ニュース
» 2009年09月30日 15時11分 UPDATE

楽天、タイでEC事業を展開へ

海外市場の開拓を急ぐ楽天が、タイのECサイト運営会社TARAD Dot Comの株式を67%取得し、資本業務提携を結んだ。

[ITmedia]

 楽天は9月30日、タイのEC(電子商取引)サイトを運営するTARAD Dot Comと組み、タイでEC事業を展開すると発表した。同社の株式を67%取得し、資本業務提携を結んだ。

タイでの会見の様子 タイでの会見の様子(出典:楽天)

 業務提携により、楽天はTARAD Dot Comの経営に参画。楽天が運営するインターネットショッピングサイト「楽天市場」で得た事業運営のノウハウや経営手法を、TARAD Dot ComのECサイト「TARAD.com」に導入する。2010年には、楽天市場の各機能やサービスをTARAD.comに取り入れ、サイトを拡充する。楽天からは最高経営責任者(CEO)を含む3人を同社に派遣し、事業を支援していく。

 楽天は2008年に台湾の統一超商股扮有限公司と合弁会社を設立し、同年5月に「台湾楽天市場」を開設するなど、海外展開を進めている。タイはEC市場の成長性が高いと判断し、TARAD Dot Comとの提携を進めた。

 TARAD Dot Com社は1999年に設立したインターネット関連の企業。運営するTARAD.comには約16万店舗が出店し、ファッションや家電製品など約140万点の商品がそろっている。会員数は200万人に上る。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -