ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「絶版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「絶版」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

きたぁぁ! 「70/80スープラ」の純正パーツ復刻再生産、対象パーツを拡充
「これからも走り続けることを願って……」。バンパーも復刻!(2021/6/29)

千原ジュニア、美しすぎる愛車「CB750FOUR」を紹介 自分の生まれ年の旧車にまたがりバイク愛を語る
こだわりの旧車「今やお値段○○○万円」、わお!!(2021/6/24)

まさかのスシローと夢コラボぉぉ 回転すし運ぶプラレール「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」爆誕
列車はすし特急「おまち」。へいおまち。(2021/5/27)

100種類の紙を集めた「紙の見本帳ノート」発売 「レザック66」「ハイピカ」など異なる質感の紙が集結
QRコードから好きな紙を注文できます。(2021/5/2)

“ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
コンディションは「フルオリジナル」のバリ極上。(2021/4/9)

司書みさきの同人誌レビューノート:
4センチに込められた美と熱意 同人誌『ミニチュアトウシューズのつくり方』が伝える“好きを形にする楽しさ”
継続は力なり。(2021/4/4)

「シーマ一筋30年」伊藤かずえさんのシーマ、日産がガチレストア 「新車時と同じ状態に戻す」
「やっちゃえ、日産!」でやっちゃいます。(2021/3/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
再燃の「キャンセルカルチャー」に、企業はどう対処すべきか
「キャンセルカルチャー」をご存じだろうか。人権問題などを狙って否定し、ボイコット運動などを起こすことだが、米国でこの問題が再燃している。どういうことかというと……。(2021/3/11)

Amazonが主導する出版業界の変革【前編】
「Kindle」「Audible」以上の衝撃か? Amazonが「POD」で起こす出版革命
Amazon.comは電子書籍サービス「Kindle」の市場投入や「Audible」の買収を経て、書籍の出版や購入、読書の方法を変えた。長期的な目で見ると、さらに大きな影響を及ぼし得るサービスがあるという。それは何なのか。(2021/3/5)

13年ぶり全面改良、スズキの怪物バイク「隼」がフルモデルチェンジ 速すぎるので二輪車初「スピードリミッター」搭載
こりゃ速そぉぉぉ♪(2021/2/8)

GACKT、初対面のつるの剛士とコラボ動画でツーリング つるののサインに「この人は悪人です」とイタズラ書きも
GACKTさんのバイク姿は貴重。(2021/1/10)

CloseBox:
ジョブズが本当にAppleのCEOにしたかった「IBM PCの父」に見る、IT業界の分岐点
大原雄介さんの連載「“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る」2回目のサイドストーリー的なものを書いた。(2020/12/16)

“ペリーの人”宮崎吐夢に聞く「Flashの時代」 流行当時は「ちょっと複雑な気持ち」、でも今は――
ペリーFlashの流行を、“本家”宮崎吐夢さんはどう見ていた?(2020/12/14)

ネット激震のパチンコ漫画『連ちゃんパパ』が再び全巻無料公開中 「マンガ図書館Z」で2月末まで
クズすぎてつらい……。(2020/12/4)

渋谷「TSUTAYA」、映画のVHSビデオ6000本そろえる ビデオデッキ貸し出しも
東京・渋谷駅前にあるTSUTAYAの旗艦店「SHIBUYA TSUTAYA」がこのほどリニューアルした。映画マニア向けに、未DVD化作品を含む約6000タイトルのVHSビデオテープをそろえた「渋谷フィルムコレクション」コーナーを新たに設置。ビデオデッキの貸し出しサービス(税別910円、最大7泊)も行っている。(2020/9/23)

「圧がやべぇ」「何があった渋谷ツタヤ」 SHIBUYA TSUTAYAに未DVD化作品含む“ビデオテープ”レンタルコーナー爆誕
ビデオデッキ持っててよかった……!(2020/9/22)

『連ちゃんパパ』のモデル・あだち充の兄の半生描く『あだち勉物語』 実録漫画がサンデーうぇぶりで連載開始!
待望の連載開始。(2020/9/12)

今日のリサーチ:
化粧品業界にも広がる応援消費 50.8%が経験――アイスタイル調べ
新型コロナウイルスの影響により化粧品購入頻度は減少する一方、自分の好きな製品を守るために買い支える動きが見られるようです。(2020/9/8)

痛車でサーキットを爆走 「エビス痛車祭り2020」写真まとめ第3弾 バンドリスカイライン、葉加瀬セリカ、アイカツジェミニなど
往年のスポーツカーから大型SUVも痛車で参戦。(2020/8/15)

ねとらぼ読者が「リピート買いしているもの」32選! 「飲む湿布」や「マジで臭わない袋」など
備えあれば憂いなし。(9月4日更新)(2020/8/4)

マツダ100周年、セリカ50周年、ピーキー過ぎるニーハン6気筒 「往年の名車」のカッコよさにしびれる
ホントに「お前にゃ無理だよ」ってマシンがあった……。(2020/8/2)

「いつまでも見ていられる」「アイデアがすばらしい」 箱根登山鉄道をプラレールで再現した動画がガチですごいと話題に
山を登って下りて、クルッ……。スイッチバックのシーンが見物! 制作者さんに話を聞きました。(2020/7/29)

子どもの通学路での「道くさ」研究本、出版から14年後にバズる Amazonで10万円のプレミア化→重版決定
ツイートがきっかけで出版社や作者も反応。(2020/7/28)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

プレミア化していた「エヴァ旧劇場版」の原画集が電子で復刻! 『Groundwork of EVANGELION The Movie』2冊同時発売
庵野監督やアニメーターさんのこだわりの詰まった原画集(2020/7/7)

「毎週どこかに湯沸し器」「昨年の未登場は4回」 サザエさんに湯沸かし器が登場するかチェックする人がディープすぎる
圧倒的な偏愛がすごい。(2020/6/13)

「30年前だぜ」「やっぱ速かった……」 新旧CBR250RR、速いのはどっち? ガチバトルで検証
みんな見たかった夢の対決です。(2020/5/19)

3Dプリンタニュース:
旧車の絶版部品の再生に3Dスキャナと3Dプリンタを活用
スタークラフトは、クラシックカー(旧車)に対する絶版部品の需要を受け、ハイエンド3Dスキャナおよび3Dプリンタを活用し、自動車用絶版部品の製造、販売を開始することを発表した。(2020/3/24)

貴重な第1話から:
「サザエさん」原作漫画を無料公開 初のデジタル配信、臨時休校の子どもへ
朝日新聞出版は、国民的アニメ『サザエさん』の原作4コマ漫画の無料公開を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの学校が臨時休校になったことを受けた措置。サザエさんのデジタル配信は初めて。(2020/3/17)

ディズニー、動画配信サービスで「スプラッシュ・マウンテン」の原作映画を配信せず 「時代にそぐわない」と会長
挿入歌「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」はディズニーの代表曲として知られています。(2020/3/16)

しゃべる黒猫の古本屋さんと、ワケあり本を探す女子高生 ちょっと不思議であったかい漫画「古本 宵待書房」
ホロリと来る……。(2020/3/12)

ワックワク魔改造ときれいなお姉さんたくさん カスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」開幕
2020年もやってきました! 開催は1月12日まで。(2020/1/10)

旧車の純正廃盤部品を復刻、再生産 トヨタが「GRヘリテージパーツプロジェクト」開始
「旧スープラ乗り」うぉぉぉ! 「ハチロク乗り」俺のも頼むぅぅぅ!(2020/1/9)

実家に帰ったら両親がとんでもない漫画部屋を作ってた―― 「理想の部屋」「秘密基地感すごい」と話題、制作の経緯を聞いた
めっちゃうらやましい……!(2020/1/7)

「ヤベェ本」2万RTで異例の重版、「有職装束大全」が絵師のハートをつかんだ理由
学術専門書籍の「有職装束大全」が好調な売れ行きを見せている。Twitterをきっかけに異例のスピードで重版が決まった本書。著者と出版社に何が起こったのか聞いた。(2019/10/21)

僕の本をお読み 「アンパンマン」シリーズの絵本が初の電子書籍化、入手困難な作品も含む30点
これはうれしい!(2019/10/2)

伴名練『なめらかな世界と、その敵』 最高の読み手による最強のSF短編集
SF愛に満ちた短編集。(2019/9/8)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

投票用紙みたいにヌルっとした書き味のノート どうして作ったのか製造者に聞いてみた
投票用紙の書き味、気持ちいいよね。(2019/7/25)

マンガ図書館Z、コンテンツを他の電子書店でも配信 約1900作品が対象
作品とユーザーの接点が増えることで、作家へ還元される収益も増加すると見込んでいます。(2019/7/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラModel 3をどう評価すべきか?
テスラは既存の自動車産業をおとしめ、フェアでない批判を繰り返してきた。ただしコロンブスの卵的発想でプレミアムEV市場を作り出し、EVのイメージを変えた功績は認めざるを得ない。そのテスラの正念場がModel 3だ。プレミアムEVメーカーから脱却し、量産EVメーカーになれるかどうかはModel 3の成否にかかっている。(2019/6/3)

マシーナリーともコラム:
ついに来たな! 「シンデレラガール総選挙」で勝つために、今こそ人類は『野望の王国』を読もう
※そのままマネすると犯罪に問われる可能性があります。(2019/4/19)

「会ったことはないけれど、魔夜峰央先生は私の“恩師”」――千葉の女がMOVIXさいたまで「翔んで埼玉」を見た話
大事なことはだいたいみんな、魔夜作品から教わった。(2019/3/1)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
スマート化でネガティブ吹っ飛ぶオートバイ、水面下で人気上昇中
四輪、二輪、船を操るモビリティー全般に詳しいライター&ブロガー、野間恒毅氏の新連載。(2019/2/26)

アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた
そして2巻も発売。(2019/2/1)

架空絵本ネタ「どーなっつ文庫」、名物読者のボブが絵本の世界に吸い込まれる超展開の末に感動のフィナーレ
絵本のタイトルや読者の感想に仕込まれていた仕掛けが、全て折り重なってつむがれる壮大な結末。(2019/1/16)

国会図書館の“死蔵データ”活用へ 漫画家・赤松健さんが考える「マンガ図書館Z」の次の一手
青空文庫などが開催したシンポジウムに漫画家の赤松健さんが登壇。絶版漫画の無料配信サイト「マンガ図書館Z」を応用した新しい仕組みの構想を明らかにした。「出版社も作者ももうかる」という。(2019/1/15)

約800タイトル1万枚が最大7割引き 日本レコード協会が恒例の廃盤CDディスカウントセール
日本レコード協会は、1月10日(木)の午後3時から「廃盤CDディスカウントセール」を開催する。音楽CDを中心に約800タイトル1万枚を用意。(2019/1/10)

著作権保護期間「作者の死後70年」に 青空文庫、元日に「Public Domain Locked」と嘆く
日本の著作権保護期間が作者の死後50年から70年に延長された。青空文庫は元日、「Public Domain Locked」と書かれた黒地に赤のバナーを掲示し、保護期間延長を嘆いている。(2019/1/4)

漫画をYouTube動画に自動変換、セリフも自動翻訳「C-Tube」 「ラブひな」などで実験
「マンガ図書館Z」で配信している漫画を自動でYouTube動画に変換し、YouTubeの字幕機能を使って各国語に翻訳して表示することで、世界の漫画ファンに読んでもらおうという試み「C-Tube」の実験が始まった。(2019/1/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。