ニュース
» 2009年06月25日 17時33分 UPDATE

IBM、仮想会議室「Virtual Collaboration for Lotus Sametime」を公開

IBMが3次元の仮想会議室でプレゼンや講習会の開催が可能なコラボレーションツールを公開した。

[ITmedia]

 米IBMは6月24日、3月から招待制でテストしていた企業向け会議ソフトウェア「Virtual Collaboration for Lotus Sametime」の提供を開始したと発表した。

 同サービスは「Sametime 3D」としてLotus Services利用企業に対し、招待制で提供していたもの。仮想世界にセキュアな会議スペースを設置し、Sametimeのコンタクトリストのメンバーを招待できる。ユーザーはアバターとなって3次元の製品モデルやアプリケーションのアイデアをプレゼンしたり、セミナーを開催したりすることが可能だ。

 仮想会議室に入ったメンバーは、テキスト/音声でのチャットでコミュニケーションし、ブレインストーミング用の壁面でアイデアや情報を共有できる。

ibm

 Virtual Collaboration for Lotus Sametimeのプラグインを利用するにはLotus Sametime 8.0.1以降が必要だが、Webブラウザからも利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -