ニュース
» 2009年10月02日 10時27分 公開

MSの元オープンソース関連責任者サム・ラムジ氏、クラウドの新興企業入り

ラムジ氏が参加するベンチャーSonoa Systemsは、クラウドサービスプロバイダー向け管理ツールやWebアプリのAPI管理ツールを提供している。

[ITmedia]

 米Microsoftのオープンソース技術戦略ディレクターの職を9月末に退いたサム・ラムジ氏が10月1日、クラウド関連ベンチャーの米Sonoa Systemsの戦略担当副社長に就任した。同氏はMicrosoftが9月に立ち上げたオープンソースの非営利団体「CodePlex Foundation」の暫定プレジデントも務めていた。

 Sonoa Systemsは、米BEAや米IBMで幹部を務めたチェット・カプール氏が2004年に立ち上げたネットワーク企業で、クラウドサービスプロバイダー向け管理ツール「ServiceNet」やWebアプリのAPI管理ツール「Apigee」などを提供している。米MTV Networksや米MySpaceなどが同社のサービスを利用している。

 MicrosoftはCodePlex Foundationにおけるラムジ氏の後任などについてまだ発表していない。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -