ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「携帯電話事業者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「携帯電話事業者」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

携帯キャリアや主要MVNOのユーザーが最もよく使うポイントは? MMDが調査
MMD研究所は、6月6日に「通信会社と利用ポイントに関する調査」の結果を発表した。通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスであり、満足度が最も高かったのは「楽天スーパーポイント」。通信会社の継続理由へのポイントの影響は、平均で68.4%となった。(2019/6/6)

総務省、5G基地局整備を前倒し 計画数を2割上積み
総務省が5G基地局について、携帯電話事業者らの整備計画が現行より前倒しで進むよう施策を講じる方針であることが23日、分かった。(2019/4/24)

LINE追う「+メッセージ」、企業との連携に活路 来店予約・金融手続きなど対応へ
携帯キャリア3社が、「+メッセージ」に企業の公式アカウントを設けると発表。ユーザーは同アプリ上で、飲食店の予約や口座振替の手続きなどが可能になる。「LINE」にはユーザー数で後れを取っていることから、企業との連携を充実させて巻き返しを図る。(2019/4/23)

偽SMSで個人情報狙う「スミッシング」が激化 携帯事業者装い新手口も
スマートフォンのSMSを使って個人情報を盗み取ろうとする「スミッシング」と呼ばれるサイバー攻撃が激化している。宅配業者などをかたる従来型に加え、携帯電話事業者を装う新手口も登場。セキュリティー強化をうたった不正アプリをダウンロードさせるなど巧妙化しており、今後も被害が拡大する可能性がある。(2019/4/16)

Mobile Weekly Top10:
Samsungが「Galaxy Fold」と「Galaxy S10」を発表/楽天が携帯キャリアに参入した理由
Samsung Electronicsが新型スマホ「Galaxy S10」……だけではなく、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を発表しました。Galaxy Foldは、画面が内側に曲がるという特徴を持ちますが、機構が機構だけに、値段もそれなりに高くなりました。(2019/2/27)

格安SIM1位はUQ mobile、キャリア1位はau――価格.comの「格安SIM・大手携帯キャリア満足度ランキング」
価格.comが「格安SIM・大手携帯キャリア満足度ランキング」を発表。格安SIMの1位は「UQ mobile」、2位は「IIJmio」、3位は「mineo」で、キャリア1位はauに。格安SIMの利用率は25.6%と前年から5.2ポイント増で、3キャリアは微減となった。(2019/2/14)

ドコモ、au、ソフトバンクの2019年学割を比較 大容量、小容量プランで安いのは?
携帯電話キャリア各社から、毎年恒例の「学割」が提供中。今回はドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の学割の内容を比較。大容量プランと小容量プランで計算してみた。(2019/1/30)

ドコモの料金値下げ、MVNOへの影響は? IIJ島上氏「正々堂々と戦える環境を作ってほしい」
2019年は携帯キャリアの料金プランが大きく変わる1年になりそうだ。既にNTTドコモは2019年4月以降に2〜4割値下げすることを予告している。この影響を受けそうなのがMVNOだ。(2019/1/7)

「5G元年」「楽天参入」の2019年 携帯キャリアが年頭所感で決意表明
2019年が明け、通信キャリア各社のトップが年頭所感を発表。2019年は「5G」と「楽天参入」がキーワードといえる。各社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか。(2019/1/7)

「4割値下げ」発言の賛否も聞いた:
携帯キャリアVS.格安SIM 月額料金はどれくらい違う? ユーザー2000人に聞いた結果は……
菅官房長官の「4割値下げ」と発言以降、「日本の携帯キャリアの料金は高すぎる」との批判が強まっている。では実際に、キャリアの料金は格安SIMと比べてどの程度高いのか。ユーザーはこの発言をどう捉えているのか。MMDLaboが調査結果を発表した。(2018/11/26)

ネットワークベンダーも公表:
“グループを挙げて”基地局設置交渉――楽天がキャリア事業の進捗を説明
子会社を通して2019年10月に携帯キャリア事業に参入する予定の楽天。その進捗(しんちょく)が明らかとなった。料金については未確定要素が多いものの、ネットワーク回りについてはある程度順調に進んでいるようだ。(2018/11/8)

おとり広告、ノルマ重視の接客……:
「料金高すぎ」批判の背景にある、携帯キャリアが信頼されない要因
「日本の携帯料金は高すぎる」という批判が政府や消費者から出ている。だが、他国と比較すると、必ずしも不当に高いとは言えないとの調査結果もある。ではなぜ、日本の携帯キャリアはここまで批判されるのか。野村総合研究所が調査結果を発表した。(2018/10/20)

スマホにはない「ガラケー」の魅力とは? 携帯市場イベント
auの「INFOBAR xv」が2018年秋に発売されることで、「ガラケー」が再び脚光を浴びつつある。そんなガラケーの専門店を展開する中古携帯事業者の携帯市場が、ガラケーをテーマにしたイベントを開催。熱烈なガラケーファンという3人のユーザーが集まった。(2018/9/10)

楽天のキャリア事業、設備投資額は6000億円未満に+エリア化を前倒し その秘策は?
楽天が、決算会見で携帯キャリア事業の進展を説明。設備投資金額は、当初予定していた6000億円を下回る金額で設備投資が可能になる見込み。前倒しでエリアを構築していく。(2018/8/6)

楽天キャリア事業への設備投資「計画時より少なくなる」 人口カバー率96%は「前倒しで実現」
急成長のインド携帯キャリアの立役者をCTOに引き抜き、早期のサービス展開を図る考え。(2018/8/6)

Appleが大手キャリアに“不公正な取引”を強制した疑い 公取委が公表
公正取引委員会が「携帯電話事業者との契約に係るアップル・インクに対する独占禁止法違反被疑事件の処理について」という文章を公開。Appleと3キャリアが、独占禁止法違反の疑いがある取引をしていたという。iPhoneの数量やプランに関わる規定が明らかになった。(2018/7/11)

サブブランド、楽天との連携は?:
iOS対応は「+メッセージ」普及の起爆剤になるか 携帯キャリアに問う
メッセージアプリ「+メッセージ」がiOSに対応。5月にリリースされたAndroid版は不具合などもあり、広く普及するには至っていない。今後、同アプリをいかに伸ばすのか。3社に見解を聞いた。(2018/6/21)

音声・テキストで安否確認:
大阪府北部で震度6弱の地震 NTT東西と携帯キャリアが「伝言板」開設
近畿地方で地震が発生。これを受け、NTT東西と携帯キャリア3社が「伝言サービス」を開設。音声やテキストで安否を確認できる。(2018/6/18)

“貼る”SIMカード登場 既存のSIMに貼るだけで海外格安通信可能に H.I.S.「変なSIM」に導入
既存のSIMカードに貼り付けるだけで、既存の携帯事業者との通信契約を維持しながら、海外格安データ通信サービスも並行して利用可能になるというシール型の「サブSIM」を、H.I.S.Mobileが「変なSIM」に導入。(2018/6/12)

総務省が携帯キャリアに「公正競争促進」指導と要請を実施 ソフトバンクには「割引適正化」指導も
「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」で取りまとめられた報告書に基づいて、総務省が携帯キャリア3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)に対して行政指導と要請を行った。ソフトバンクに対しては別途、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」に基づく行政指導も行った。(2018/6/6)

公衆Wi-Fiの速度調査 3キャリアは下り平均19.7Mbps、他は平均36.3Mbps
ICT総研は、5月22日に公衆無線LANサービスの通信速度実測調査結果を発表。携帯電話キャリア3社の下り速度が平均19.7Mbpsに対し、キャリア以外は平均36.3Mbpと大きな差が開いた。全事業者で繁忙時間帯の速度遅延はほとんど見られず、 なかでも「セブンスポット」は閑散時に下り61.0Mbps、繁忙時に下り58.6Mbpsを記録している。(2018/5/22)

「ブロッキング」にも異なる見解:
ポイント、決済、投資――携帯キャリアが磨く「通信以外」の武器
大手携帯キャリアの2018年3月期決算が出そろった。各社の社長は決算会見でポイント、決済、投資などに注力し、さまざまな分野での収益拡大を図る方針を明らかにした。「漫画村」などの海賊版サイトへのブロッキングについても方針を語った。(2018/5/11)

「6000億円、少ない帯域幅でも十分に戦える」 楽天、携帯キャリア事業の勝算は?
楽天が5月10日、2018年度第1四半期決算を発表。携帯キャリア事業の計画を、副社長執行役員 通信&メディアカンパニー プレジデントの山田善久氏が説明した。そもそも楽天は、なぜキャリア事業に参入するのか。勝算はあるのか。(2018/5/10)

携帯電話の「2年縛り」と「4年縛り」 総務省は何を問題視している?
携帯電話の「2年縛り」と「4年縛り」の問題がクローズアップされている。2年縛りは長く携帯キャリアが実施してきた施策だが、あらためて何が問題なのか? そして4年縛りとは?(2018/5/1)

キーサイト 5Gソリューション:
5G向けチャンネルサウンディングソリューションを提供
キーサイト・テクノロジーは、5Gモバイルアプリケーション向け28GHz帯チャンネルサウンディング(空間電波伝搬特性)ソリューションを発表した。無線機器メーカーや携帯事業者に同ソリューションを提供し、5G(第5世代移動通信)技術の発展に貢献する。(2018/4/24)

楽天、携帯電話キャリア参入が認可 19年10月サービス開始へ
楽天が、総務大臣から携帯電話キャリア(MNO)として認可を受けたと発表した。(2018/4/9)

Mobile Weekly Top10:
ケータイを手放せない理由/楽天が携帯キャリアに
携帯電話の多くがスマートフォンになった昨今。それでも従来のフィーチャーフォン(ケータイ)を使い続ける人が少なからずいます。その背景には何があるのでしょうか。(2018/4/9)

楽天の携帯キャリア参入で気になる「料金」と「ネットワーク」
楽天モバイルネットワークに1.7GHz帯の割り当てが決定。これにより、楽天が携帯キャリアとして事業を展開できるようになった。気になるのは「料金」と「ネットワーク」だ。(2018/4/9)

楽天の「携帯キャリア」参入決定 「1.7GHz」帯で“追加条件”あり
楽天が子会社を通して申請していた「携帯キャリア」としての電波割り当てが認定された。1.7GHz帯(Band 3)を使ったLTE通信サービスを開始することになるが、“追加条件”も課された。(2018/4/6)

楽天、関西電力グループの設備を基地局設置に活用
楽天は携帯キャリア事業用の基地局設置にあたり、関西電力とそのグループが所有する送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔などの活用を決定した。(2018/3/27)

楽天、ケータイ基地局整備で関電の鉄塔借りる 東電・中電とあわせ
楽天は、携帯電話キャリア事業の基地局設置のため、関西電力グループから鉄塔などを借りると発表した。東電グループ・中電の設備も借りる予定で、数百億円規模のコスト削減につなげる。(2018/3/27)

楽天、「携帯キャリア事業」の基地局設置に中部電力の電力設備を活用へ
楽天は携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、中部電力の電力設備を活用するための協議を開始。送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上などに基地局を整備していく。(2018/3/23)

楽天、ケータイ基地局の整備で東電の「鉄塔」借りる 約300億円削減
携帯電話キャリア事業へ参入する楽天が、基地局を設置するため、東京電力グループの設備を利用する。約300億円のコストを削減できる見通し。(2018/3/6)

株価は「実力反映していない」:
「準備は順調」「投資は6000億円で十分」――“第4の携帯キャリア”楽天・三木谷社長の自信
楽天・三木谷浩史社長が、2月13日開いた決算会見で携帯電話事業についてコメント。「準備は順調だ」「投資は6000億円で十分」と自信を見せた。下落が続く株価についても「実力を反映していない」と強気だった。(2018/2/13)

競争激化に備えた戦略は?:
携帯キャリア各社、「楽天参入」をどうみる 迎え撃つ3社長が語ったこと
大手携帯電話事業者の2017年4〜12月期の連結決算が出そろった。決算会見では、各社の社長が楽天参入の感想や今後の戦い方についてコメント。各社は競争激化が予測される市場でどう戦っていくのだろうか。(2018/2/8)

Y!mobileとUQ mobile、学割で安いのはどっち?
月額2000円以下でスマホが持てることをアピールするMVNO。中でも大手携帯キャリアの「サブブランド」といわれるY!mobileとUQ mobileが展開する、学割内容を比較しました。(2018/1/29)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天は6000億円でどうやって日本全国をカバーするのか――SIMフリースマホの「あの機能」が楽天を救う
携帯電話事業者(MNO)として名乗りを挙げることになった楽天。2025年までの6000億円の設備投資をすると表明しているが、この額では全国をカバーするのは難しい。しかし、現在MVNOとしてセット販売している「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」対応のSIMロックフリースマートフォンを使えば何とかできるかもしれない。(2017/12/29)

楽天・三木谷社長、携帯キャリア参入で「安価なサービス提供したい」
楽天の三木谷社長がTwitterで、携帯キャリア事業参入についてコメントした。「もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」などとつづっている。(2017/12/19)

3キャリアもそろって下落:
携帯キャリア参入の楽天、年初来安値 当面の業績悪化を懸念
楽天の株価が続落し、年初来安値を更新。携帯事業の設備投資による業績悪化と、キャリアの寡占解消による収益性の低下が懸念されたもよう。(2017/12/15)

「第4のキャリア」なるか?:
楽天が携帯キャリア事業参入を表明 2019年中のサービス開始を目指す
楽天が携帯キャリア(MNO)事業への参入を正式に表明した。総務省が2018年3月末頃に行う「1.7GHz帯」「3.4GHz帯」の電波の割り当てを前提に、2019年中のサービス開始を目指す。(2017/12/14)

楽天、2019年から携帯キャリア事業に参入する方針かためる 「現在のMNO市場を競争的に」「より安い料金の実現」
報道を受け「事実が決定したら、速やかに公表」 → その日のうちに公表。(2017/12/14)

楽天、携帯キャリア参入を正式発表 2019年内にサービス開始へ
楽天が、携帯キャリア事業に参入すると正式発表した。(2017/12/14)

楽天が携帯キャリア参入の報道 「検討していることは事実」
楽天が携帯キャリアに参入するとの報道。同社は「検討していることは事実」とコメント。ドコモ、au、ソフトバンクに続くキャリアの誕生なるか。(2017/12/14)

楽天、第4の携帯キャリアに名乗り 参入検討は「事実」
楽天は、同社が携帯キャリア事業に参入すると伝えた同日付の一部報道について「参入を検討しているのは事実」と認める声明を出した。(2017/12/14)

企業のクラウド移行なども要因に:
2018年に想定されるサイバーセキュリティの10項目、A10ネットワークスが予測
A10ネットワークスは、「2018年のサイバーセキュリティ状況に関する10の予測」を発表。「デジタルセキュリティが基本的人権問題になる」「コアネットワークを狙った大規模攻撃でモバイル通信事業者が部分的、または完全にダウンする」といった項目を挙げた。(2017/12/12)

携帯キャリアの料金プランはなぜ分かりづらいのか
なるほど、さっぱり分からん!(2017/11/7)

11月3日発売:
発売近づく「iPhone X」、大手キャリアの端末代金は?
KDDIが米Appleの新型スマートフォン「iPhone X(テン)」の端末代金を発表し、3大キャリア(携帯事業者)が出そろった。各社にはどのような違いがあるのだろうか。(2017/10/24)

ソフトバンクが狙うT-Mobile、純利益50%増の好決算
米携帯キャリア3位のT-Mobile USが増収増益の好決算を発表した。ソフトバンク傘下のSprintとの経営統合のうわさが高まる中、ジョン・レジャーCEOは会見を開かず、YouTube動画で「うわさに惑わされず業績だけを見てほしい」と語った。(2017/10/24)

FAニュース:
クラウド監視サービスに標準対応したスクリュー式空気圧縮機
日立産機システムは、同社のクラウド監視サービス「FitLiveサービス」に標準対応した、スクリュー式空気圧縮機「NEXT III」シリーズを2017年10月に発売する。携帯キャリアの通信網を活用した、空気圧縮機のクラウド監視サービスを構築できる。(2017/10/2)

電力供給サービス:
東電が送電鉄塔レンタルで新サービス、5G時代を見据える
東京電力パワーグリッドが、携帯電話事業者に基地局として貸し出しできる送電鉄塔を専用Webサイトで公開する新サービスを開始した。今後次世代通信「5G」の基地局整備も始まることから、基地局の設置ニーズは高まる見込み。携帯電話事業者が送電鉄塔を借りやすくする環境を整備し、事業の拡大を図る。(2017/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。