ニュース
» 2009年06月04日 15時11分 UPDATE

2009 JavaOne Conference Report:開発者のつくる携帯向けアプリをユーザーに提供 ソニー・エリクソン

ソニー・エリクソンはモバイル端末向けのコンテンツ配信サービス「Play Now」において、アプリケーション販売を開始すると発表した。

[伏見学,ITmedia]

 米Sun Microsystemsが開催している開発者向けイベント「2009 JavaOne Conference」。2日目となる6月3日(現地時間)の基調講演では、ユーザーおよびパートナー企業として携帯電話大手のSony Ericsson Mobile Communications(SEMC)が取り組みを紹介した。

新サービスを紹介したバイスプレジデントの坂口立考氏(左) 新サービスを紹介したバイスプレジデントの坂口立考氏(左)

 講演の中でSEMCは、同社のモバイル端末ユーザーに向けたダウンロードサービス「Play Now」において、開発者が提供するアプリケーションを販売していく方針を明らかにした。現在サポートする13カ国、38端末が対象となる。今年7月1日に開設予定のWebサイトにて、開発者からモバイル端末向けのアプリケーションを受け付ける。ユーザーはワンクリックで簡単にアプリケーションを購入できるという。

 Play Nowは2004年からサービス開始。着信音の提供から始まり、ゲーム、音楽など年次を追うごとにコンテンツを広げている。同社バイスプレジデントの坂口立考氏は「2009年にはムービー、そしてアプリケーションのダウンロードまでが可能になる」とし、「モバイルは人と人とのコミュニケーションを生み出す。素晴らしいユーザー体験(User Experience)を与えていきたい」と意気込んだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ