ニュース
» 2009年10月16日 06時25分 UPDATE

Microsoft、T-Mobileのユーザーデータは「ほぼ復旧」と発表

Microsoftは傘下Dangerによるモバイル向けクラウドサービスでのユーザーデータ消失について、被害に遭ったのは少数のユーザーで、データはほぼすべて復旧できる見通しだと発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月15日、同社傘下のDangerのサービスで消失した米携帯キャリア大手T-MobileのSidekickユーザーデータはほぼ復旧できそうだとユーザーあての声明文で発表した。

 同社モバイル担当幹部の署名入りのこの声明文によると、今回の障害でデータを失ったのは「少数の」Sidekickユーザーで、「すべてではないが」顧客データのほとんどを修復できており、まず連絡先データから可能な限り早くリストアしていく計画という。

 今回の事故について同社は、コアデータベースとバックアップのデータが消失したのは、あるシステム障害が原因となっていると説明している。現在システムをコンポーネントごとに再構築しているが、この作業には非常に時間がかかるという。引き続きT-Mobileと協力してデータ復旧に努めており、またSidekickサービスの信頼性を高めるためにシステムに変更を加え、バックアッププロセスを強化した。

 MicrosoftとT-Mobileは、遅くとも17日までに復旧状況に関する次の情報アップデートを行う予定。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ