ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データ復旧」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ復旧」に関する情報が集まったページです。

バッファロー、法人NASにサポートサービスを付帯した「TeraStation+オンサイト保守・データ復旧 年1回 無償パック」を発売
バッファローは、同社製法人NASに保守サービスなどを付属した「TeraStation+オンサイト保守・データ復旧 年1回 無償パック」を発表した。(2024/1/31)

KDDI、通信料金・電気料金の減免や支払い期限の延長など 無料でデータ復旧も
KDDIは1月2日、1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、「通信料金などの支援措置」「受付手続きの緩和」「PC・スマートフォンなどのデータ復旧サービスの支援措置」「電気料金の支援措置」「携帯電話の貸し出し」を行うと発表した。(2024/1/2)

4キャリアが能登半島地震に伴う支援措置 支払い期限の延長、付属品の無償提供など
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、能登半島地震に伴う支援措置を実施している。災害救助法が適用された地域のユーザーを対象としている。携帯電話サービスや固定通信サービスの支払期限延長、付属品の無償提供、データ復旧支援などを行っている。(2024/1/2)

Innovative Tech:
スマホの指紋センサーから“指紋”を復元する攻撃 3Dプリンタで偽物を作成、被害者になりすまし
香港城市大学と米ジョージ・メイソン大学に所属する研究者らは、スマートフォンのディスプレイ内指紋センサーから指紋データを復元するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/12/11)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
本当に“使えるバックアップ”とは何なのか? 確実なデータ復旧のための要件
ビジネスにおけるデータの重要性が高まる中、バックアップには、データ消失リスクの解消、ダウンタイムの最小化など、より高度な要件が課せられるようになった。本当に“使えるバックアップ”とは何なのか、実現方法と合わせて解説する。(2023/11/6)

256GBのはずが実際は64GB 容量偽装の“極悪USBメモリ”にご用心 見分け方を専門家に聞いた
偽装品が持ち込まれた秋葉原のデータ復旧専門店、データSOSに話を聞きました。(2023/9/14)

HISモバイル、月550円の「HIS Mobileケア」提供 修理費5万円補償やデータ復旧など
HISモバイルは、9月1日から月額550円(税込み)のサポートサービス「HIS Mobileケア」を提供開始。端末のデータ復旧や各種サポートサービスの無料利用、修理費の最大5万円補償を行う。(2023/8/30)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
バックアップの仕方で決まるデータ復元の信頼性、改善するための5つの方法とは
ますます巧妙化するサイバー脅威から重要データを保護するには、バックアップの実施が欠かせない。ただし、単にバックアップを作成するだけでは不十分だ。バックアップの成功率、ひいてはデータ復元の信頼性を高めることが重要になる。(2023/8/2)

データ保護に対するVeeamの一手【後編】
ランサムウェアのデータ復旧を補償「Veeam Ransomware Warranty」とは 利用条件は?
バックアップツールベンダーVeeamは、ランサムウェア攻撃を受けた場合のデータ復旧費用を補償するサービスを発表した。このサービスを利用する場合の条件や、Veeamの狙いを整理する。(2023/6/25)

サイバー攻撃の93%は「バックアップ狙い」 Veeamが調査
Veeamのグローバル調査によると、サイバー攻撃の93%はバックアップリポジトリを標的としている。攻撃者は身代金の支払いを強要するが、支払ったにもかかわらずデータを復旧できなかった企業もあることが分かった。(2023/5/26)

87%の日本企業が「身代金を支払った」と回答 そのうち全データを復旧できた割合は?
Rubrikはデータセキュリティに関する最新のグローバル調査結果を公開した。同調査から、ランサムウェア攻撃に対する企業の現状や課題が明らかになった。(2023/5/24)

arcserve Japan合同会社提供Webキャスト
書き換え不可領域でデータを保護、ランサムウェア対策の新たな選択肢とは?
ランサムウェアの被害が拡大する中、バックアップデータを破壊するタイプも出現しており、データ復旧に失敗するケースが多発している。そこで注目したいのが、ランサムウェアが書き込めない「イミュータブルストレージ」を用いた対策だ。(2023/5/18)

新潟県の公文書データ10万件消失事故、7万件超が復旧できず 保守業者の人為ミスが原因、改めて謝罪
新潟県で発生した公文書管理システム上の公文書データ約10万件が消失する事故を巡り、システム保守をしていた富士電機ITソリューションは7万7000件以上のファイルを復旧できなかったと発表した。(2023/5/10)

“バックアップ”=“データを復旧する”だけじゃない 今の時代に合った製品選定のコツ
“バックアップ”と一口に言っても、自然災害に向けたBCPとサイバー攻撃に対するBCPはその性質が異なることを知っているだろうか。MBSDの講演から、それぞれの戦略の違いとバックアップソリューション選定のポイントが明らかになった。(2023/3/6)

エレコム、Seagate製USB外付けHDD計2シリーズの取り扱いを開始 データ復旧サービス付き
エレコムは、Seagate製となるUSB外付けHDD「SGD-LX」など計2シリーズの取り扱いを開始した。(2023/2/28)

プロが教える「まずはここから」
ランサムウェア対策を実現する5つのステップ
ランサムウェア攻撃については水際対策だけでなく、迅速なデータ復旧など侵害を受けた後の対処も併せて考える必要がある。包括的な対策には相応のノウハウが必要だ。本稿では対策のポイントを紹介する。(2023/1/27)

バックアップツールの将来動向【第2回】
ランサムウェアに対抗できるバックアップ技術は?
ランサムウェア被害を受けた際のデータ復旧の要となるバックアップツール。今後注目される技術をベンダーに聞いた。(2023/1/24)

アイ・オー・データがビジネスNAS「LAN DISK」をリニューアル 「5年保証」と「データ復旧」を標準付帯
アイ・オー・データ機器は、同社製ビジネスNAS「LAN DISK」の保証内容をリニューアルする。従来は3年間だった標準製品保証を「5年」に延長した上で、データ復旧サービスを標準付帯とする。オプションの有償保守サービスも無いようを一新する。【更新】(2022/10/12)

「身代金」以外にも注目を【後編】
ランサムウェア攻撃で「データは復元できるのに身代金を払う」組織が増えた理由
組織はランサムウェア攻撃に備え、暗号化されたデータを復元する対策を用意しているにもかかわらず、身代金を支払う例が散見される。なぜなのか。(2022/7/28)

医療業界を狙うランサムウェア攻撃、2倍近くに 身代金でデータが返ってきたのは2%のみ
医療業界を狙ったランサムウェア攻撃が2021年に前年より94%増えたとする国際調査の結果をソフォスが発表した。身代金を払った医療機関のうち、データを復旧できたのは2%という。(2022/7/26)

Rubrikが最大500万ドルのランサムウェア復旧保証サービスを発表 セキュリティサービスへの自信を聞いた
ランサムウェアに対する企業の緊張感は高まっているが、対策をしてもその隙間を狙うのがサイバー犯罪グループだ。ストレージ製品やサービスを提供するRubrikは、ランサムウェア攻撃を受けた場合のデータ復旧機能を提供するが、万が一復旧できない場合は、復旧のための資金として500万ドルまでを補償する。補償金を実現できるのはRubrikが同社の技術へ信頼と自信を持っているからだ。Rubrikと従来ベンダーの違いをプレジデントが明かした。(2022/7/26)

ランサムウェア対策の常識・非常識【第2回】
“バックアップ万能論”は幻想 ランサムウェア対策の誤解と真実
バックアップを実施すれば、ランサムウェア攻撃を受けてもデータ復元ができる――。そう考えるのは危険だ。バックアップの落とし穴と「後悔しない使い方」とは何か。(2022/7/14)

“データ保護はベンダー任せ”から卒業しよう:
マルチクラウド時代のサイバーレジリエンス戦略で持つべき“3つの視点”
サイバー攻撃に激化によって、事前防御だけでなく侵害を受けた後のデータ復旧を考慮したサイバーレジリエンス戦略の構築が企業には求められている。ではそもそもサイバーレジリエンスにはどのような要素が必要なのか。(2022/7/13)

テレビ録画したHDDの復旧サービス、バッファローが提供
バッファローは6日、テレビの録画データを復旧する「テレビ録画復旧サービス」の提供を始めた。料金はバッファロー製品の論理障害だった場合で4万6200円から。(2022/7/6)

デル、“サイバー攻撃後”のデータ復旧を実現できるマルチクラウド環境向けのリカバリーソリューション
デル・テクノロジーズは、サイバー攻撃を受けてしまった後のデータ復旧に焦点を当てたリカバリーソリューションを発表した。(2022/6/30)

Macのデータ復旧アプリ「4DDiG」、システム整合性保護解除が不要に
Appleのセキュリティ技術「Macのシステム整合性保護」に対応したため、複雑な解除の手順が不要になった。(2022/6/22)

政府や省庁も注意喚起
「バックアップを攻撃するランサムウェア」の被害が増加 対策のポイントは
ランサムウェアの被害が増加している。バックアップを攻撃してデータを復旧させないようにするものもあり、「バックアップがあれば安心」とは言えなくなった。ではどのように対処すればいいのか。有識者に話を聞いた。(2022/1/20)

バッファロー、法人NAS「TeraStation」向けの新保守サービス「デリバリー保守・データ復旧 年1回 無償パック」
バッファローは、同社製法人向けNAS用の保守サービス「デリバリー保守・データ復旧 年1回 無償パック」を発表した。(2022/1/13)

失われたMacのファイルを復元する「4DDiG Macデータ復元」を試してみた
削除したファイルを復元するMac用ソフト「4DDiG Macデータ復元」の使い勝手。(2021/12/22)

エレコム、データ復旧サービス付きのSeagate製USB外付けHDD
エレコムは、万一のトラブル発生時に利用できるデータ復旧サービスを付属したUSB外付けHDD「SGD-MZ」シリーズを発表した。(2021/12/7)

日本企業の7割以上が「サイバー攻撃から復旧できる自信なし」 データ保護の現状に警鐘
デル・テクノロジーズの調査によると、世界の67%、日本の78%のIT意思決定者がサイバー攻撃で業務データが損失した場合に「自社の重要な基幹業務データを復旧できる自信がない」と回答していることが分かった。(2021/9/24)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「バックアップがあるから安心」が崩壊 進化するランサムウェア攻撃の手口とは
ランサムウェア攻撃が巧妙化している。バックアップデータを狙い、データを復元できなくすることで企業のビジネスを停止させる攻撃手法とはどのようなものか。対策とともに解説する。(2021/3/22)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
増加するサイバー攻撃に対抗、レジリエンシーを高める3つのポイントとは
近年サイバー攻撃の目的がデータの窃盗から破壊/捕縛といった高度なものにシフトしつつあり、実際の被害も増加傾向にある。それらの攻撃からデータを守るためには、バックアップデータも含めた包括的なデータ復旧の仕組みが必要だ。(2021/3/2)

Microsoft 365(Office 365)のバックアップ&リカバリー入門【前編】
「Microsoft 365」の標準バックアップ機能では何ができ、何ができないのか?
「Microsoft 365」(Office 365)には、削除されてしまったデータを復元する機能がある。ただし常に復元できるわけではない。Microsoft 365標準のバックアップ/リカバリー機能と、その限界を確認しておこう。(2020/11/13)

二重脅迫ランサムウェアの脅威【前編】
二重脅迫ランサムウェアの恐るべき手口
ランサムウェアを使った「二重脅迫」が増えているという。「データの公開」をネタにさらに脅迫されるため、バックアップからデータを復元したとしても回避できない。(2020/10/30)

Windows 10搭載PCで誤って削除したファイルを復活
無料のPCデータ復元アプリ「Windows File Recovery」 クラウド時代に登場の謎
Microsoftの「Windows File Recovery」は、PCに保存したファイルを誤って削除した際に効果を発揮する。クラウドストレージ全盛の今、同社がWindows File Recoveryを提供する狙いとは。(2020/9/13)

Tech TIPS:
【Windows 10】うっかり削除したファイルの復元方法まとめ
ファイルやフォルダを整理していたら、間違って必要なファイルまで削除してしまったという経験はないだろうか。そのような場合、慌てずにファイル復元ツールを実行することでファイルを復元できる可能性がある。その方法について解説する。(2020/8/28)

Microsoft Storeから入手可能:
Microsoft、ファイル復元ツール「Windows File Recovery」をリリース
Microsoftは、コマンドラインで使用するファイル復元ツール「Windows File Recovery」を提供開始した。(2020/7/3)

「日本はランサムウェア攻撃に最も弱い」:
身代金を支払うと復旧までのコストが2倍 ソフォスが「ランサムウェアの現状2020年版」を発表
ソフォスが発表した「ランサムウェアの現状2020年版」によると、ランサムウェア攻撃を受けて暗号化されたデータを復元するために身代金を払うと、支払わなかった場合と比べて、被害を回復するのに約2倍のコストがかかることが分かった。(2020/5/28)

エレコム、データ復旧サービス付きのUSB 3.2外付けポータブルSSD
エレコムは、USB 3.2接続に対応したポータブルSSD「ESD-EFR」シリーズを発表した。(2020/5/12)

エレコム、ケーブル一体型ポータブルSSDに「データ復旧サービスLite」付きモデルを追加
エレコムは、ケーブル一体型筐体を採用したUSB外付けポータブルSSD「ESD-EC」シリーズ新モデルの販売を開始する。(2020/3/31)

PR:サーバ障害から企業を救う”最後の砦”――IT企業の大型サーバ復旧の裏側に迫る
大切な企業データの入ったサーバが障害でアクセスできない――そんな一大事に、サーバの管理担当者はどのような行動を取るべきなのか。データ復旧において、累積で18万件超の相談を受け、最高復旧率95.2%(いずれも自社調べ)の実績を持つ「デジタルデータリカバリー」のエンジニアにサーバ復旧に関する意見を聞いてみた。(2020/3/23)

アイ・オー、「データ復旧サービス」のサービス内容を拡大 リモート復旧サービスなどを利用可能に
アイ・オー・データ機器は、同社が提供する「データ復旧サービス」のサービス内容拡大を発表した。(2020/1/8)

量子コンピュータでも解読困難な認証機構:
災害時も衛星経由で医療データを復元「かかる時間はたった9秒」 NICTらが開発
NICTなどのチームは、電子カルテデータの安全なバックアップと、医療機関の間での相互参照や災害時の迅速なデータ復元が可能なシステムを開発した。衛星を経由し、9秒でデータを復元でき、認証の安全性を量子コンピュータでも解読困難なレベルまで上げた。(2019/12/17)

シリコンパワー、データ復旧サービス付きの内蔵型SSDを発売 2.5インチモデルとM.2 PCIeモデル
シリコンパワージャパンは、データ復旧サービスを標準付属した2.5インチ/M.2 PCIe SSDの販売を開始する。(2019/12/6)

エレコム、データ復旧サービスを付属したUSBメモリ
エレコムは、データ復旧サービスを標準で付属したUSBメモリ「MF-DRU30」シリーズを発売する。(2019/12/3)

基板まで作る、町の電気店で売る:
そのSSDやSDメモリーカードは大丈夫?――データ復旧会社から見る容量偽装の今
容量を偽る“詐欺ストレージ”は、昔からちょくちょく物議を醸してきた。現在も根絶されていないどころか、バリエーションが増えてきているようだ。データ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」に届いた容量偽装ストレージから、今を読み解く。(2019/11/15)

消去方法がダメ:
「中古HDDの6割」に個人情報が残存、英Comparitech
comparitech.comは、eBayのようなマーケットプレースで購入した中古HDDの59%に問題があると発表した。HDDの内容が完全に消去されていないため、5台のうち3台では前の持ち主のデータを復元できた。(2019/10/1)

データ改ざんや破損の検出に
「ブロックチェーン」を災害復旧(DR)に活用する2つの方法
一般的な用途ではないが、災害復旧(DR)にブロックチェーン技術を生かそうとする動きがある。ブロックチェーンがデータ保護やデータ復旧にどう役立つか解説する(2019/10/1)

アドバンスデザインがデータ復旧サービスを定額2万円で実施するキャンペーンを実施中
アドバンスデザインが、定額費用でデータ復旧サービスを利用できる「パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン」を実施している。(2019/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。