ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Enterprise2.0」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Enterprise2.0」に関する情報が集まったページです。

企業向けPaaS環境構築ツール:
レッドハットが「OpenShift Enterprise 2.0」発表
オンプレミス環境にPaaSを構築できるOpenShiftの最新版がリリース。自動化や既存環境との連携などが強化されている。(2013/12/4)

Bluetooth搭載のスマートフォン対応ペン型バーコードリーダー「EGM-2000BTH」
エリートは、Bluetooth経由でバーコードデータの送信が可能なスマートフォン対応バーコードリーダー「EGM-2000BTH」を発売した。(2011/6/28)

中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:ソーシャルグループウェア
メジャー製品からの乗り換えも ユーザー参加型で機能進化するグループウェア「iQube」
ソーシャル色の強い「iQube」。グループウェアSaaSであるとともに、社内外の多様なシステムとの連携を前提に開発されたプラットフォームとしての性格も持つ、「エンタープライズ2.0スイート」ともいえるサービスだ。(2010/12/3)

Enterprise 2.0アプリの企業利用が急拡大、パロアルト調べ
パロアルトネットワークスは、Enterprise2.0型アプリケーションの企業利用に関する調査結果を発表。コラボレーションツールやSNSなどの利用が急拡大している。(2010/2/17)

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:
さらなる進化を遂げるエンタープライズ2.0
エンタープライズ2.0は話題先行のバズワードなのか? これに対する答えは「ノー」だ。これまでとは異なり現実的な選択肢へと変化しており、エンタープライズ2.0という言葉自体、もはや目新しいものではなくなりつつある。(2009/1/22)

Enterprise 2.0ソフトウェア市場に打撃となる競争激化と景気低迷
Forrester Researchによると、Enterprise 2.0メッセージング/コラボレーション市場は今後、厳しい状況を迎えそうだ。競争の激化に加え、ブログ、Wiki、マッシュアップ、RSSフィードの飽和化などで企業の支出が減少するが、マッシュアップ技術は今後も成長が見込まれるという。(2008/10/15)

トータルヘルスケア企業のナレッジマネジメント:
社内SNS活性化は組織の健康診断に役立つ
このところ、EGMが話題になっている。EGMとはEmployee Generated Mediaの略で、SNSやブログといったツール主体ではなく社員中心で作り上げていくメディアである。廃止の危機を乗り越え、社員参加型の情報共有基盤へと生まれ変わらせたモデレータの信念とは。(2008/7/16)

ホワイトペーパー:
ユーザー調査から読み解くビジネスプロセス管理(BPM)市場の最新動向
BPMで成果を上げているユーザー調査を基に、成功のポイントや導入効果、またSOAやEnterprise 2.0との関連性など最新動向を詳細に解説。今なぜBPMか、何が実現できるのかが一読で分かるリポート(提供:日本BEAシステムズ)。(2008/6/19)

懸念すべき事態:
中間管理職がエンタープライズ2.0普及を阻害?
組織の中間管理職は、ブログやwiki、RSSフィードといったツールとの相性が悪く、既存の業務にどうやって組み込めばよいのか戸惑っているようだ。(2008/6/14)

トレンドフォーカス:
イノベーションを加速するのは「知恵の和」――企業内メディア「EGM」
社員自身による社員のための企業内メディア「EGM」(Employee Generated Media)を企業内部でのオープンイノベーションにつなげようとする動きが始まっている。非営利コンソーシアムのenNetforumでは、社内SNSや社内ブログを活用する先進企業の担当者が、運用上の課題を解決するための議論を行ってきた。(2008/6/12)

Linden LabやP&Gも活用:
エンタープライズ2.0は縦割り組織を変革するエンジンに
企業規模が大きくなるにつれて、従業員同士のコミュニケーションや情報共有は難しくなる。人とのつながりを強化すれば、新たなビジネスチャンスも生まれる。エンタープライズ2.0は、そのような環境作りと経営の見直しに有効となる。(2008/4/18)

情報共有のパラダイムシフト、いま出来ない企業に明日はあるのか?:
PR:栗原潔 「永遠の課題」を過去のものにするEnterprise2.0の勧め
Harvard Business Schoolのアンドリュー・マカフィー教授が2006年に提唱した「Enterprise2.0」は、ナレッジマネジメントの従来型アプローチが抱えていた課題を解決し、現場中心の「カイゼン」をさらに加速する可能性を秘めている。(2008/3/17)

今年は企業がEnterprise 2.0エンジンを始動――Forresterが予測
新興ベンダー各社が提供する「Enterprise 2.0」機能は成熟しつつあるが、Forresterによると、今後もMicrosoftが市場を支配する見通しだ。(2008/1/29)

NEWS
オラクル、「Oracle Fusion Middleware 11g」のプレビューを公開
顧客からの要望の高いSOAやEnterprise 2.0機能を統合した、最新アプリケーションの構築・展開のための基盤「Oracle Fusion Middleware」の機能強化を公開(2007/11/16)

Oracle、「Enterprise2.0」機能をFusionに追加へ
Oracleでは、「Enterprise2.0」機能が自社のFusion Middleware製品の差別化につながると考えているようだ。(2007/11/15)

情報共有の諸問題を一挙解決
情報共有を成功に導くエンタープライズ2.0
従来型KMの問題点を鋭く指摘したエキスパートのコメントやWeb 2.0手法を用いたLotus Notes/Dominoの再活用法など、情報共有を阻む諸問題を解決するためのコンテンツ5本をまとめて紹介する。(2007/11/1)

動き始めたWeb2.0の企業活用:
果たして情報共有を成功させるか
Enterprise 2.0が生み出す世界は、まるで“タバコ部屋”のようとか。その「緊密さ」がプラスに働く半面、課題となるマイナス要素も……。(2007/9/28)

動き始めたWeb2.0の企業活用:
ブログじゃダメ!? 情報共有を成功させる新手法
企業が社内情報共有やマーケティングなどへの効果に期待を寄せるEnterprise 2.0。ナレッジ共有を成功させるというそれは一体……。(2007/9/27)

「SOAやEAIでなくエンタープライズ2.0」――企業のあるべき姿とは
エンタープライズ2.0の目指すものは何なのか。リアルコムの吉田健一取締役CMOが語るその本質とあるべき姿とは……。(2007/9/27)

「デジタルネイティブ」が導くエンタープライズ2.0
子供のころから双方向的なネットツールを使ってきた「デジタルネイティブ」世代が、企業にWeb2.0ツールをもたらし「エンタープライズ2.0」の先導役になるとGartnerは語る。(2007/9/21)

NEWS
NEC、「Enterprise2.0」対応のコラボレーティブウェアを発売
Web2.0技術に対応した情報活用ツールやNEC独自の検索機能などを搭載したコラボレーション環境を提供(2007/9/10)

エンタープライズ2.0時代の到来:
企業を取り巻く2.0はどこへ向かうのか?
エンタープライズ2.0はどのような意味を持つのか。そしてどこへ向かうのか。企業から寄せられたアンケート結果とともに、意味を探ろう。(2007/8/31)

エンタープライズ2.0時代の到来:
社員を救う“2.0”は本命なのか?
エンタープライズ2.0の本質は、イントラネットの変革だ。日ごろ業務の効率化を考えていても、最近ではインターネットの情報が社内情報と相まってしまい、収集がつかなくなっている人が多いのではないだろうか。(2007/8/27)

PR:Notesユーザーにとっての「エンタープライズ2.0」ソリューションとは?
企業に蓄積された情報は膨れ上がり、活用度は下がっている。リアルコムのLotus Notesソリューションは、Notesによって蓄えられた企業情報をWeb2.0の手法で再活用するための新たな提案といえる。(2007/8/21)

PR:リアルコムの「エンタープライズ2.0スイート」の全貌とは?
リアルコムのエンタープライズ2.0スイート「KnowledgeMarket EnterpriseSuite V4」は、企業の既存の情報共有基盤と、Web2.0による柔軟な情報活用手段を組み合わせた、新たな企業の情報プラットフォームである。(2007/8/21)

IT Minute:
好むと好まざるとにかかわらず職場環境をWeb2.0化すべき時代
Enterprise 2.0 Conferenceの基調講演では、WikiやマッシュアップなどのWebベーステクノロジーを業務環境に持ち込まざるを得ない時代がやがて到来するはずであり、ITマネジャーは今から準備をしておく必要があるということであった。(2007/8/15)

エンタープライズ2.0時代の到来:
2.0の要はセキュリティと人的淘汰――セールスフォース榎氏
Web2.0は、それを語る人の数だけ定義があると考えられる。エンタープライズ2.0も同様だ。今回は、SOAという切り口からエンタープライズ2.0の定義に迫る。そこで見えてきたものとは?(2007/8/14)

情報マネジメント用語辞典:
エンタープライズ 2.0(えんたーぷらいず 2.0)
enterprise 2.0(2007/7/24)

エンタープライズ2.0を導入せよ:
企業が抱える3すくみの状態を解消する秘策とは
先日開催されたあるセミナーで、中内学園の福井誠氏は、企業は現在抱えている問題を解決するためにエンタープライズ2.0を導入すべきだと主張した。(2007/7/22)

YouTubeが業務システムに活用される日――Googleの考える「Enterprise2.0」
Googleの考える「Enterprise2.0」とは――。GoogleサーチアプライアンスやGoogle Appsなど、Googleの企業向けプロダクトに携わった米Googleのケヴィン・ゴフ氏は「YouTubeも業務システムに活用できるかもしれない」と語った。(2007/6/7)

エンタープライズ2.0対応のメールサービスを開発、コクヨとフィードパス
コクヨとフィードパスは、SaaS対応のメールソリューションを共同で開発した。(2007/6/7)

NEC、IntelとSpikeSourceとの提携により「SuiteTwo」の日本投入を発表
NECは、IntelおよびSpikeSourceとのEnterprise 2.0領域での提携を発表。この提携に基づき、ビジネスインターネットスイート製品「SuiteTwo」の日本語版を開発し、日本市場に適したWeb2.0サービスを実現するソフトウェアとして投入する。(2007/6/7)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
エンタープライズ2.0で柔らかい知識共有が始まる
企業がWeb 2.0を取り込むようになると、ネット上でブログやSNSが普及したように、企業内でもボトムアップのコンテンツが急増していく。それを集合知として分析し、企業価値に結び付けるのがエンタープライズサーチの役割だ。(2007/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。