供する体制の整備を見込み、「CRMソリューション推進室」と呼ぶ専門組織を設立している。Salesforce CRMを主力のサービスに育てるため、サービス要員の強化にも取り組む。2009年度には20人の専門コンサルタント、100人の担当営業を揃える計画だ。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -