ニュース
» 2009年09月30日 19時40分 UPDATE

イノベーション創出の場に:マイクロソフト、技術検証の「大手町テクノロジーセンター」を開設

マイクロソフトは、先端技術や企業向けソリューションの検証を行える施設「大手町テクノロジーセンター」を10月6日に都内へ開設する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは9月30日、先端技術や企業向けソリューションの検証を行うための施設「大手町テクノロジーセンター」(東京都千代田区)を10月6日に開設すると発表した。報道向けに同施設の概要を紹介した。

mstechcnt01.jpg 大手町テクノロジーセンターの外観。大手町センタービルの1階と13階に施設がある。

 同施設は、マイクロソフトが教育機関やベンチャー企業などの先端技術を検証する「イノベーションセンター」(東京都調布市)の機能を移転・拡充するとともに、企業向けソリューションの検証を行う「テクノロジーセンター」の機能を併せて新設し、2つの機能を提供する新しい拠点になる。

 のべ床面積は約1650平方メートルで、技術検証のためのデータセンタールームと利用者が作業するための「トポロジールーム」、ブリーフィングルーム、トレーニングルーム、シアター形式の「Envisioning Center」などで構成されている。

 データセンタールームとトポロジールームには、サーバおよびワークステーションがそれぞれ300台以上設置され、ストレージ規模は500テラバイト以上。サーバメーカーやネットワークベンダー、ITサービスベンダーなど16社がパートナーとして設備などを提供した。

mstechcnt03.jpgmstechcnt04.jpg サーバとワークステーションがそれぞれ300台以上設置されたデータセンタールーム(左)とトポロジールーム。80Gbpsのネットワーク環境で構築している

 イノベーションセンターの機能では、ベンチャーや中小企業、教育機関、自治体などの先端技術について、アイデアの具現化や実用化の支援、相互接続性・運用性などを検証し、国内初の技術イノベーションの実現を支援するという。また、国内の企業向け同社製品の品質検証も行う。

 テクノロジーセンターの機能では、企業の情報システムにおける先端技術やソリューションについて、同社および同社のパートナー企業、ユーザー企業が共同で検証を行えるもの。経営層におけるシステム導入の意思決定支援から現場レベルでの技術検証、Windows 7やWindows Server 2008 R2といった最新マイクロソフト製品をユーザーが体験できる場を提供する。

mstechcnt05.jpgmstechcnt06.jpg 商談や技術検討などを行うためのブリーフィングルームは計5室あり、最大規模の部屋(右)では3面モニターや同時通訳の設備も用意されている

 開設理由についてエンタープライズビジネス担当常務の平野拓也氏は、「企業のIT基盤を包括的に支援する体制を構築し、ライフサイクルに基づいて最先端の技術、ソリューションを戦略的に導入していくための検討の場を提供したい」と説明した。

 また、最高技術責任者の加治佐俊一氏はイノベーションセンターでの実績を紹介。2006年11月に開設して以降、例えば建築物の三次元解析やWindowsおよびLinux環境でのシングルサインオン技術などを実証しており、同社の知的財産のライセンス供与の実現、広範な製品における相互運用性の検証を行ってきたと述べた。

mstechcnt02.jpg 平野常務

 新施設での活動方針では、「首都圏での産学官連携やベンチャー、中小企業との連携強化、ローカライズと品質検証の拡充、パートナー連携の推進を図りたい」(加治佐氏)としている。なお、施設の処理能力は以前に比べて1.5倍に強化されたものの、消費電力は10%削減したという。加治佐氏は「環境問題などITが抱える社会的な課題にも対応していく」と述べた。

 同施設の利用はパートナー企業やユーザー企業が中心で、パートナー企業はマイクロソフトの担当者に、ユーザー企業はパートナー企業もしくはマイクロソフトの担当者を通じて申請する。すでに11月まで予約が殺到しており、現段階で希望しても利用できるのは12月以降になる見込みである。

 施設の対応能力はプロジェクト数によって異なるが、センター長の瀬戸口靜美氏によれば、ユーザー数10万人規模のExchangeによるシステムを検証するといったプロジェクトを同時に10〜15件進められるものだという。

 平野氏は、「特に企業ITでは仮想化やクラウド、ユニファイドコミュニケーションがキーワードとなっており、われわれはこの分野で多数の製品をリリースする予定だ。ユーザーが最新技術の活用できるよう、この施設をぜひ利用していただきたい」と話した。

 なお旧イノベーションセンターのあった調布技術センターには、都内各所に分散している研究開発部門を一つに集約するという。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -