ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CMDB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Configuration Management Database:構成管理データベース

高い安全性とセキュリティがメリットだが……
ベンダーが言うほど「ブロックチェーンでネットワーク管理」が盛り上がらない理由
ブロックチェーンは、ネットワーク管理の手段として役立つ可能性がある。だからといって、ブロックチェーンに対するユーザーのニーズが高まるとは限らない。(2019/5/23)

「どのサーバが、どう動いているか分からない」に終止符:
PR:低コストで、既存資産を生かしながら「安定運用のリスク」を回避する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドが進展し、企業のシステム運用にはニーズの変化に追従できる一層のスピードと柔軟性が求められている。だが、「今現在のシステム構成情報すら把握できていないのに、変化に安全・確実に追従することなどできない」という企業が多いのが現実だ。では人手も予算も限定的な中で、一体どうすれば環境変化に安全・確実・迅速に対応できる運用管理を実現できるのか?――その一つの解を、運用自動化ソリューションを提供するNKIAに聞いた。(2019/5/14)

出遅れがちな管理ツールの機能拡張
企業が感じるネットワーク管理の課題トップ5 管理ツールへの不満とは
Enterprise Management Associates(EMA)が実施した調査で、ネットワーク管理者が抱える課題と、それに対処するために必要なネットワーク管理ツールに不足している機能が明らかになった。(2018/11/21)

その場しのぎの解決法はない
最高のセルフサービスITを展開するために必要な3つの準備とは?
ITのセルフサービス化が業務の進め方と合っていれば、デプロイの効率とスピードが早くなり、ビジネスそのものを変革するほどの威力を持つだろう。そのために必要な3つの準備について解説する。(2018/3/30)

Chrome Enterpriseが管理オプションを追加
着実に進む「Chromebook」の仕事マシン化に気付いているか?
「Google Chrome Enterprise」によって、企業はChromebook上でのGoogle Play Storeアプリやその拡張機能の管理、Microsoft Active Directory連携などが可能になる。(2017/9/6)

サーバレスにもつながる:
StackStorm共同創業者に聞いた、イベントドリブン自動化ツールがDevOpsにもたらすインパクト
構成自動化ツールの分野では、さまざまなオープンソースツールがひしめき合っている。この中で、独特な世界を切り開いているのがStackStormだ。Chief StormerのDmitri Zimine氏に、このツールの魅力について詳しく聞いた。(2017/4/25)

女子ヘルプデスク今昔物語 第8話:
電話に出られない新人、それってスマホのせい?
ヘルプデスクの実績を見込まれて(?)、電話応対研修を担当することになったわたし。1人1台電話を持っているこの世の中、「電話できない」という人はいないはず。そう思っていたのだけど……。(2016/8/5)

女子ヘルプデスク今昔物語 第2話:
今年の新人は「Windows 95」とほぼ同い年?
突然、新人研修で登壇することになってしまったわたし。どこから準備を始めよう……と悩んでいたら、何とも悲しい(?)事実に気付いてしまったのだった。(2016/6/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
オールデジタル時代のアプリケーションエコシステム
デジタル・ディスラプションによって、IT部門は新しい運用モデルの採用を強いられる。CIOはそれがもたらす課題と向き合わなければならない。(2016/2/17)

“システムのパフォーマンスは、ビジネスのパフォーマンス”:
PR:デジタルビジネス時代、あらためて疑う運用管理の在り方
ほとんどのビジネスをITが支えている今、システム運用管理の在り方が企業の収益やブランドに大きな影響を与えるようになった。だが仮想化、クラウド、またマルチデバイスの浸透などを受けて、システムは年々複雑化している。では人的リソースも限られている中、仮想化、クラウドのメリットを引き出し、ビジネス要請に迅速に応えていくためには何が必要なのか? 運用管理製品を包括的にラインアップしている日本HPに、新時代の運用管理の在り方を聞いた。(2015/1/13)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

マルチクラウド管理製品の新版などを発表:
レッドハット、IT運用管理製品が「生き返る」理由
レッドハットは10月8日、クラウド管理製品「CloudForms」の最新版「CloudForma 3.1」と、システム運用管理製品「Satellite」の最新版「Satellite 6」を国内発表した。しかし、人々はIT運用管理という行為への興味を、次第に失おうとしているのではないか。米レッドハット クラウド管理事業部門長のジョー・フィッツジェラルド氏に聞いた。(2014/10/9)

運用自動化ツールまとめ(外資ベンダー編):
運用自動化ツールは経営の武器へ
運用自動化というと「コスト削減」「効率化」といったイメージが強いが、攻めの経営を支える武器となるものでもある。後編では外資ベンダー3社の運用自動化ツールを紹介する。(2014/1/9)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(1):
クラウド時代の運用管理を強力に支援するSystem Center 2012 R2
System Center 2012 R2は、Windows Server 2012 R2への対応とプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携したハイブリッドクラウドへの対応強化が行われた最新の運用管理スイート製品である。企業においてはプライベートクラウドだけではなく、パブリッククラウドの利用も考慮する必要があり、両者のシームレスな連携は欠かせない。System Center 2012は、そうしたハイブリッドクラウド環境を効率よく運用管理するため、大幅にブラッシュアップされている。(2013/12/6)

運用自動化ツールまとめ(国内ベンダ編):
工数削減だけじゃない、自動化ツールの真のメリット
運用自動化というと「人員削減」「コストが掛かる」といったネガティブな見方をする向きも多い。だが仮想化、クラウド時代において運用自動化とはそれほど単純なものではない。国内ベンダ4社のツールに真の意義を探る。(2013/11/8)

Windows Server 2012 R2登場(1):
企業のIT基盤を変革する“クラウドOS”とは何か
2013年10月18日(日本時間17日)、Windowsの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」と統合管理ツール「System Center 2012 R2」が正式リリースとなった。前回のバージョンアップからまだ1年。この早いリリースサイクルは、ユーザーや管理者、開発者を少なからず動揺させているに違いない。本連載では、Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の導入で、企業のIT環境やエンドユーザーの現場はどう変化するのか、新バージョンに実装された新機能を中心に探ってみる。(2013/11/1)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第4回】
低コストかつ少ない工数で構築、ITIL準拠のサービスデスク構築術
ITIL準拠のITサービスマネジメントを導入する機運は高まったが、中堅・中小企業にとっては導入へのハードルが高く、大手企業でも導入したものの運用が回らず効果が上がっていないケースも少なくない。その解決策を探る。(2013/10/31)

インシデントが減らない本当の原因とは?
ITIL準拠のサービスデスクを低コストで定着させる2つのポイント
システムの複雑化に伴い、インシデントの量や種類も増える傾向にある。そこでサービスデスク業務を効率化しようとITILや支援ツールを導入するが、なかなか効果が得られない例が多い。その原因と確実な解決策とは?(2013/9/17)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第3回】
サービスデスク効率化の秘訣は、ITILをいったん忘れること
ITサービスマネジメントのベストプラクティス集であるITILや、その国際認証規格であるISO 20000を意識しすぎるがゆえに、サービスデスクの工数がいたずらに増えてしまっている例が多い。その回避策とは何か?(2013/8/20)

ホワイトペーパーレビュー
ITILとサービスデスク改善の要点が分かる3つのホワイトペーパー
ほとんどの業務をITが支えている今、ITサービスの安定的な提供・運用を担うサービスデスク業務の在り方が収益向上の鍵を握っている。サービスデスク業務の改善ポイントが分かる3つのホワイトペーパーを紹介する。(2013/8/9)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第2回】
ITIL導入、最大の失敗理由とサービスデスク改善の秘訣
ITIL支援製品を導入しても成果が得られない理由とは何か? サービスデスク業務の勘所を開発コンセプトに盛り込んだ「Senju Service Manager 2013」に、ユーザー満足度を効率的に高めるためのポイントを探る。(2013/7/12)

仮想マシンと物理サーバの出荷台数が2012年に逆転 IDC
仮想マシンの出荷台数が物理サーバベースを初めて上回ったとIDC Japanが発表した。(2013/4/11)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

ホワイトペーパーレビュー
運用管理の効率・品質向上のポイントが分かる3つのホワイトペーパー
状況に応じて効率よくIT資産を活用する上で、運用自動化ツールが注目を集めている。そのメリットを最大化するための導入・活用のポイントを、3つのホワイトペーパーに探る。(2012/12/26)

運用自動化製品紹介【第2回】
構成情報に基づいて自動運用を最適化する「Systemwalker Runbook Automation」
本連載では、ニーズが高まっている運用自動化機能にフォーカスし、国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は富士通の運用自動化製品「Systemwalker Runbook Automation」を紹介する。(2012/12/13)

一から知るSystem Center 2012と仮想化管理 Virtual Machine Manager:
第1回 System Center 2012の概要
仮想化や展開、稼働監視、データ保護、マルウェア対策など幅広く管理するマイクロソフト製ツールSystem Center 2012の概要を解説する。(2012/9/20)

CA、サービスデスク管理製品の最新版発売、モバイル対応を強化
CA Technologiesは、サービスデスク管理製品の最新版「CA Service Desk Manager 12.7」を発売する。(2012/9/18)

ガートナーと考える「明日のITイノベーターへ」(8):
ITリーダーは、“IT部門本来の使命”を実現せよ
「IT部門は企業の収益向上に、より直接的に貢献すべき」といったビジネスサイドからの要求と、日々の運用管理業務の板ばさみになりがちなIT部門。“新たな企業ITの在り方”を実現するに当たり、今後IT部門はどのように脱皮していくべきなのだろうか?(2012/5/24)

レポート ハイブリッド環境運用セミナー:
ハイブリッド時代の「業務を止めない」運用管理
@IT情報マネジメント編集部では2012年2月24日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで「第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス 〜システムは異常なし、ビジネスには異常ありでは意味がない〜 ハイブリッド時代の『業務を止めない運用管理』」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/3/27)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第4回】
プロセス管理と自動化に優位性 IBM Tivoliの仮想化・クラウド対応機能
Tivoliの仮想化対応機能の中でも特徴的である、プロセス管理とプロビジョニングの自動化を中心にTivoliの製品群を見ていく。日本IBM自身のプライベートクラウドへの取り組みも紹介する。(2012/2/28)

プライベートクラウド構築で役立つサードパーティー製品【前編】
プライベートクラウドのエンドユーザー活用とセキュリティ対策
プライベートクラウドの構築で欠かせないセルフサービスポータルと、クラウド専用のセキュリティ対策製品を紹介する。(2012/1/30)

情報システム用語事典:
スモークテスト(すもーくてすと)
smoke testing(2011/11/7)

情報マネジメント用語辞典:
成果物(せいかぶつ)
deliverables / 要素成果物 / 作業成果物(2011/11/7)

情報システム用語事典:
回帰テスト(かいきてすと)
regression testing / 退行テスト / リグレッションテスト(2011/11/7)

情報システム用語事典:
BTS (びーてぃーえす)
bug tracking system / バグトラッキングシステム / バグ追跡システム(2011/11/7)

ホワイトペーパー:
変更管理と構成管理の統合
ITサービスマネジメントのベスト・プラクティスの概要を示すとともに、変更・構成管理製品用に IBM が開発したベスト・プラクティス・プロセスの詳細を示します(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/10/19)

情報システム用語事典:
ALM(えいえるえむ)
application lifecycle management / アプリケーションライフサイクル管理(2011/9/9)

部門別:Microsoftライセンス攻略(後編)
不要なMicrosoftライセンスの節約効果は数百万ドル!?
コンプライアンスの面からもライセンスの知識は不可欠だが、ライセンスを適切に管理することで無駄を省き、費用を大幅に節約することも可能になる。(2011/9/1)

アナリストに聞く:
属人化した運用管理に別れを告げるには――自動化への道
仮想化の普及やマルチプラットフォームの増加などに伴い複雑化するIT運用管理。課題と対策をアイ・ティー・アールのシニア・アナリスト金谷敏尊氏に聞いた。(2011/7/8)

ホワイトペーパー:
【導入事例】システム運用のプロ中のプロである日立電子サービスが活用するサービスデスクツールとは
顧客満足度No.1企業には卓越したノウハウとツールを使いこなす人財がいる。日経コンピュータ誌における顧客満足度調査(システム運用関連サービス部門)で顧客満足度No.1を獲得する日立電子サービスが、いかに高付加価値なアウトソーシングサービスを提供しているかをご紹介(提供:マクニカネットワークス)。(2011/6/30)

必要な構成情報を見極めよう:
PR:サービスマネジメントに学ぶ――失敗しない構成・変更管理への取り組み方
システム管理に欠かせない業務でありながら、多くの企業で取り組みが遅れているのが「構成管理」「変更管理」である。その理由は、構成管理・変更管理に対する誤った認識が原因だ。今回は、クラウド環境によってますます重要度が増している構成管理・変更管理について考えてみよう。(2011/4/11)

企業デスクトップをWindows 7に移行するための5つのポイント(後編)
仮想化技術の活用がWindows 7移行の鍵
企業環境において、全てをWindows 7に対応させるのはコストが掛かり過ぎる。適切な検討による優先順位付けと、「Windows 7に対応させずに済ます」方法が必要だ。ここでは仮想化技術が役に立つ。(2011/3/14)

JP1 V9.1 Review:
JP1は物理と仮想の統合運用環境をもたらすか?
仮想化への急速なシフトはメリットとともに運用管理上の課題も生み出す。どのようにリソースプールを運用するのか? 構成変更時の物理と仮想のマッピングをいかに効率化すべきか?――これらを解決するのが、統合運用管理ツールに求められる役割だ。(2010/8/6)

仮想環境における運用管理の課題を解決:
PR:運用者視点で構成可視化やITリソースのライフサイクル管理を図る――日立「JP1 V9.1」
2010年6月、日立の統合システム運用管理「JP1」の最新版「JP1 V9.1」が発売された。バージョンアップでは、情報システムへの投資コスト削減効果が期待できる仮想環境を強力に支援する新機能が目玉になっている。(2010/8/2)

勉強会リポート:ライフサイクル管理でコスト削減(2):
IT資産管理のいまと未来
2010年5月28日に東京・大手町で開催された@IT情報マネジメント勉強会「ライフサイクル管理で実現する資産管理のコスト削減──なぜSAMは失敗するのか?」の模様をお伝えする。勉強会ではIT資産管理について、基調講演やパネルディスカッションが行われた。今回は各種セッションとパネルディスカッションの様子をお届けする。(2010/7/27)

特集:仮想化構築・運用のポイントを探る(1):
あなたの会社の仮想化が進まない理由
ハードウェアを集約してコスト削減を狙う“サーバ仮想化”はもはや当たり前の取り組みとなった。だが、“サーバ仮想化”以上の展開を見せる企業は現時点では極めて少ない。複雑なシステム環境になり、運用管理が難しくなったことも一因といえるが、何かそれ以上に“先に進めない理由”があるのではないか? 仮想化をコア技術とするクラウドコンピューティングも実現段階に入ってきたいま、本特集ではアナリストやユーザー企業などへの取材を通じて、仮想化技術活用のポイントを考えていく。(2010/7/5)

日立、JP1 V9.1発表――プライベートクラウド対応、組織の“風通し”を改善する新製品も
日立はJP1 V9.1を6月29日に販売開始する。異なる仮想化機構が混在する環境の一元管理に加え、利用部門への運用業務移譲にも踏み込んだ、特徴的なバージョンアップとなっている。(2010/6/28)

コスト削減時代の資産管理(2):
ソフトウェア資産管理は“組織横断”が成功の秘けつ
コンプライアンスやIT資産の全体最適化といった観点から、近年、アプリケーション資産管理が注目を集めている。その実践のための方法論も整備されているが、何より大切なのはアプリケーションが全社的に使われているものである以上、“ツールだけ”“IT部門だけ”で何とかできるなどとは考えないことだ。(2010/5/18)

特集:仮想環境はここまで管理できる(6):
“自律的なインフラ最適化”で仮想化はもっと生かせる──NEC
NECは管理対象をインフラ層とサービス層に分け、それぞれを制御・最適化する2つの製品をラインナップ。これらが密接に連携することで、業務の状況に応じて、必要なとき、必要なだけ、無駄なくリソースを提供するクラウドコンピューティング実現の基盤機能を提供している(2010/5/13)

コスト削減時代の資産管理(1):
管理コスト削減のキモとなる構成管理DBを学ぶ
いまやコスト削減はあらゆるジャンルで求められている。IT資産管理の分野も例外ではない。では、どのようにすればIT資産管理において、無駄を省き、効率の良い管理が実現できるのか。本連載では、IT資産管理におけるキモを紹介する。(2010/4/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。