ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Interstage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Interstage」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

国内事業の状況を説明:
レッドハットはOpenStackのマネージドプライベートクラウドを推進、Red Hat on Azureではマイクロソフトと共同パートナープログラム
レッドハット日本法人は、次年度の重点活動について、OpenStackのマネージドプライベートクラウドの推進、Red Hat on Azureにおけるマイクロソフトと共同パートナープログラム展開などを説明した。(2016/12/28)

IT導入完全ガイド:
これが最前線の現場! ウェアラブルデバイス活用例3選!
業務用ウェアラブルデバイスとそのソリューションを提供する3社に話を聞き、実際の運用の様子を詳細に紹介する。(2016/6/20)

製造ITニュース:
デジタル革新に挑む富士通、新たなIoT基盤や人工知能も
富士通はクラウド、モバイル、ビッグデータ、IoTなど、先端技術を実装した新デジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」を発表。新技術を投入したIoT基盤など、複数の新サービスを公開した。(2015/9/30)

編集部で徹底調査:
PR:APサーバー再起動やログファイル追跡が不要に? Java開発者の待ち時間をなくしてデバッグに必要な情報をすぐ取り出せる2つのツールの即効性
Java開発現場に即効性があるツールが登場した。「JRebel」はアプリケーションサーバーの再起動を待つ時間をなくしてくれる。「XRebel」はJavaアプリケーションのログファイルを解読しなくても、デバッグに必要な情報をすぐに取り出せる。この両ツールの使い勝手を見ていこう。(2015/7/24)

複雑化・多様化する顧客のニーズに合わせ、適材適所にインテグレーション:
PR:ハイブリッドのメリットを最大限に引き出し、クラウドの“最適解”を提供する
「FUJITSU Cloud Initiative」で顧客に最適なクラウドを提供する富士通。マイクロソフトの「Cloud OS Network(COSN)プログラム」にも他社に先駆けて参加し、より密接な協業体制を築いている。富士通の門間仁氏に、COSNプログラム参加の背景や今後のクラウド戦略などを聞いた。(2015/2/23)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)
バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。(2014/10/7)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月3日夜現在)
アイ・オー・データ機器やバッファローのNAS製品などについて追記した。(2014/10/3)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月2日夕方現在のまとめ
NECやトレンドマイクロ、ソリトンシステムなどの製品の脆弱性対応などについて追記した。(2014/10/2)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月1日夕方現在のまとめ
富士通やヤマハ、ミラクルリナックスなどが脆弱性の影響を受ける製品などについて情報を公開している(追記あり)。(2014/10/1)

製造ITニュース:
富士通、“予防保守型”アフターサービス業務支援システムを発売
M2M、スマートデバイスなどのICTを活用し、センシングによる稼働監視やビッグデータの統計分析による故障予測、現地保守支援などの製造業のアフターサービスを高度化する。(2014/4/4)

富士通、システム統合不要のグローバル経営管理ソリューションを発表
富士通が、日本企業のヘッドクォーター向けに迅速な意思決定を支援する「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA SUMMIT グローバル経営管理ソリューション」を発売した。(2013/12/25)

オンプレとクラウドの統合運用管理へ、富士通が新版ソフトを発売
オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウド環境を組み合わせて構築されるハイブリッド環境をワンストップで管理するための統合運用管理基盤を発表した。(2013/11/25)

情報インフラ系ニュースまとめ:
富士通とNECが処理速度重視の情報系インフラ、日立は専門家不要のデータ分析サービスを展開
直近の情報系ITインフラに関わるニュースをまとめて紹介。10月冒頭は、データ転送・処理速度を重視したLTEツール、機械学習演算を高速化する技術、データ分析専門家集団との協業が相次いで発表となった。(2013/10/11)

データ収集&統合ソフトの最新版を発表 富士通
富士通は、データ収集・統合ソフトウェアの新エディション「FUJITSU Software Interstage Information Integrator Enterprise Edition V11」を販売開始した。(2013/10/7)

リアルタイム処理を支援:
富士通、大量データをリアルタイムに活用できる2製品の提供を開始
センサー情報の解析やWebサイトのパフォーマンス向上、全国店舗における商品購入の行動分析/商品レコメンドなど、大量データのリアルタイム処理が必要な現場を支援する。(2013/6/19)

PFU、スマートデバイスでの帳票利用を可能にする「BIP Smart」を発売
帳票ソフト「BIP」の新製品として、帳票をモバイルデバイスなどで利用できるようにする「BIP Smart」を発表した。(2013/5/29)

導入事例:
山崎製パン、統合基幹システムをSOA基盤上に刷新
分散稼働していた基幹システムをSOAによる基盤上で刷新。各工場の業務に応じて設計されていたシステムを整理し、全データの一元管理・利用を可能にした。(2013/5/7)

ビッグデータ活用に向け業務データを一元管理・利用:
山崎製パン、基幹システムをSOA基盤上に刷新
山崎製パンは、同社基幹システム「ヤマザキ基幹システム」をSOA基盤上に刷新、稼働を開始した。生産や配送業務の効率化、現場の進捗状況など経営判断に必要な情報の見える化、商品管理などの運用負荷軽減やコスト削減を見込んでいる。(2013/5/7)

富士通、業務でのモバイル活用を支えるソフトウェア群を一挙発売
モバイル活用型システムの開発・実行基盤やセキュリティ管理、データ収集、ビッグデータ分析・予測などの製品を提供する。(2013/4/24)

富士通がメインフレームを機能強化、「最新のICT環境」と連携
リモートアクセスソフトウェアで機能を強化し、ユーザー企業がメインフレーム上の資産をスマートデバイスなどからシームレスに活用できるようにする。(2013/4/19)

データクレンジング製品紹介:富士通編
高速/高精度の住所クレンジングがウリの「Interstage Information Quality」
顧客マスターにおける住所のクレンジング処理に強みを持つデータクレンジング/名寄せ製品が、富士通の「Interstage Information Quality」だ。その特徴を紹介する。(2013/2/28)

社内データのクレンジングに:
BtoB企業向けの名寄せソリューションを提供開始、ランドスケイプ
ランドスケイプ1月28日、BtoB企業向けの名寄せソリューション「CircuData BtoB」を提供開始すると発表した。(2013/1/28)

データクレンジング製品紹介
どんなに高価な分析ツールを導入したとしても、データに間違いや表記揺れがあるままでは、意味のある分析結果を得ることはできない。データをきれいにし、使えるデータにするために役立つ「データクレンジング製品」を紹介する。(2012/12/27)

Hadoopと連携したCOBOL開発・運用ソフトウェアを発表 富士通
富士通はCOBOL開発および運用ソフトウェアの新製品「NetCOBOL V10.5」を販売開始した。(2012/12/5)

富士通、13言語対応の帳票設計・生成ソフトを発売
富士通が帳票設計・生成ソフトの最新版「Interstage List Creator V10」を発売。世界13言語に対応する。(2012/10/9)

ビッグデータ分析をより速く、活用方法も提案――富士通研が新技術を発表
富士通研究所がビッグデータの利活用を進めるための新技術を相次いで発表した。(2012/8/21)

富士通、「Interstage Application Server」の最新版を発売
新たにjQuery Mobile 1.1.1やJava SE 7を利用したアプリケーション開発に対応する。(2012/8/20)

モバイル対応の社内ポータル作成ツール、富士通が発売
スマートフォンやタブレット端末から複数の業務システムにシングルサインオンでアクセスするためのポータルサイトを構築できる。(2012/7/26)

企業のビッグデータ活用支援をオンプレミス型でも 富士通
富士通はビッグデータ関連サービスを体系化して、企業への導入を推進する。(2012/4/23)

HDFSと独自の分散ファイルシステムを搭載、富士通がビッグデータ向けソフトを提供
Hadoopの単一障害点の課題に対処するため、独自の分散ファイルシステムを搭載することで信頼性や処理性能の向上を図ったという。(2012/2/27)

富士通がビジネスプロセス管理の新製品、M&Aやグループ経営を支援
クラウドやオンプレミスを問わず、複数の業務システムを統合できるという。(2012/2/2)

富士通、Java EE 6に対応したアプリケーションサーバを発売
富士通は、Java EE 6やスマートフォンアプリ開発フレームワークをサポートしたアプリケーションサーバを発売した。(2011/12/20)

富士通がBPMソフトの最新版発売、業務フローの自動図化が可能に
システムのログから業務フロー図を自動的に作成する「ビジネスプロセスディスカバリー」を搭載する。(2011/12/15)

激動の経営環境を支えるアプリケーションサーバの切り札:
PR:ICT資産の効率活用と“止まらないシステム”の短期構築を実現するInterstage
目まぐるしい経営環境の変化に加えて、仮想化、クラウドといった新たな技術への対応に伴い、多くの企業では「ICT資産の最適化」や「システムの短期構築」が急務となっている。これらの課題を解決するのが富士通のアプリケーションサーバ「Interstage」だ。(2011/12/6)

変化を続ける企業システムへの潤滑油:
PR:Java活用にまつわる諸問題を解決し、アプリケーションの長期利用を可能にするミドルウェアとは?
従来からのCOBOLやCに代わり、企業システムの多くにはJavaが開発言語に用いられているのが現状だ。だが、Javaアプリケーションを運用する上では、サーバ更改のたびにアプリケーションの改修が発生したり、運用の安定性確保に苦労したりするなど課題も多い。これらの問題を抜本的に解決し、「アプリケーションの長期利用」と「システムの安定運用」を実現する切り札が、富士通のアプリケーションサーバ「Interstage(インターステージ)」だ。(2011/11/16)

富士通、XBRL最新仕様に対応した財務管理ソフトを発売
「Interstage XWand V12」は、財務情報を作成・流通・利用するための標準言語「XBRL」の最新仕様に対応している。(2011/10/27)

富士通がソフトウェア事業を説明――海外勢に挑む
富士通がソフトウェア事業戦略を説明した。海外のIT大手がソフトウェア分野に注力する状況で、国内勢としての同社の取り組みを示した。(2011/9/16)

富士通、アプリケーションサーバソフトの最新版を発売
「Interstage Application Server V10」ではハードウェアやソフトウェアの状況を自ら判断して最適化を図る「スマート・テクノロジー」を採用した。(2011/8/18)

富士通、Azure対応ミドルウェアをマーケットプレイスで販売
富士通はWindows Azureに対応した基幹システム向けミドルウェアをWindows Azure Marketplaceで販売する。世界初の取り組みだという。(2011/7/29)

「ピザハット」のWeb注文システムを更新 マーケティング機能を強化
日本ケンタッキー・フライド・チキンが「ピザハット」のWeb注文システムを更新し、顧客サービスを大幅に向上させた。(2011/7/22)

“成熟した”ソフトウェアへの企業の投資は消極的、IDC Japan調べ
コンテンツ管理ソフトウェアやエンタープライズサービスバス、ビジネスプロセス管理ソフトなどの分野でも投資予算の確保が難しく、プロジェクト化に至る企業が少ないという。(2011/7/20)

業務アプリの常識をJavaオープンソースで身につける(2):
JasperReportsとiReportで帳票の常識を理解しよう
Java言語を使って構築されることが多い、オープンソースの業務用ソフトウェア/アプリケーションを紹介しながら、企業で行われる業務処理の常識を身に付けていく連載(2010/12/1)

Weekly Memo:
IBMとHPを追撃、富士通のグローバルパートナー戦略
富士通がグローバルでのクラウドサービス事業拡大に向け、パートナー戦略を積極的に推し進めている。果たしてIBMやHPを追撃することができるか。(2010/9/21)

第1弾は、業務プロセス管理、アプリ性能管理製品のOEM契約:
富士通とCA Technologiesがソフトウェア分野で戦略的協業
(2010/9/16)

富士通がCAと協業締結、クラウド事業の世界展開に布石
協業の第1弾は運用管理関連製品を相互にOEM供給すること。今回の協業によって両社は製品ラインアップの相互補完と市場拡大の足がかりを得ることになる。(2010/9/16)

電子帳票システム導入の注目ポイント
不況に強い? 中堅・中小企業で加速する電子帳票導入
長引く景気低迷によりIT投資が低迷を続ける現在、なぜか中堅・中小企業で電子帳票システムの導入が活発になっている。不況だからこそ注目される電子帳票のメリットとは何だろうか?(2010/5/19)

プライベートクラウドを実現する、5つの運用管理製品を発表:
富士通、「クラウド製品の決め手は機能と“SI力”」
(2010/4/14)

自社データセンターでも運用:
富士通、クラウドを支えるソフトウェア製品群を発表
富士通はクラウド環境のプラットフォームとなるソフトウェア製品群を発表。IBMに続いて2社目、そして国内ベンダーとしては最大のラインアップだと認識しているという。(2010/4/14)

ネットから文書郵送「Webゆうびん」 富士通がシステム構築
ブラウザ上のフォームから入力した文書などを普通郵便・速達として送れる「Webゆうびん」のシステムは富士通が構築した。(2010/3/23)

ビジネスプロセス管理ソフトウェアの最新版を発表:
富士通、非定型業務も含めてBPM実践を支援
(2009/11/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。