ニュース
» 2009年10月22日 10時39分 公開

HP、絶版書籍のオンデマンド印刷サービス「HP BookPrep」を発表

HPが出版社やコンテンツ保有者向けに、絶版書籍をオンデマンド印刷・販売できるクラウドベースのWebサービス「HP BookPrep」を発表した。また雑誌出版サービス「MagCloud」にWikiaが参加したことも発表した。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packardは10月21日、クラウドベースのオンデマンド印刷サービス「HP BookPrep」を発表した。

 HP BookPrepは、出版社やコンテンツ保有者が絶版書籍のスキャンデータをHPのクラウドサービス経由でオンデマンド印刷し、販売できるようにするサービス。現在、米ミシガン大学が保有する約50万冊の絶版書籍データが同Webサービスに用意されている。HP Labsの技術によってスキャンデータの汚れなどを自動的に取り除き、文章と図の配置や色を調整してカバーを付けた書籍を提供する。

bookprep 現在の書籍数は47万2509冊になっている
bookprep オリジナルスキャンデータ(上)と加工後のデータ(下)

 ユーザーは同サービス内の書籍データをすべて無料で読むことができ、書籍データを印刷・製本したものを購入することもできる。例えば276ページの書籍が14.95ドル(送料別)となっている。

 またHPは同日、2008年11月にスタートした同社のクラウドベースの雑誌出版サービス「MagCloud」に、米Wikiaが参加したことを発表した。MagCloudはユーザーが出版したいコンテンツをPDF形式で同サービスのサーバにアップロードすることで、印刷から販売、決済などの一連のプロセスをMagCloud側で提供するというサービス。Wikiaとの提携により、Wikiaユーザーや出版社がWikia内のコンテンツをピックアップ・編集してオリジナルの雑誌を出版できるようになる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -