ニュース
» 2009年07月02日 11時30分 UPDATE

Oracle、ミドルウェア「Fusion Middleware 11g」を発表

OracleがSOAスイートや開発ツールを統合したミドルウェア「Fusion Middleware 11g」の提供を開始した。

[ITmedia]

 米Oracleは7月1日、ミドルウェア統合製品の新版「Oracle Fusion Middleware 11g」を提供開始したと発表した。Oracle Technology Networkのサイトからダウンロードできる。

 Fusion Middleware 11gは、アプリケーション開発スイートや管理ツールなどの集合体で、俊敏で高性能なビジネスアプリケーションの構築、運用を支援するという。「Oracle SOA Suite」「Oracle WebLogic Suite」「Oracle WebCenter Suite」「Oracle Identity Management」「Oracle Development Tools」の5つのスイートで構成されている。

 Oracleは2007年11月にOracle Fusion Middleware 11gのプレビューを行い、QUALCOMM、Wind River、Ariba、BMC、Wiproなど多数の顧客やパートナー企業がβテストに参加してきた。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | ミドルウェア | 運用管理 | SOA | BEA | Java | WebLogic


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -