ニュース
» 2009年11月16日 13時28分 UPDATE

エンカレッジ、仮想化対応のシステム操作監視ツールを発売

エンカレッジ・テクノロジは、システムの操作内容を記録、監視できるソフトの最新版「ESS REC 4.3」を発売した。

[ITmedia]

 エンカレッジ・テクノロジは11月16日、システム操作の内容を証跡として動画で記録するソフト製品の最新版「ESS REC 4.3」を発売した。仮想化プラットフォームの対応強化とライセンスを導入した。

 同製品は、システム運用に伴う人的なエラーやリスクに対処することを目的に、操作内容を動画データとして記録する。記録データは業務内容の点検や監査に利用できるという。

 最新版では仮想化環境で動作するようになり、また、特権パーティションでの操作内容や変更履歴を記録できるようにした。これにより、仮想化環境での管理者権限の利用や操作ミスなどのリスク軽減に役立てられるという。対応プラットフォームは、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServer/Essentials for XenServer、VMware vSphere/ESXi。

 新ライセンスでは、仮想PC型やブレードPC型など多様な仮想デスクトップ環境に対応した「VDI Edition」を導入。Citrix XenApp/XenDesktop、GraphOn Go-Global、Microsoft Remote Desktop Service、Propalms TSE、VMware Viewに対応する。

 このほか、Microsoft Windows 7Windows Server 2008 R2にも対応。Windows 7ではXPモードにエージェントをインストールすることで、同モードの操作内容を記録できる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

仮想化 | 運用管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -