ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データ復旧」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ復旧」に関する情報が集まったページです。

PR:放置は厳禁! RAIDのエラーで“やってはいけないこと”と“やるべきこと”
HDDを複数台つなげてデータを高速かつ安全に保存できる「RAID」。エラーが起こっても使い続けられる……と思っていると、後でとんでもないトラブルに見舞われることになる。累積で18万件超の相談を受け、最高復旧率95.2%(いずれも自社調べ)の実績を持つ「デジタルデータリカバリー」のエンジニアにRAIDエラー時の心構えを聞いた。(2019/6/17)

SSD内のデータを「タイムトラベル」:
イリノイ大がランサムウェア対策のデータ復元支援ツールを開発、SSDの性質を利用
イリノイ大学の研究チームは、ランサムウェアに感染しても、ファイルを復元できるツールを開発した。PCに搭載された一般的なSSDの動作を制御して、作成後3日目までのファイルを復元できるようにした。(2019/6/5)

バッファローが税別1万円の「うっかり削除の復元プラン」サービスを提供開始
バッファローが、誤操作によってファイル削除やフォーマットをしてしまった外付けHDD、USBメモリ、PCのデータを復元する「うっかり削除の復元プラン」の提供を開始した。(2019/5/7)

個人間でスマホを売却するのは危険? データ消去を手掛けるブランコ・ジャパンに聞く
非常に多くの個人情報データが入っているスマートフォンやPCには、データを削除するための「初期化」という項目が用意されている。しかし、実は初期化をしても第三者が専用ツールを使って簡単にデータを復元できてしまう。では、ユーザーはどうすればいいのか?(2019/5/5)

auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充 当日中に代替機を届けられるエリアを拡大 23区では「4時間以内配達」も
auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充する。代替機を当日中に届けるサービスの対象エリアを拡大し、東京23区内では申し込みから4時間に届けるサービスも開始する。2018年秋冬モデル以降の機種では、代替機に液晶保護フィルムをあらかじめ貼り付けて送付するサービスと、データ復旧サポートサービスを新たに提供する。(2018/10/11)

ドコモが「ケータイ補償サービス」を拡充 加入者の修理代金上限が3000円に(iPhone・iPadを除く)
NTTドコモが「ケータイ補償サービス」加入者向け故障修理サービスを拡充。保証対象外の故障時の修理代金の上限額を2000円値下げし、故障時の修理対応を全機種で「修理受け付け終了日」まで延長する。iPhone・iPad向けの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」はデータ復旧サービスの割り引きを適用可能とする。(2018/10/1)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
データ復旧企業の「ひとり情シス」、ほぼ半年で基幹システムを刷新するの巻
「ひとり情シス」であるにもかかわらず、基幹システムの刷新を任され、半年でやり遂げたという情シスがいる。「営業以外は一通りやった」というほど、部署を転々とした彼は、どのようにしてこのプロジェクトを乗り切ったのだろうか。(2018/7/23)

ランサムウェアに特化した機能とは
バックアップデータを狙ったランサムウェア攻撃が発生、データ復旧に使える製品は?
ランサムウェア攻撃は、通常のデータ損失事案とは異なる。データ保護を手掛けるベンダーの中には、それを念頭に、ランサムウェアに特化した機能を製品に搭載するところもある。(2017/12/21)

事例から学ぶRAID障害への正しい対処法:
PR:HDD 60台、45TBの大規模RAID障害から99.9%のデータ復旧に成功――地域基幹病院の重要なCT画像データはどのようにして救われたのか?
重要なデータを格納する場所としてRAIDシステムは、多くの企業や団体で活用されている。一般的に、RAIDで使われているHDDを復旧するのは非常に難易度が高いといわれているが、デジタルデータリカバリーでは、13万件を超える復旧実績を持ち、メーカーや他の復旧サービスが修復不能と判断したものでも復旧に成功してきた。万が一、RAIDに物理障害が発生した場合には、どのような点に注意しておく必要があるのだろうか。デジタルデータリカバリーを運営するデジタルデータソリューションの太田氏、井瀧氏、吉野氏に、実際に対応した大規模RAID障害の事例を交えて話を伺った。(2017/11/6)

HCIのパフォーマンスを落とさないために
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方
IT基盤を簡単かつ安価に利用できることで注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)のメリットを生かすには、バックアップツール選びも重要なポイントだ。(2017/9/8)

リプラス、九州豪雨被害者向けに最大100GBまでのデータ復旧サービスを無償で提供
リプラスは、九州北部で発生した豪雨被害者を対象としたデータ復旧サービスの一部無償提供開始を発表した。(2017/7/10)

ランサムウェア「WannaCry」被害からデータを復旧できる対策ソフトを開発 無償で提供開始
アドバンスドテクノロジーは、ランサムウェア「WannaCry」用対策ソフトを開発。公共機関より随時無償配布を行っていく予定だ。(2017/6/13)

データ復旧はスピード勝負、迅速/確実なHDDトラブルの解決には:
PR:もしも、ゴールデンウイーク(GW)明けにHDDトラブルが発生したら――最善策は何もせずに復旧のプロに任せること
データ復旧事業者によると、ゴールデンウイーク(GW)明けはHDDのトラブルが多くなり、HDDの修理やデータ復旧の依頼も通常の倍以上になるという。HDDの障害が長期休暇明けに発生しやすいのはなぜか。不幸なことに、実際にトラブルに遭遇してしまった場合は、どのように対処するのが最善なのだろうか。(2017/5/8)

目標復旧時間と目標復旧地点は人それぞれ
「ランサムウェア」対策に有効なバックアップ、どこまでやれば安心か
身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」は脅威だが、適切なバックアップの戦略を立てれば、ランサムウェアの攻撃を受けてもデータを復元できる。ただしどの時点まで復旧すれば満足かの目標はビジネスごとに違う。(2016/8/8)

また新型ランサムウェア、攻撃者でもファイル復旧は無理
たとえ被害者が要求に従って身代金を払ったとしても、マルウェア作者ですらファイル復旧は不可能だという。(2016/7/14)

「明日はわが身」と考えよ
NASCARレーシングチームがランサムウェア被害、500ドルを支払ってしまった “恐怖”とは
全米自動車競争協会(NASCAR)のレーシングチームは、ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)被害を受け、データ復旧のために身代金を支払い、セキュリティソフトベンダーと提携する事態に至った。(2016/7/6)

ドスパラ、「HDD/SSDデータ復旧安心サービス」提供開始
ドスパラでHDD/SSD購入時に本サービスへ同時加入すると、データ復旧サービスを利用できる。(2016/7/1)

意外と知らないデータ復旧作業を妨げるエンジニアの行動:
PR:データ復旧のプロが教える、故障したHDDの症状を悪化させる“やってはいけない対応”とは?
96.2%の高い復旧率で11万件以上の復旧に対応してきたデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」では、法人向けに出張診断サービスも行っている。デジタルデータソリューションの太田高寛氏(同社エンジニアチーム総責任者)によれば、同社に問い合わせを行うまでに行った対応によっては、復旧の可能性を低下させたり、復旧までの時間が長くなったりすることがあるという。では、どんな対応がNGなのだろうか。(2016/7/6)

TSUKUMO、HDDとSSDのデータ復旧サービスを7月1日より開始
購入したHDD/SSDで物理障害や論理障害が発生した際に、データ復旧サービスを安価で受けられるサービスを開始する。(2016/6/29)

96.2%のデータ復旧率を実現する“裏側”をお見せします:
PR:“消えたデータが蘇る”データ復旧の現場では何が行われているのか?――9年連続日本一のデータ復旧実績を持つデジタルデータリカバリーが、その技術力とスピードの核心を公開
重要な情報が格納されているHDDに障害が発生し、慌ててデータ復旧事業者をWebで検索すると、数多くのサービスがヒットする。しかし、Web上の情報だけでは、どのサービスが信頼できるのか判断するのは難しい。また、実際に、どのようにしてHDD/データの復旧作業が行われているのかを知る人も少ないのではないだろうか。本稿では、HDD/データ復旧の現場を紹介する。(2016/5/31)

アーク情報システム、バックアップソフト最新版「HD革命/BackUp Next Ver.3」
最新版では、バックアップしたファイルを復元せずに開く機能やパーティションのセクターバックアップに対応。(2016/5/27)

トレンドマイクロ、ランサムウェア被害者にファイル復号ツールを無償公開
ランサムウェアによって暗号化されてしまったファイルを復旧できる(ただし、保証はできない)。(2016/5/27)

5月20日から予約販売開始:
FREETEL、スマホ代+通信料コミコミの「プレミアムバリュープラン」を5月27日から提供
初期費用なしでスマホと通信回線をセット購入できる「スマートフォン0円スタートプラン」が、「プレミアムバリュープラン」に進化。新たにFREETELでんわの無料通話分、データ復旧サービスと32GBのmicroSDHCも標準付帯する。(2016/5/17)

楽天モバイルがオプションサービスを拡充――MNP不通解消や公衆無線LAN、データ復旧サービスを提供
楽天モバイルが新たなオプションサービスとしてMNP転入の不通期間解消、Wi-Fiスポットの提供、データ復旧サービスを発表した。(2016/4/26)

アイ・オー、データ復旧サービス付きのUSB 3.0外付けHDD
アイ・オー・データ機器は、USB 3.0接続に対応した外付け型HDD「HDJA-UTWHQ」シリーズの販売を開始する。(2016/3/16)

アーク情報システム、インタフェース改善で操作性を向上させたデータ復元ソフト「HD 革命/FileRecovery Ver.4」
アーク情報システムは、同社製データ復元ソフト「HD 革命/FileRecovery」シリーズの最新版を発表した。(2016/3/10)

アスク、“データリカバリサービス”付きHDDを搭載したSynology製NASの販売を開始
アスクは、Seagateが提供する「+Rescueデータ・リカバリ・サービス」付きHDDを搭載したSynology製NASの取り扱いを開始する。(2015/7/24)

マウスコンピューター、“データ復旧サービス”付きHDDをBTOオプションで提供
マウスコンピューターは、PC購入時のBTOオプションに1年間のデータ復旧サービス付きHDDを追加した。(2015/7/22)

アーク情報システム、ファイル対応力を強化したデータ復元ソフト「HD革命/FileRecovery Ver.3」を発表
アーク情報システムは、同社製データ復元ソフト「HD革命/FileRecovery」の最新版を発表。詳細スキャン時の対応ファイルが強化されている。(2015/5/27)

職場で役立つデジタル化レシピ:
不慮の事故でも安心 NASのデータを守る外部バックアップの種類と特徴
電源部などの故障で複数ドライブがまとめて損傷を受けた場合、災害で本体ごと破損・喪失してしまった場合などは、RAIDでデータを復旧させることはできない。こうした場合に有効な、外部ドライブへのバックアップ方法をまとめた。(2015/5/20)

職場で役立つデジタル化レシピ:
5分で分かる、NASの耐障害性を高める「RAID」の種類とその特徴
複数台のハードディスクを組み合わせることで、万一のディスクの障害の際にもデータを復元できるようにする「RAID」。RAIDの基本的な特徴に加え、各RAIDのメリットとデメリット、および実際にドライブを構成した場合に使用できる容量をまとめた。(2015/5/13)

エレコム、データ復旧サービス付きのSDHC/SDXCメモリカード
エレコムは、同社製SDHC/SDXCメモリカード製品のラインアップに「データ復旧サービス」付きモデル4シリーズを追加した。(2015/5/12)

フロントライン、Mac OS用データ復元ソフト「ファイルサルベージ」の“Yosemite”対応版を発売
フロントラインは、SubRosaSoft製Mac OS用データ復元ソフト「ファイルサルベージ」、ファイルコピーソフト「コピーキャットX」の“Yosemite”対応版の販売を開始した。(2015/2/9)

ホワイトペーパー:
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
バックアップやディザスタリカバリは、万が一のシステム障害時に迅速かつ確実に実行できなければ意味を成さない。多くのシェアを持つバックアップソフトと重複排除ストレージを例に、バックアップとデータ復旧の手順を見ていこう。(2015/1/8)

アイギーク、USBブートで破損ストレージを復旧できるMac OS用データ復元ソフト「Data Rescue 4」
アイギークは、Mac OS X用データ復元ソフト「データレスキュー」シリーズの最新版を発表。パッケージ版はUSBメモリ形態での提供となる。(2014/11/21)

NEWS
統合バックアップ・リカバリソフトの新版を発表――Arcserve
仮想環境やアプリケーション向けバックアップ、詳細な単位でのリストアなど、50種以上の機能を拡張した。(2014/11/10)

ドスパラ、Western Digital製データ復旧サービス付き内蔵HDDの無料復旧容量を1Tバイトに
無料で復旧できる容量を従来の4Gバイトから大幅増量。すでに購入済みHDDも対象になる。(2014/10/24)

アイ・オー、最大100万円までのデータ復旧サービスが無償になる法人向けの「データ復旧サービス特約」
アイ・オー・データ機器は、法人向けの有償保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス」にデータ復旧サービス特約を追加した。(2014/10/23)

エイサー、薄型モバイルノート「Aspire E 11」に「データ復旧安心サービス」付属モデルを追加
日本エイサーは、「データ復旧安心サービス」を標準で付属した11.6型モバイルノートPC「E3-112-F14C/S」を発売する。(2014/10/15)

テックウインド、HDDデータ復旧サービスの提供を開始
テックウインドは、HDDデータ復旧サービスの受付を開始。“成功報酬制”の料金体系を採用している。(2014/10/15)

ドスパラ、「データ復旧サービス」付きのWD製HDDを取り扱い開始
ドスパラは、「データ復旧サービス」を付属したWestern Digital内蔵型HDDの取り扱いを開始する。(2014/10/10)

Webカメラの乗っ取り防止機能も:
“人質”に取られたユーザーファイルを復元――「カスペルスキー2015年版」発表会
「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」では、Webカメラのぞき見防止機能と公衆無線LANの安全度チェック機能が加わったほか、ランサムウェア対策やオンライン決済保護の強化などが図られている。(2014/10/6)

PR:ログ分析で見つかるサイバー脅威、即時対応できるセキュリティ基盤を構築せよ
標的型攻撃などの脅威から被害を防いだり、抑止したりするために活用したいのが、企業や組織で蓄積されている多種多様なログの情報だ。日本IBMの「QRadar」ソリューションは、リアルタイムなログの相関分析による脅威の可視化や脆弱性管理、疑わしいアクティビティをたどってデータを復元し、証拠証跡として用いることを可能とするフォレンジックといった広範なセキュリティ対策におけるプラットフォームとして注目を集めている。(2014/8/20)

エイサー、デスクトップPC「Aspire T/X」に“データ復旧安心サービス”付属の3モデル
日本エイサーは、ミニタワー型/スリム型デスクトップPC「Aspire T」「同 X」の新モデル3製品を発表。いずれもデータ復旧サービスを無償で利用できる。(2014/7/2)

日本エイサー、3万円台からのエントリーノート「Aspire E」――“業界初”のデータ復旧サービス付きモデルも
日本エイサーは、2014年夏モデルとなる15.6型ノートPC「Aspire E」シリーズ、および11.6型ノートPC「Aspire E 11」の計4製品を発表した。(2014/6/25)

福田昭のストレージ通信(8):
「SSDが壊れた」後(後編)
前編では、SSDはいずれ壊れるという話をした。後編では、壊れた(データを読み出せなくなった)場合の対処法について説明する。データ復旧サービス企業の1つは、SSDの不具合を4段階に分け、それぞれ異なる手法を適用している。(2014/6/20)

アイティフォー、SDカードやUSBメモリなどのデータ復旧を最大75%引きで提供するキャンペーンを開始――9月30日まで
アイティフォーは、同社提供のシリコンメディア対応データ復旧サービスを割引き提供するキャンペーンを開始した。(2014/6/4)

ウエスタンデジタル、「データ復旧サービス」付きHDDをAmazon限定で販売
ウエスタンデジタルジャパンは、Amazon.co.jpにて同社製HDDに「データ復旧サービス」無償利用権を付属して販売する。(2014/4/25)

アーク情報システム、Officeファイルのリカバリにも対応したデータ復元ソフト「HD革命/FileRecovery Ver.2」
アーク情報システムは、削除してしまったデータなどを復元できるリカバリソフト「HD革命/FileRecovery」の最新版を発表。復元可能なファイル形式としてOfficeファイルなどが追加されている。(2014/2/14)

RAIDデータ消失の92%は「突然」やってくる:
PR:メーカー別にみるRAID NAS障害対策 〜IO DATA機器編〜
RAID NASメーカーごとに見られる故障の傾向やその対策をデータ復旧のプロに聞く。第2回はIO DATA機器の製品を取り上げる。(2013/12/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。