ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Fusion Applications」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Fusion Applications」に関する情報が集まったページです。

SAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」
SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解は
SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。(2019/1/30)

導入にかかる時間がどれだけ短縮できるか
SAP、Infor、Microsoft、Oracleを比較――4大ERPの特徴を導入支援と投資対効果で見る
SAP、Infor、Microsoft、OracleといったベンダーのERPシステムを検討している企業向けに、各ERPベンダーが提供する導入戦略によってERPの投資対効果がどうなるか考察する。(2018/12/20)

PR:スピード経営時代、企業が選ぶべきクラウドERPは?
 2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。(2016/1/12)

データ分析を現場の武器にするための道具立てとは?:
PR:日常業務の中で自然にアナリティクスを実践。Analytics 3.0時代を加速するオラクルのビッグデータアナリティクスソリューション
企業に日々蓄積されていく大量かつ多様なデータ。それらを業務の中でスピーディーに分析/活用し、ビジネス上の成果を得ていくためには、従来と異なるアプローチが必要だ。その考えの下、アナリティクスを現場の武器に変えるべくオラクルが提供しているのが各種のビッグデータアナリティクスソリューションである。[ビッグデータ][Big Data](2015/7/31)

「業務」を軸に考えるクラウド時代のストレージ基盤:
PR:ストレージ基盤をマルチテナントなクラウドアプリケーション運用に最適化するには?
パフォーマンスを売りにしたオールフラッシュストレージ製品が人気だ。しかし、実務で必要になる、階層化やデータ管理、システム管理といった、導入に伴うシステム再設計や運用工数は? オラクルの提案する解決策が「FS1」だ。(2014/12/1)

Oracle Database 12c対応ハードウェアで利用可能:
100〜1000倍の高速化を実現――オラクル「Oracle Database In-Memory」を発表
オラクルがインメモリデータベース「Oracle Database In-Memory」を発表した。エンタープライズアプリケーションのテストでは、100〜1000倍の高速化を実現できたという。(2014/6/11)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
OracleのSaaSには「ソーシャル」やExadataが付いてくる?
「Oracle OpenWorld San Francisco 2012」がハイライトを迎えた。基調講演に登場したエリソンCEOは、「Oracleのアプリケーションサービスは、優れたインフラ、プラットフォーム、そしてソーシャル技術がセットで提供される」とライバルたちにはない強みをアピールした。(2012/10/3)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
Oracle Cloudを拡充 ソーシャルサービスを提供
Oracleで製品開発統括を務めるトーマス・クリアン氏が同社のクラウドサービス「Oracle Cloud」の製品ポートフォリオを紹介した。(2012/10/3)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
IaaS参入でクラウド戦略のピースを埋める エリソンCEO
今年もサンフランシスコで「Oracle OpenWorld」が開幕。初日の基調講演に登壇したラリー・エリソンCEOは、クラウドサービスのさらなる拡充を宣言した。(2012/10/1)

Weekly Memo:
オラクルが語るタレントマネジメント
人事業務の最新のトレンドとして「タレントマネジメント」への注目度が高まっている。先週、その有力ベンダーであるオラクルに最新事情を聞いたので、エッセンスを紹介する。(2012/10/1)

タレントマネジメント製品紹介【第6回】
「玉突き人事」から「社内SNS」まで、オラクルの人材管理製品は全方位で攻める
複数の人材管理システムを持つオラクル。それぞれがタレントマネジメントソリューションを展開している。日本企業の人材管理プロセスに合致、SaaSでの提供など各製品の特徴を説明する。(2012/7/25)

「Oracle Cloud」は“地球一包括的な”クラウドサービス――エリソンCEOが発表
「Oracle Cloud」はOracleのハードウェアで稼働するPaaS、SaaS、ソーシャルサービスを提供する包括的なクラウドサービスだ。(2012/6/7)

ITRアナリスト 浅利氏が解説
【技術動向】ERP製品選択で注目したい7つのテクノロジー
ERPを選ぶ上では技術的要素の確認も重要だ。技術はERPの使い勝手やコストに直結する。講演を基に製品選択で参考となる2015年までのERPの技術トレンドを紹介する。(2012/6/5)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report:
“データ爆発”時代に企業はどう変わるべきか?
Oracle OpenWorld Tokyo 2012が開幕。初日の基調講演に登場した米Oracleのマーク・ハード社長は企業ITを取り巻く問題を説明し、「IT環境のシンプル化」の重要性を訴えた。(2012/4/5)

日本オラクル、「Fusion Applications」を提供開始 まずはSaaSから
人事管理、タレント管理、CRMの3種類から提供。LCCのPeach Aviationが国内ファーストユーザーとなった。(2012/3/29)

NEWS
格安航空のピーチが先行採用、「Oracle Fusion Apps」の国内提供開始
日本オラクルは業務アプリケーション群「Oracle Fusion Applications」の国内提供を発表。格安航空会社のPeach Aviationが先行導入したという。(2012/3/29)

Weekly Memo:
進化するコンピューティング環境の行方
コンピューティング環境の進化は今、「第4の波」を迎えているといわれる。果たしてその先はどうなるのか。(2012/1/30)

ERP Now!【第10回】
次世代ERP「Oracle Fusion Apps」から探るERP製品選択の未来
「高くて使いにくい」から「安くて使いやすい」へ――米オラクルが発表した新ERP「Oracle Fusion Applications 11g」はERPのイメージ刷新を狙っている。同ERPの機能を紹介し、次世代ERPを選ぶ上でのポイントを探る。(2011/10/18)

Oracle OpenWorld San Francisco 2011:
顧客に幅広い選択肢を 「Oracle Fusion Applications」を提供開始
昨年の「Oracle OpenWorld」で発表があったモジュラー型アプリケーションスイート製品「Oracle Fusion Applications」がついに一般リリースとなる。(2011/10/11)

ERP NOW!【第8回】
「ソーシャルERP」は仕事に使えるTwitter、Facebook?
ERPパッケージに追加されることが増えてきたソーシャル機能。人と人の関係から意味ある情報を抽出し、共同作業を効率化する機能です。SAP、Oracleの製品から「ソーシャルERP」の今後を見てみましょう。(2011/6/29)

ERP NOW!【第2回】
2011年は「クラウドERP」元年になる
2011年は「クラウドERP」の元年になるでしょう。各社が製品を相次ぎ発表し、ユーザー企業の注目を集めています。今回は企業のERP導入に大きな影響を与えつつあるクラウドERPのトレンドを紹介します。(2010/12/21)

「Oracle CRM On Demand R18」発表、大規模クラウドの利用を想定 日本オラクル
日本オラクルは10月21日、SaaS型CRMアプリケーションの最新版「Oracle CRM On Demand R18」を発表した。大規模なクラウド環境での利用を想定し、セキュリティレベルの向上を軸とした幾つかの機能強化を施した。(2010/10/21)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Sunとの融合がOracleの本格的なクラウドビジネス参入を加速する
「Oracle OpenWorld 2010」4日目は、再びラリー・エリソン氏が登場して、Oracleのクラウドの優位性と、Sun Microsystemsと融合したことによる効果を力説した。(2010/9/24)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Oracle Exalogic登場、Facebookの世界中の処理要求をたった2台のフルラック構成で処理できる
米サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2010」は、会長兼CEOであるラリー・エリソン氏の基調講演で始まった。エリソン氏はOracleの定義するクラウドコンピューティングについて解説し、それを実現するための新たな製品として、Oracle Exalogic Elastic Cloudを発表した。(2010/9/21)

Oracle、クラウド対応のアプリスイート「Oracle Fusion Applications」を発表
プライベートクラウドにもパブリッククラウドにも対応するモジュラー型業務アプリスイートの「Oracle Fusion Applications」は、CRM、SCM、GRCなど多様な業務に対応する。(2010/9/21)

クラウド・イン・ア・ボックス:
Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」発表――エリソンCEOがクラウドを語る
ラリー・エリソンCEOがOpenWorldの基調講演で、同社のクラウド戦略とそれを支える新システム「Exalogic」を披露した。(2010/9/21)

Oracle OpenWorld 2009 Report:
エリソンCEO、「クラウドレディ」のFusion Applicationsを2010年に提供へ
最終日のラリー・エリソンが毎年発表するサプライズは、従来のアプリケーションとは別に「明日」を見据えた新製品としてFusion Applications Version 1を2010年にリリースすることだった。ゲストにはアーノルド・シュワルツェネッガー氏が登場した。(2009/10/15)

Oracle OpenWorld 2009 Report:
Oracleを取り囲む有名人の思惑
米サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2009 San Francisco」には、Dellのマイケル・デルCEOや、Salesforce.comのマーク・ベニオフCEOなどの「有名人」が多く集結した。(2009/10/15)

日本オラクル、E-Business Suiteの最新版を発表
日本オラクルはERPの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を提供すると発表した。(2009/7/15)

Oracle、ミドルウェア「Fusion Middleware 11g」を発表
OracleがSOAスイートや開発ツールを統合したミドルウェア「Fusion Middleware 11g」の提供を開始した。(2009/7/2)

米Oracleが2009年に:
J.D.EdwardsがSiebel On Demandに統合へ
日本オラクルは2005年に買収したERP製品であるJ.D.Edwardsの最新情報について説明した。(2008/8/19)

Weekly Memo:
日本オラクル「第2巻」の意味
日本オラクルの新経営体制が6月からスタート。新社長は記者会見などで、同社の「第2巻」の始まりを強調した。企業が新たなステージを迎えたときに考えるべきことは何か。同社の話を通じて探ってみたい。(2008/6/9)

SOAと業務アプリケーションに注力:
「オラクル第2巻は“進化論”を描く」、遠藤新社長が所信表明
日本オラクル社長に就任した遠藤隆雄氏は、企業のグローバル経営を支える製品群と日本市場に密着したサービスでさらなる成長を目指すという。(2008/6/2)

Fusion登場の年、Oracleのアプリケーション戦略は?
 2008年は米Oracleが買収したソフトウェア企業の製品を統合して構築するアプリケーションの新製品「Oracle Fusion Applications」が登場する。アプリケーションの最新戦略について聞いた。(2008/4/10)

BEA株主、Oracleによる買収を圧倒的多数で承認
米BEAの買収がOracleの技術およびミドルウェア市場にどのような影響を与えるか? という疑問は残されたままだ。(2008/4/8)

日本オラクルの「圧力団体」、Fusionを迎え撃つ
「日本オラクルに圧力をかけるのが仕事」と話すのは、日本ユニシスのCIO平岡昭良氏。日本オラクルへの圧力団体を自負する日本OAUGの会長という肩書きも持つ。(2008/3/12)

ERPで変える情報化弱体企業の未来:
SaaSの潮流と普及のための条件(後編)
SaaSというサービス提供モデルは、その利点が企業に理解されれば一気に普及期に入るのだろうか。今回は、SaaS普及のための課題および条件について探ってみる。(2008/2/14)

Oracle、2回目の試みでBEAの買収に成功――買収金額は85億ドル
 OracleによるBEA買収の狙いは、Fusionおよびプラットフォーム市場の将来性だと考えられるが依然として不透明な面がある。(2008/1/18)

PR:企業内に混在する複数のアプリケーションを容易に統合して、きたるべきSOAに向けて第一歩を踏み出す
標準的なパッケージの機能だけで、企業の業務を完ぺきに処理できることはほとんどない。SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいた次世代のアプリケーションの提供も目前に迫っているが、その過渡期において、システム統合を短期、低コストで実現し、なおかつ将来にわたってアプリケーションの統合基盤として活用できるのが、オラクルが提供する「アプリケーション統合アーキテクチャ(AIA)」だ。はたして、AIAの導入は、企業に何をもたらすのか。アプリケーションビジネス推進本部アプリケーション統合アーキテクチャ推進部ディレクターの大本修嗣氏に話を伺った。(2008/1/10)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco スペシャルレポート:
PR:Oracle OpenWorldでXMLの価値を米国先進企業に提案するジャストシステム
ジャストシステムは、全米最大級のITカンファレンスとなった「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」のスポンサー企業に今年も名を連ね、同社のXML製品やソリューションを紹介した。(2007/11/26)

ライバルからのプレッシャーが高まるSalesforce.com
アナリストらによると、Salesforce.comに対して、Microsoft、SAP、Oracleなどのライバルからの競争圧力が高まっているという。(2007/11/21)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
ビリー・ジョエルも飛び入り、仮想化とアプリの将来を語るエリソンCEO
創業30周年を盛大に祝った「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は、事実上のクロージングセッションであるエリソンCEOの基調講演が行われ、ビリー・ジョエル氏の飛び入りが会場を大いに沸かせた。(2007/11/15)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
選択肢と革新で差別化、「Fusion Applications」は2008年出荷を約束
米国時間11月13日、「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は2日目を迎え、午後の基調講演では、「選択肢」と「イノベーション」を基軸とするOracleのアプリケーション戦略が語られた。(2007/11/15)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
ベールを脱いだ「Oracle VM」、アプリケーションの統合基盤も2.0に
11月12日、「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」がダウンタウンのモスコーニセンターで本格開幕した。午前の基調講演には、フィリップス社長とロズワット執行副社長が登場し、Oracle VMをはじめとする一連の新製品群を披露した。(2007/11/13)

Oracleの急拡大に不安を抱くPeopleSoftユーザー
PeopleSoftのユーザーたちは、Oracleのサービスの質に疑問を投げ掛けている。(2007/10/31)

OracleによるBEAの買収提案でFusionをめぐる疑問が浮上
BEA Systemsに対する買収提案は、OracleのFusion Architecutreの開発状況などをめぐる疑問を呼び起こしている。(2007/10/15)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
「SaaSだけのベンダーとは違う」とOracle
Oracle 上級副社長ジェスパー・アンダーセン氏は、同社の市場優位性を「リーダーシップ、イノベーション、そして多彩な選択肢」だと分析する。(2007/8/6)

オラクルの圧力団体として機能したい――日本OAUG平岡会長
日本OAUGは日本ユニシス 上席常務執行役員 平岡昭良氏の新会長就任を発表し、2008年度の活動方針について説明した。(2007/8/3)

Oracle、Xファクター
Project Xの開発をめぐっては、連携フレームワークが登場することでFusion Applicationsが不要になるのでは? との疑問もある。その真相を探ってみると。(2007/4/18)

Oracle、新たな「Project X」でSOA連携レベル上げる
米Oracleに近い筋の情報によると、同社は「Fusion Applications」の普及促進の可能性を見込み、新たなSOA戦略を構築しているという。(2007/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。