ニュース
» 2009年10月20日 17時44分 公開

富士通、ITILに基づいたアプリケーション構成管理ツールを発表

富士通は企業内データセンターにおけるアプリケーション変更作業を自動化する「Systemwalker IT Change Manager」を発表した。

[ITmedia]

 富士通は10月20日、ITILで定義された「サービス移行」分野に対応する「Systemwalker IT Change Manager」を発表し、同日より販売開始する。同製品は、大規模のサーバやアプリケーションを運用する企業内データセンター向けに、それらの構成情報を自動収集し、実行環境に応じたアプリケーションを適用するもの。アプリケーション実行環境ごとに、手動で環境設定していた手順を自動化することで、作業負荷を軽減する。またアプリケーションの変更に伴う申請と承認や、作業結果などが運用ルールに従って本番環境で動作しているかどうかの把握も自動化される。

 収集された実行環境とアプリケーション構成の情報は、構成管理データベース(Configuration Management Database:CMDB)で管理される。構成を変更する際は、CMDBからアプリケーションを実行しているサーバを抽出し、適用する。これにより、「大量のサーバに異なる実行環境が混在している」といった環境でも、作業漏れを防ぐ。なお、当初対応する実行環境は「Interstage」と「.NET」だが、順次「WebSphere」や「Oracle WebLogic」などへも対応を進める。

 価格はプロセッサライセンス(マネジャー用)が150万円から、プロセッサライセンス(エージェント用)が10万円から(どちらも税別)。出荷は10月下旬を予定している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 富士通 | ITIL


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -