ニュース
» 2009年08月04日 06時58分 UPDATE

「コアビジネスで競合」とジョブズ氏:GoogleのシュミットCEO、Appleの取締役を辞任

ジョブズ氏は、GoogleがAndroidやChrome OSを投入し、Appleのコアビジネスに参入してきたことを理由としている。

[ITmedia]

 米Appleは8月3日、同社の取締役を務めるGoogleのエリック・シュミットCEOが同職を辞任すると発表した。同氏は2006年8月からAppleの取締役を務めてきた。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「エリックはAppleの素晴らしい取締役として貢献してくれた。だが残念なことに、GoogleがAndroidやChrome OSを投入し、Appleのコアビジネスに参入してきたことで、競合を避けるためエリックの取締役としての影響力を制限せざるを得なくなる。話し合いの結果、今がエリックの取締役辞任の最良のタイミングだという結論に至った」と語った。

 米Wall Street Journalは5月に、米連邦取引委員会(FTC)がAppleとGoogleの取締役の重複が独占禁止法に違反するかどうかを調査していると報道していた。また米Reutersによると、シュミットCEOは7月に、GoogleのOS参入後にApple取締役会での同氏の役割がどう変わるかをAppleと話し合うと明らかにしていた。

関連ホワイトペーパー

Apple | Google(グーグル)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ